LATAM ペルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラン・ペルー航空から転送)
移動先: 案内検索
LATAM ペルー
LATAM Perú
Latam-logo -v (Indigo).svg
IATA
LP
ICAO
LPE
コールサイン
Lan Peru
設立 1998年
ハブ空港 ホルヘ・チャベス国際空港
焦点空港 クスコ
アレキパ
マイレージサービス LATAM Pass
航空連合 ワンワールド
保有機材数 11機
就航地 28都市
親会社 LATAM チリ
本拠地 ペルーリマ
代表者 Sergio Purcell Robinson (CEO)
外部リンク www.latam.com
テンプレートを表示

LATAM ペルー(らたん ぺるー、LATAM Perú)はLATAM航空グループペルーの航空会社。

概要[ソースを編集]

チリLATAM チリの子会社でリマホルヘ・チャベス国際空港ハブ空港としている。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

歴史[ソースを編集]

LATAM ペルーは1998年7月にラン・ペルー航空として設立され、1999年7月からリマホルヘ・チャベス国際空港と、クスコのアレハンドロ・ベラスコ・アステーテ国際空港(Aeropuerto Internacional Alejandro Velasco Astete)、アレキパのロドリゲス・バジョン国際空港(Aeropuerto Internacional Rodríguez Ballón)の両空港をむすぶサービスを開始し途絶えていた自国キャリアでの国内線サービスが再びスタート、1999年にはマイアミへの国際線のサービスを開始した。2002年9月からはチリのラン航空の子会社となり、ラン航空が株式の49%、ER Larraínが30%、Inversiones Aereasが21%を保有している。現在従業員は約1500人でペルー国内の都市のほか南北アメリカやスペインに国際路線を持っている。

就航都市[ソースを編集]

アレキパ空港に駐機するA320型機

南アメリカ

北アメリカ

ヨーロッパ

保有機材[ソースを編集]

現在LATAM ペルーで使用されているエアバスA319はチリで登録されているLATAM チリのものである。以前に使用されていたボーイング767はチリ、エアバスA320ボーイング737バミューダで登録されているものであった。

出典・脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]