モデナ=レッジョ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モデナ公国から転送)
移動先: 案内検索
モデナ=レッジョ公国
伊 Ducato di Modena e Reggio 
羅 Ducatus Mutinae et Regii
神聖ローマ帝国
イタリア王国 (1805年-1814年)
1452年 - 1796年
1814年 - 1859年
チスパダーナ共和国
中央統合諸州
モデナ=レッジョ公国の国旗 モデナ=レッジョ公国の国章
(国旗) (国章)
国の標語: Dextera Domini exaltavit me
国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給え
モデナ=レッジョ公国の位置
1494年時点の北イタリアの地図。エステ家諸領地の位置は黄色。
公用語 ラテン語イタリア語
首都 モデナ
1450年 - 1471年 ボルソ・デステ
1780年 - 1796年 エルコレ3世・デステ
1814年 - 1846年 フランチェスコ4世
1846年 - 1846年 フランチェスコ5世
変遷
成立 1452年
フランスによる征服 1796年
再興 1814年
サルデーニャ王国による征服 1859年

モデナ=レッジョ公国(: Ducato di Modena e Reggio, : Ducatus Mutinae et Regii) は、イタリア北西部に1452年から1859年まで存在したイタリアの国家である (ただし、1796年から1814年まではナポレオンによるフランス帝国の支配下にあった。)。 この国家は1796年まではエステ家に、1814年以降はオーストリア=エステ家によって支配されていた。

歴史[編集]

エステ家による統治[編集]

1452年、ボルソ・デステ神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世によって、モデナレッジョの侯爵から公爵に昇格されたことでこの国家は成立した。さらに、1471年に彼が同じく統治していたフェラーラも公爵領となった(フェラーラ公国)。1508年カンブレー同盟戦争アルフォンソ1世はカンブレー同盟側につき、ヴェネツィア共和国と戦った。1597年アルフォンソ2世・デステが死ぬとエステ家の直系は絶えた。神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は、自身の甥にあたるエステ家傍系のチェーザレ・デステに公位を継承させた。しかし、嫡出子にのみ継承権を認めるとしていたローマ教皇クレメンス8世により、1598年にフェラーラ公国は教皇領として没収された。三十年戦争が勃発するとフランチェスコ1世・デステスペイン側についた。その後、公国はスペイン継承戦争ポーランド継承戦争オーストリア継承戦争に巻き込まれる。1796年、フランス帝国による侵攻でエルコレ3世・デステはヴェネツィア共和国への亡命を強いられ、公国は一時滅亡した。

オーストリア=エステ家による統治[編集]

1814年、ナポレオンによるイタリア支配が終わると、モデナ公国はオーストリア帝国支配下でオーストリア=エステ家により復活したが、1859年にサルデーニャ王国によるリソルジメントにより消滅した。

モデナ=レッジョ公の一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]