ユリア100式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユリア100式
漫画
原作・原案など 原田重光(原作)
作画 萩尾ノブト
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル
レーベル ジェッツコミックス
発表期間 2005年 - 2010年
巻数 全12巻
その他 2005年に読切3話掲載、2006年から連載
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ユリア100式』(ユリアひゃくしき)は、原作:原田重光、作画:萩尾ノブトによる日本漫画。汎用人型ダッチワイフのユリア100式と大学生の久保瞬介が繰り広げるコメディ。白泉社の『ヤングアニマル2005年15、19、24号に読みきり作品として掲載されたのち、2006年4号より2010年まで連載された。単行本は全12巻。話数カウントは「TYPE-」。

『ヤングアニマル』は青年漫画誌であるため成人向け漫画には属さない作品ではあるが、それに近い内容であったため、2006年12月、神奈川県では県青少年保護育成条例を根拠とし、有害図書類に指定された[1]

作中はツッコミにプロレスの技が用いられるなど、その関係の話題も多い。各話のタイトルはなにかしらのパロディ、もしくはプロレスに関係したものになっている。

2009年にドラマCD版が発売された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

※「声」はドラマCD版、「演」はVシネマでのキャスト。

ダッチワイフ[編集]

本作に登場するドールは自律式のロボットのようなものであり、人間と交流しても機械と見抜かれない程度の知能や感情・情緒を持つ。ただしものがダッチワイフであるため思考回路はエロスへと向かう傾向がある。また、外観も非常に精巧に仕上げられており、作中において機械であると見破られたと言う描写は無い。あくまで電気製品であり、作中では時折使用法についての解説がなされている。

ユリア100式
声 - 喜多村英梨 / 演 - 藤井シェリー
最新型ダッチワイフラブドール)である。スリーサイズはB88 W52 H86。最初にセックスした男性男性器インプリンティング(記憶)して、その人の一生の性欲の奴隷となる。巨乳で、ドジっ娘だったりなど、ロボットとしてより性欲の対象として気に入られる為に作られており、ダッチワイフとしての様々な技術・機能を持つ。またユリアシリーズは耐用年数100年を目指して開発されており、ユーザーの生涯の伴侶として使用する事も可能。恋愛感情等よけいなものはプログラムされていないはずだが、瞬介相手に恋愛感情らしきものが芽生えてしまった。なお精密機械であるため、エアコンテレビなどのリモコンから発せられる電波に反応して誤作動を引き起こす場合もあり。
秋葉博士から逃げた際、久保瞬介と出会ってそのまま同棲を始める。性欲旺盛に作られており毎回瞬介にセックス(インプリンティング)を求めるが拒否される。妄想力も逞しく、その度に鼻血(のようなもの)を噴出する。ユリアの妄想→鼻血が、作品序盤のお約束のオチでもあった。
ユリア105式
声 - 伊藤静
通称ジュリア。B95 W54 H92のダイナマイトボディーを持つ。ユリアよりさらに優れた性能を持つが、高性能すぎて前戯だけで相手が達してしまうため、インプリンティングができないという悩みを持つ。自分がダッチワイフだと言う事を頑なに否定し、ラブドールだと言い張る。何故かユリアに対抗心を抱き、瞬介を奪おうと強姦まがいのインプリンティングを試みるが、メキシカンレスラー宜しくフィニッシュホールドを食らい失敗。その後良夫に引き取られるが、良夫が18歳未満のためインプリンティングを保留していた(ダッチワイフは淫具であり、この手のものは通常、日本ではいわゆる「18禁」である)。74話にて良夫が18歳となったため、インプリンティングし良夫専用のラブドールとなった。
良夫の母親の前では自ら動作を停止し、等身大のフィギュアを装っている。なお、ユリアとの会話から、自分の存在が良夫の母親にあらぬ誤解を生んでいることは理解している模様。何故か登場人物?の中でもかなりの常識人。良夫の趣味なのか本人が気に入っているのか、最近はメイド服着用する事が多い。
ユリア108式
声 - 後藤麻衣
通称ユリン。それまでのユリアシリーズとは路線を変えた少女型で、ユーザーが育成する楽しみを得られるような設定が施されている。身長152cm。B70 W54 H68だが、ユーザーが刺激することによってバストは最大Hカップ、ヒップは最大98cmまで成長する。例によって博士のところから逃げ出し、瞬介の家に転がり込む。後に公園で一平に持ち帰られる(ユリン自身によってなぜかイタズラ目的で連れていかれたことになっている)。純真な子どもっぽい振る舞いをするが、実際には腹黒い。
ルーシーMarkII
秋葉博士に対抗してアメリカの博士(名前不明)が製作した汎用人型プレイドール。ユリアシリーズをライバル視し、世界のアダルトグッズ市場をアメリカが独占することを示すために日本に来た。普段は外人アイドルとして活動している。インプリンティングシステムはなく、不特定多数の人とプレイできるようにフリーセックスシステムを採用している。このため、一部の登場人物を除き「寸止め」は適用されない。
基本的に欧米向けに作られているのでアグレッシブでオーバー。そのため、そのセックスアピールを見た日本人男性が冷めてしまうこともしばしば。欧米向けなので自己主張も非常に強く、文句も多いが、愛想は良い。ボディーもハードなプレイに対応できるように製作されている。
現在は芸能人としてデビューしている。デビュー以来ロクにエッチな事ができない為、本人はヌードかAVの方がいいらしい。
ルーシーMark3.5
通称ルーイ。ルーシーシリーズの一機。56話より登場。少女型のMarkIIIと、女性向けダッチハズバンドのMarkIVが並行して開発されていたが、途中で開発資金が尽きたため、MarkIIIの上半身にMarkIVの下半身をくっつけるという強引な手法で完成を見た(ナンバリングが3.5となっているのはこのせい)。そのため、見た目はボーイッシュな少女だが、股間には全長30cmキングサイズのペニスが鎮座ましましているというふたなり状態になってしまった。意識は完全に女性であり、男性とセックスがしたいと思っている。
ユリアシリーズを打倒すべく、MarkIIに次いで日本に送り込まれる。ルーイと名乗り、日本の一般家庭にホームステイするも、ホストファミリーの女子高生に、下半身が男であることを知られてしまう。ところが、その女子高生が腐女子であったために大いに歓迎され、ボーイズラブの知識を植えつけられる。

人間[編集]

久保瞬介
声 - 日野聡 / 演 - 榊原順
ひょんなことからユリアに出会い、同棲することになる大学生青年。許嫁がいるためユリアの誘惑を断固として拒否し、毎回何かにつけてセックス(インプリンティング)に持ち込もうとするユリアを寸前でかわす毎日。
理性の強さは作品随一で、ユリアの性能を持ってしても射精に至ったことすら殆ど無い。プロレス等の格闘技に長け(反則技も含め)、その技でユリアの誘惑を強引に断ち切る。数々のプロレスの技はこの作品の定番のオチでもある。
最終的にまりあと結ばれたかに思われたが、まりあが性交を拒否したため破局、ユリア達のもとへ戻ってきた。
中村まりあ
声 - 小清水亜美 / 演- 糸矢めい
瞬介の地元の名家のお嬢様で許嫁。ユリアが瞬介と一緒に住んでいることに納得していない。箱入りで潔癖症。お嬢様であるためラブホテルのことがよくわからなかったり、プライドが高く3分以上凌辱に耐えられなかったりする。
最終的に瞬介と結ばれたかに思われたが、瞬介との性交に伴う痛みに耐えきれず破局、その後の動向は不明。
秋葉歩
声 - 藤原啓治 / 演 - 吉岡睦雄
秋葉研究所所長、ユリアシリーズの製作者。3式(ただのコンニャク)や28式(空気充填式のダッチワイフ)などの試作を経て、遂には100式を始めとする自意識を持ったダッチワイフまで創り出した生体科学の権威。しかしその行動は変質者そのもので、100式、105式、108式と、作ったダッチワイフたちに逃げられては全裸のまま探し回って逮捕されている。
瞬介が通う大学の教授も務めている。
良夫
声 - 阪口大助
元々は、瞬介がアルバイトの家庭教師としていくはずだった生徒。かなりのフィギュアマニアで、自作もしたりする。高校のフィギュア同好会の会長でもある。当初はユリアに、後にジュリアにときめいた末、行き場を失ったジュリアを引き取った。彼はジュリアがラブドールであることを知らないが、親には誤解されている。まだ高校生(17歳3ヶ月)であるため、18禁の世界に入ることはできない。後にジュリアがラブドールであることを知ってしまうがまんざらでもない様子(誤解混じりではあるが)。
良夫ママ
声 - 勝生真沙子
38歳。夫は仕事の都合で単身赴任中。息子の大きなお人形さん趣味を許容しつつも、大夫心労が溜まっているようである。彼女が105式と変な状態で一緒にいる良夫を見かけるのも、この作品定番のオチである。
山本一平
声 - 近藤孝行
小学校の教師を目指す、21歳の大学4年生。なりゆきでユリンを誘拐してしまったことになっている。一人暮らし。
中森薫
ルーシーMark3.5のホームステイ先の高校3年生。アルゼンチンバックブリーカーをされながらやってきたルーイの股間の逸物に驚きを隠せなかったが、ルーイの事情を聞き、「日本にはBLの文化がある」と、ボーイズラブの知識を植えつける。なかなかの美人だが、典型的な腐女子
横山明
声 - 楠見尚己 / 演 - 宇野祥平
瞬介のバイト先の店長。店に娼婦を連れ込んだり、撮った写真をその筋の投稿雑誌に送ったり、ギャグ大会では下ネタ全開の漫才をしたりと、まったくその系統への歯止めが利かない人。当然この方も大人なので寸止めは適用されない。35話にて投稿した記事より48歳との表記があるが定かではない。
氷川光秀
声 - 安元洋貴
瞬介の通う大学のプロレス同好会会長。名前はファイヤープロレスリングの登場レスラーの名前そのままであり、モデルも三沢光晴である。
川田、小川
瞬介の友人たち。瞬介とユリアの絡みをよく目撃する。瞬介的には寸止めなのだが、彼らにすればどう見てもアウトにしか見えない。まりあに逐次様子を教えるある意味友達想い連中なのだが、表現の仕方がまずいのか、撮った記録がまずいのか、まりあには誤解を招く形で常に報告がなされている。彼らの名前の元ネタもプロレスラーの名前である。
マスター
シリコンバレーに研究所を置くルーシーシリーズの製作者。かつて秋葉博士と共に人型性欲処理器具の研究をしていたことがあり、先にユリアシリーズを完成させた秋葉博士にライバル心を燃やす。
金田国彦
24歳の芸能事務所マネージャー。アイドル好きが高じて職に付いたが、自分の求めるアイドルに出会えずにいた所、ルーシーを見かけスカウトする。ナンパと勘違いしたルーシーに最後までやられてしまうも、事後、なんとか説得。ルーシーを理想のアイドルとして売る事は本気であり、必死にサポートするも、ルーシーの特性故に前途多難の日々である。彼女からは「クンニヒコ」と呼ばれている。
ルーシー曰く小さいらしい。大人でありルーシーが相手の為、彼にも寸止めは適用されない。単行本では先行して6巻のおまけ漫画に登場している。
ユキエ
町に引っ越してきたばかりの少女。エロエロ団に仲間外れにされたユリンに声を掛け、友達となる。
下山先生
数々の売れっ子アイドルを手がけたスゴ腕カメラマン。ルーイですら許容する度量の深さと、被写体がカラんでいようが関係無しの技量を持つ。

その他[編集]

解説
声 - 四宮豪
ユリアやジュリアが行なう行動に対し『ダッチワイフである○○は』から始まる解説(ユリア100式またはユリア105式、ユリア108式マニュアル)が入る。

ユリア100式の能力・特徴[編集]

発覚した物から。

  • 「ダッチワイフであるユリア100式は最初に挿入されたペニスをインプリンティングしその男の一生の性の奴隷になる(動物も例外ではない)」
    • 後に「ちゃんと一番奥まで挿し込んで3秒間インプリンティングしなければならない」が追加
  • 「秒速16回の速さで手コキができる。足コキもできる(秒間10回)」
  • 「バキュームフェラは吸引力30,000cc」
  • 「膣内は圧力100mmHg」
  • 「人間工学に基づいた起伏とカズノコ天井を備えている」
  • 「大量の精液もおいしくゴックンできるよう、味覚設定されている」
  • 「フェラ時、潤滑をよくするため大量の唾液が分泌される」
  • 「刺激物に対してかなり敏感」
  • 「DV(ドメスティックバイオレンス)にも対応できるよう丈夫に作られている(105式も然り)」
  • ダッチワイフなので下ネタ系全般の話は、たとえつまらなくても笑ってしまう」
  • 「ありとあらゆるアブノーマルなプレイが可能…例(露出プレイなど)(これも105式然り)」
  • 「ピロートーク用に100の小話をストックしているためSEX後のアフターケアも完璧」
  • 「ユリア100式にとってアナルは別腹」
  • 料理といってもダッチワイフなため(?)か皮をむく事と、こするという事のみ得意(他は下手)なため作れる品はかなり限られる」
  • 「ペニスの扱いにはかなり慣れているため本人以上に気持ちいい場所を心得ている。そのため体温、脈拍だけで射精するタイミングがわかる。なので焦らしプレイも可能」
  • ダッチワイフなため(?)普通の人命救助の知識はないが誰が見てもSEXをしようとしているようにしか見えない人命救助をする(それで主人公は1回助けられた。が、その人命救助に至るまでの原因の発端はユリア100式。SEXもする寸前まで行ったが結局意識が戻った直後の瞬介のプロレス技により阻止された)」
  • 「過去に行われたすべてのプレイが生々しく記憶されていていつでも思い出せて話せる」
  • 携帯電話のようにマナーモードもあり完全に消音可能」
  • 「声も自由に変えられてアニメ声からハスキーボイスまで可能」
  • 「ありとあらゆる感染症に対し免疫をもっている」
  • 「秋葉原は第2の故郷」
  • 「内蔵されたスイッチを押すことにより自主規制が解除され18歳未満の男にもインプリンティングを求めるようになる」
  • 「体臭から催淫フェロモンが出るため周りにいる動物(嗅覚が鋭い犬など)が発情して襲ってくることがある」
  • 「相手が初めての場合も想定してインプリンティングまでのガイドライン機能も搭載している」
  • 「白濁した液体には異常な関心を示す」
  • 「下着選びは実用性重視である」
  • 「GPS機能搭載で、あらゆるラブホを検索できる」
  • 「相手が童貞であることを瞬時に見抜く」
  • 「初心者ナビがついている」

ユリア105式の能力・特徴[編集]

今までにわかっているもの。性能面ではユリア100式を上回る。

  • 「手コキは秒速20回」
  • 「バキュームフェラは40000cc」
  • 「パイズリは30Hz」
  • マニュアル仕様からオートマ仕様になったため誰でも気軽に性処理ができる」
  • 「ユリア100式と違い(とは言ってもユリア100式も多少強引にしようとすることはある)性処理に対し手段を問わないため強姦まがい(まがいというよりほぼ強姦)の行為をすることがある」
  • 「ありとあらゆるアダルトグッズ精通している」
  • バストは何年経っても垂れない保障つき」
  • 「何度使用してもヴァギナは黒ずんだり緩んだりしない」
  • 「100人犯っても大丈夫!がキャッチフレーズ
  • クーリングオフの対象外品」
  • ダッチワイフなので愛という単語が頭の中の内蔵辞書に入っていない(100式はなんとなくだが理解している)」
  • 「ユリア100式よりも英語が得意」

ユリア108式の能力・特徴[編集]

今までにわかっているもの。

  • 大変高価な品物ですので 盗難保険への加入をお勧めします。
  • いなくなった場合 警察では単なる遺失物として扱います。
  • 「ユーザーのことを『お兄ちゃん』もしくは『パパ』と呼ぶ」
  • 「手コキはぎこちないながらもツボを心得た動き」
  • 「プレイ通じてユーザー好みの女に成長する育成機能を搭載」「育成機能はユーザーのテクニックが反映される」
  • 「育成機能により揉めば揉むほど乳房が発達(最大Hカップまで発育)」
  • 「育成機能により撫でれば撫でるほどお尻が発達(最大98cmまで発育)」
  • 「ユーザーの性癖を分析する能力」
  • 「育成機能により全身どこでも刺激し続けることで性感帯として発達する」
  • 「未発達状態のユリア108式にペニスを吸わせる場合は 事故等が起きぬようユーザーの目の届く範囲でお願いします」
  • 「ダッチワイフであるユリア108式は最初に挿入されたペニスをインプリンティングし その男の一生の性の奴隷となる」
  • 「育成期間中は成長を促すためにも性欲処理はできるだけ108式で行うにお願いします」
  • 「ワイセツな話題に大変 鼻がきく」
  • 「ユリア108式の陰毛は 恥丘をよくマッサージする事で育成」
  • 「クリトリスは育成機能により最大親指大まで発育させる事が可能」
  • 「インノウの張り具合から どれだけの精液がたまっているか推測することができる」
  • 「ペニスの取り扱いは育成段階が初期の場合は ぎこちないところがあるので ご注意下さい」
  • 「皮膚組織は多量の精液をかけても劣化等しない耐性」
  • 「射精へのカウントダウン機能がある」
  • 「育成開始時に自由に名前を設定することが可能」
  • 「ユリア108式は主にお医者さんゴッコやおままごとをして遊んであげて下さい」
  • 「ユリア108式の局部は未発達な育成時にはユーザーご自身の手で洗ってあげて下さい」
  • 「ユリア108式には実践をもって正しい性知識を身につけさせてあげて下さい」
  • 「ユリア108式の膣は育成段階では無理矢理こじ開けたりすることのないようにお願い致します」

単行本[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]