チキータ・ブランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイジアナのセント・チャールズ・アヴェニューにあるユナイテッド・フルーツ社の正面

チキータ・ブランドアメリカ合衆国企業。かつての社名はユナイテッド・フルーツ(英語:United Fruit Company、略称:UFCO)。第三世界諸国のプランテーションで栽培させたトロピカルフルーツ(主にバナナ)をアメリカ合衆国やヨーロッパで販売した。1899年、合併により創業。1984年に現社名に変更。ボストン閨閥とヨーロッパのそれが根深い利権を持っている。

設立[編集]

ヘンリー・メイグス

1871年にヘンリー・メイグス英語版コスタリカ政府と首都サン・ホセからカリブ海の港町リモンまでの鉄道建設の契約を結び、彼の甥のマイナー・C・キース英語版に事業を手伝わせた。1873年、労働者向けの安い食料として鉄道沿いにバナナの栽培が始められた。1877年にメイグスが亡くなるとキースが跡を継ぎ鉄道完成後は非常に低い賃金で労働者にバナナを栽培させて母国アメリカ合衆国で販売しようと考えた。数年後にはグアテマラの国土の大部分を獲得した。

アンドリュー・ブレストン

1899年にキースのバナナ取引会社とアンドリュー・プレストンボストン・フルーツ・カンパニー英語版の合併で設立された。社長にはプレストン、副社長にキースが就任した。会社は20世紀初めから半ばにかけて中央アメリカコロンビアエクアドル西インド諸島などの広大な地域、流通を支配した。

コロンビアでの活動[編集]

1928年11月12日、コロンビアのサンタ・マルタ近郊の農場で労働者のストライキが勃発、12月6日コロンビア軍の将軍、Cortés Vargasによって鎮圧されたがこの時犠牲者が多数出た(バナナ労働者虐殺事件英語版)。犠牲者数については47人から2000人まで諸説ある。この事件に対してはホルヘ・エリエセル・ガイタン議員がユナイテッド・フルーツ社のために軍が行動したと非難した。一方、軍は共産主義革命対策だと主張している。

1930年には当時中米最大の企業だったものの、ユダヤ系ロシア人のバナナ王サミュエル・ザムライに買収され、1970年まで繁栄を続けた[1][2]アメリカ合衆国国務長官を務めたジョン・フォスター・ダレス、CIA長官を務めたアレン・ウェルシュ・ダレスは同社の大株主である[3]ホンジュラスの経済も参照されたい。

1948年にボゴタでのOAS会議中、当選確実といわれた選挙直前にコロンビア自由党員だったホルヘ・エリエセル・ガイタンが暗殺されたことをきっかけに、激昂した自由党派の市民と保守党派の市民が衝突し、ボゴタ暴動英語版(ボゴタソ)が発生した。この一連の暴動により、コロンビアは「暴力の時代英語版」(1946年 - 1950年)を迎え、死者数は全て併せると20万人にも及ぶと推測される。

グアテマラでの活動[編集]

中南米、特に当時「バナナ共和国」と呼ばれたグアテマラなどでバナナやパイナップルなどの果物の取引において大きな影響を与えた。また政治活動も活発であり、1954年にはCIAと組みグアテマラのハコボ・アルベンス・グスマン政権の転覆(PBSUCCESS作戦)に成功した。アルベンスは選挙後に公約どおり大規模な農地改革を実行した。本国の従業員に対する厚遇は有名とされ、社屋はもちろん専門の病院や学校を無料で開放し、給料も高かったと言うが、アルベンス政権以前のグアテマラでは全人口の3%が国土の70%を所有しており、著しい貧富の格差があった。しかしユナイテッド・フルーツ社は農園経営においてグアテマラの超富裕層と結託しており、ユナイテッド・フルーツ社とCIAは既得権益を失うことを恐れてアルベンスを過剰に親ソ連派として攻撃、失脚させた。[4]

腐ったバナナ[編集]

1970年ユダヤ系ポーランド人イーライ・M・ブラックが73万3000株を買収した。ブラックはリーマン・ブラザーズと仕事をしながらキャリアを積んでいた。そして1968年9月証券会社ドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレットに雇われ[5]、ユナイテッド・フルーツ乗っ取りを計画したのだった。この計画が持ち上がった経緯は次のようなものであった。ブラックを雇う前からドナルドソンはミューチュアル・ファンド等の機関投資家にユナイテッド・フルーツ株を勧めていたが、しかし肝心の株価が下がって含み損が出ていた。そこでブラックが乗っ取りのためにユナイテッド・フルーツ株を高く買うという絵を描いておいて、機関投資家の転売利益(いわゆる最恵株主待遇)を約束したのだった。ここで利益をあげた機関投資家には、ドナルドソンが運用するファンドもあったが、ドレフュス商会(現メロン財閥)が運用しバーニー・コーンフェルドが売りさばくドレフュス・ファンドもあった。

乗っ取られたユナイテッド・フルーツはユナイテッドブランド(United Brands Company)に改名した。しかし、1974年にホンジュラスを台風が直撃して農園が甚大な被害を被り、ブラックは膨大な借金を抱えて金策に奔走するようになった。1975年2月3日、ニューヨークパンナムビルから飛び降り自殺する。4月8日、ユナイテッド・ブランズの株取引がすべての証券取引所で停止された。これは、同社が政府高官数人へ125万ドルの賄賂を供与した事実が公となったからである。高官の一人オズバルド・ロペス・アレジャンス将軍は、スイス銀行のナンバーアカウントを通して賄賂の一部を受け取った。なお、ブラックの息子レオンはドレクセル・バーナム・ランベールでキャリアを積んで、1990年にアポロ・グローバル・マネジメントを創設した。

1984年アメリカン・フィナンシャル・グループのカール・リンドナー (Carl Lindner, Jr.がユナイテッド・ブランドの主導権を握り、社名をチキータ・ブランド(Chiquita Brands International)に改称した。以来、チキータ・ブランドは前CEOのカール・リンドナーを通じて大統領一家であるブッシュ一族と関係が深い[6][7][8][9]。カールはジャンクボンドの投資・発行でマイケル・ミルケンとも関わった。ボストンの血を引くチキータ・ブランドは、ラッセル商会やボーンズマンとのしがらみをブッシュと持ち続け、一方ではジョン・モルガンロスチャイルドのいるベルギーのランベール閨閥の勢力下にあるといえる。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cohen, Rich (2012年6月6日). “Birth of America’s Banana King: An excerpt from Rich Cohen’s The Fish That Ate the Whale”.
  2. ^ Zemurray (1877-1961)”. United Fruit Historical Society (2001年).
  3. ^ 松岡正剛. “反米大陸”. 松岡正剛の千夜一夜・遊蕩篇. 2012年4月7日閲覧。
  4. ^ Robert B Durham, False Flags, Covert Operations, & Propaganda, Lulu.com, 2014, pp.278-295.
  5. ^ Donaldson, Lufkin & Jenrette. ドレクセル・バーナム・ランベールの庇護下にあり、2000年8月にアクサ・フィナンシャルからクレディ・スイス・ファースト・ボストンへ売却された。
  6. ^ Edsall, Thomas B. (July 1, 2004), “Republicans Name 62 Who Raised Big Money”, The Washington Post: A06, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A19026-2004Jun30.html 
  7. ^ Drinkard, Jim (2005年1月17日). “Donors get good seats, great access this week”. USA Today. http://www.usatoday.com/news/washington/2005-01-16-inauguration-donors_x.htm 2010年5月17日閲覧。 
  8. ^ “Financing the inauguration”. USA Today. (2005年1月16日). http://www.usatoday.com/news/washington/2005-01-16-inaugural-donors_x.htm 2010年5月17日閲覧。 
  9. ^ “Some question inaugural's multi-million price tag”. USA Today. (2005年1月14日). http://www.usatoday.com/news/washington/2005-01-14-price_x.htm 2010年5月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]