サンエー・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社サンエー・インターナショナル
Sanei-International CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0061
東京都港区北青山1-2-3
青山ビルヂング
設立 2014年3月3日(※)
業種 繊維製品
事業内容 衣料品の企画、製造、販売等
代表者 代表取締役社長 押木源弥
資本金 1億円(2014年3月現在)
発行済株式総数 2,000株
従業員数 770名(2014年3月現在)
決算期 2月末日
主要株主 TSIホールディングス 100%
外部リンク http://www.sanei.net/
特記事項:※旧法人(株式会社サンエー・インターナショナル資産管理)からの新設分割により設立。創業地の大阪本社は大阪府大阪市中央区本町3-2-9に所在する。
テンプレートを表示
株式会社サンエー・インターナショナル資産管理
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3605
2003年9月24日 - 2011年5月27日
本社所在地 日本の旗 日本
158-0094
東京都世田谷区玉川2-21-1
二子玉川ライズ・オフィス
設立 1949年8月13日
(三永株式会社)
業種 繊維製品
代表者 代表取締役社長 三宅孝彦
資本金 1億円(2014年2月21日現在)
売上高 単体782億円(2013年2月期)
営業利益 単体△1億円(2013年2月期)
純利益 単体12億円(2013年2月期)
純資産 単体173億円(2013年2月現在)
総資産 単体413億円(2013年2月現在)
決算期 2月末日
主要株主 TSIホールディングス 100%
特記事項:2014年3月3日、株式会社サンエー・インターナショナルから商号変更。同年9月1日、株式会社TSIホールディングスと合併し解散。
テンプレートを表示

株式会社サンエー・インターナショナルSanei-International CO.,LTD.)は、日本アパレル企業(女性服専門)であり、東京都港区に本社を置く。現法人は2014年3月3日付で旧社から新設分割により設立されたもので、旧法人にあたる株式会社サンエー・インターナショナル資産管理も含めて記述する。

概要[編集]

創業者の三宅敏彦が、1949年に大阪・船場にて創業したのが始まり。元々は生地の卸売を専業としていたが、1981年に20代の女性向けブランド「Pinky&Dianne」を誕生させたのを契機として、以後レディスアパレルに開眼。その後は「NATURAL BEAUTY」[1]や「VIVA YOU」の他「JILL STUART」等の有名ファッションブランドを抱えるまでに成長する。

これに伴い2007年には大阪本社のほか、東京支社を東京本社に格上げするとともに、2011年6月以降は東京スタイルとの共同株式移転により、経営統合ならびに持株会社を設立。2014年3月に行われた事業再編により、TSIホールディングスグループ内においてディレクター事業を担当する企業となった。主軸のファッションブランドの他、海外ブランドのライセンスを中心に事業を展開している。

沿革[編集]

  • 1949年8月13日 - 大阪市東区(現中央区)本町3丁目において資本金200万円にて三永株式会社を設立
  • 1987年9月 - 商号を株式会社サンエー・インターナショナルに変更
  • 2003年9月24日 - 東京証券取引所市場第2部に上場
  • 2005年8月 東京証券取引所市場第1部指定
  • 2007年11月29日 - 本店を東京都渋谷区渋谷に移転
  • 2011年3月24日 - 本店を東京都世田谷区玉川に移転
  • 2011年5月27日 - 上場廃止。
  • 2011年6月1日 - 東京スタイル株式移転を行い、共同持株会社「株式会社TSIホールディングス」を設立して経営統合[2][3]
  • 2014年3月3日 - 株式会社サンエー・インターナショナル資産管理に商号変更の上で、事業を(新)株式会社サンエー・インターナショナル株式会社サンエー・ビーディー株式会社東京スタイル[4]および株式会社TSIグルーヴアンドスポーツに新設分割方式、株式会社FREE'S INTERNATIONALに吸収分割方式で、それぞれ承継。FREE'S INTERNATIONALをはじめとする主な子会社についてはTSIホールディングスの直接傘下に[5]
  • 2014年9月1日 - サンエー・インターナショナル資産管理をTSIホールディングスが吸収合併し、(新)サンエー・インターナショナルがTSIホールディングスの直接子会社となる[5]
  • 2015年3月1日 - 東京スタイルからレベッカミンコフの事業を承継[6]
  • 2017 2 1 - Sanei inks deal to license Ivanka Trump brand, causes controversy as deal is finalized during her father's official visit. No indication if brand will be launched by Sanei as massive boycotts of her brand in the US have led to major retailers dropping her line, including Nordstrom and Neiman Marcus.

ブランド[編集]

オリジナルブランド[編集]

  • ADORE(アドーア)
  • BODY DRESSING(ボディドレッシング)
  • Charlot Dessert(シャルロデザート)
  • HUMAN WOMAN(ヒューマンウーマン)
  • JILL STUART(ジル スチュアート
  • JILL STUART NEWYORK(ジル スチュアート ニューヨーク)

ライセンスブランド[編集]

過去に展開していたブランド[編集]

  • Barbie(バービー)
  • abx(エービーエックス)
  • charlotte ronson (シャーロットロンソン)
  • KOFI COLLECT(コフィコレクト)
  • cacharel(キャシャレル)
  • TO&CO.(トゥーアンドコー)
  • Lovefool(ラブフール)
  • kate spade NEW YORK(ケイト・スペード ニューヨーク
  • BODY DRESSING Deluxe(ボディドレッシング デラックス)
  • uni;que par vert dense(ユニック パー ヴェールダンス)
  • Vert Dense(ヴェールダンス)
  • Pinky Girls(ピンキーガールズ)[7]
  • MATERIA(マテリア)[8]
  • NOVESPAZIO(ノーベスパジオ)[9]
  • capesmile(ケープスマイル)
  • Biancheri tutu(ビアンチェリ チュチュ)
  • Pura(プーラ)
  • クリーニング
  • FREE'S SHOP(フリーズショップ)

東京スタイルへ承継[編集]

サンエー・ビーディーへ承継[編集]

TSIグルーヴアンドスポーツへ承継[編集]

コラボレーション[編集]

2011年1月19日にはNTTドコモ富士通携帯電話docomo STYLE series F-04Cに Pinky Girls仕様としてコラボレーションしている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 派生ブランドとして、1996年に「NATURAL BEAUTY BASIC」が誕生している。
  2. ^ 株式会社東京スタイルと株式会社サンエー・インターナショナルとの共同持株会社設立に関する契約締結及び株式移転計画書の作成についてのお知らせ”. 東京スタイル、サンエー・インターナショナル (2010年10月14日). 2012年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月23日閲覧。
  3. ^ 株式会社東京スタイルと株式会社サンエー・インターナショナルとの共同持株会社設立(株式移転)による経営統合の承認可決のお知らせ”. 東京スタイル、サンエー・インターナショナル (2011年1月27日). 2014年4月23日閲覧。
  4. ^ (旧)東京スタイルから新設分割により同日付で設立された2代目法人。
  5. ^ a b グループ再編(子会社間の会社分割及び子会社の商号変更と当社による子会社の吸収合併の方針決定)に関するお知らせ”. TSIホールディングス (2013年12月13日). 2014年4月23日閲覧。
  6. ^ グループ再編(子会社間の会社分割及び子会社の解散とブランド廃止)に関するお知らせ”. TSIホールディングス (2014年11月14日). 2015年3月29日閲覧。
  7. ^ ありがとうございました。”. PinkyGirlsのオフィシャルブログ! (2014年2月24日). 2014年4月23日閲覧。
  8. ^ MATERIA オフィシャルサイト メルマガについてのお知らせ”. マテリアオフィシャルブログ (2014年2月24日). 2014年4月23日閲覧。
  9. ^ NOVESPAZIO OFFICIAL SITE メルマガについてのお知らせ”. ノーベスパジオオフィシャルブログ (2014年2月24日). 2014年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]