チェーザレ・デステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェーザレ・デステCesare d'Este, 1561年 - 1628年12月11日)は、モデナ公及びレッジョ公。最後のフェラーラ公となった。

フェラーラで、モンテッキオ侯アルフォンソ・デステ(フェラーラ公アルフォンソ1世・デステの庶子)と妃ジューリア・デッラ・ローヴェレの長男として生まれた。従兄はフェラーラ公及びモデナ公アルフォンソ2世・デステである。アルフォンソ2世が嫡子のないまま1597年に死去したため、チェーザレが公位を継いだ。しかし、嫡出子にのみ継承権を認めるとしていた神聖ローマ皇帝ルドルフ2世ローマ教皇クレメンス8世により、1598年にフェラーラ公国は教皇領として没収された。

首都をフェラーラからモデナに移してからは波乱含みであった。フェラーラ貴族とモデナ貴族の対立の仲介に立ち、ガルファニャーナの所有をめぐってルッカ公国と戦争が起きた。1586年に結婚した妃ヴィルジニア・デ・メディチトスカーナ大公コジモ1世の庶子)は早くから精神病を患い、亡くなるまで苦しんだ。

チェーザレ自身は穏やかで信心深い人物だったが、政治的な才能に欠けていた。彼の死後は息子のアルフォンソ3世・デステが継いだ。

先代:
アルフォンソ2世
フェラーラ公
1597年 - 1598年
次代:
教皇領へ併合)
先代:
アルフォンソ2世
モデナ公
1597年 - 1628年
次代:
アルフォンソ3世