ミカエル・ルスティグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミカエル・ルスティグ Football pictogram.svg
Mikael Lustig.jpg
スウェーデン代表でのルスティグ(2018年)
名前
本名 カール・ミカエル・ルスティグ
Carl Mikael Lustig
ラテン文字 Mikael Lustig
基本情報
国籍  スウェーデン
生年月日 (1986-12-13) 1986年12月13日(31歳)
出身地 ウメオ
身長 191cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム スコットランドの旗 セルティックFC
ポジション 右SB / CB
背番号 23
利き足 右足
ユース
スウェーデンの旗 Sandåkerns SK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005 スウェーデンの旗 ウメオ 32 (1)
2005-2008 スウェーデンの旗 スンツヴァル 81 (8)
2008-2011 ノルウェーの旗 ローゼンボリ 95 (14)
2012- スコットランドの旗 セルティック 107 (10)
代表歴2
2004 スウェーデンの旗 スウェーデン U-18 1 (0)
2006-2009 スウェーデンの旗 スウェーデン U-21 21 (1)
2008- スウェーデンの旗 スウェーデン 61 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月30日現在。
2. 2017年10月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カール・ミカエル・ルスティグ(Carl Mikael Lustig, 1986年12月13日 - )は、スウェーデンウメオ出身の同国代表サッカー選手

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

ユース時代は4部英語版を戦う地元のSandåkerns SKで2年過ごし、2004年に3部英語版ウメオFC英語版へ移籍した。

スンツヴァル[編集]

2005年8月1日に1部GIFスンツヴァルへ引き抜かれ[1]、8試合2得点を記録。同シーズンにクラブは2部降格が決定したため、翌シーズンから2年を2部で過ごすことになり、その間にリーグ戦57試合, 公式戦を含め61試合に出場した。2008年に1部へ復帰すると、UEFA EURO 2008のためリーグが一旦中断するまでの間の全11試合全べてに出場し、レギュラーであり続けた。同年7月に同胞のエリック・ハムレーン英語版監督率いるノルウェー1部の名門ローゼンボリBKと移籍金800万スウェーデン・クローナ[2]、3年半の契約を締結し、この移籍はイングランド1部フラムFCへ去ったフレドリック・ストールの後釜として見られている[3]

ローゼンボリ[編集]

ローゼンボリでは、加入してすぐさま定位置を勝ち取り、翌年にはリーグ優勝のタイトルを獲得。3年目の2010年は、ニルス・アルネ・エッゲン英語版監督の下でクラブはリーグ2連覇を達成。4年目では、ラデ・プリカ, ムシャガ・バケンガ英語版, ジョン・チブイケ英語版, ジム・ラルセン英語版, モルテン・モルスクレット英語版に次ぐクラブ内6位となる5得点を記録し、ヤン・ヨンソン監督体制下でも同様にレギュラーとして起用されていたが、クラブは3位でシーズンを終えた。

4シーズン在籍後の2011年11月にクラブを退団し、その際にスコティッシュ・プレミアリーグセルティックFC, プレミアリーグフラムFC, リーガ・エスパニョーラRCDエスパニョールと欧州のクラブから関心を寄せられた[4]

セルティック[編集]

2011年11月13日に、セルティックとの事前契約締結の発表がされ[5]、2012年1月1日に正式に入団した[6]。様々なクラブから興味を持たれていたものの、最終的にセルティックを選んだ理由は、同クラブのレジェンドにしてスウェーデン代表のレジェンドでもあるヘンリク・ラーションの言葉に心を動かされたからだったと語っている[7]。3月3日のアバディーンFC戦 (1-1) で移籍後初出場[8]をし、9月1日のハイバーニアンFC戦(ホーム2-2)で移籍後初得点を挙げた[9]。同試合で2得点目も挙げたかに思われたが、後にオウンゴールとして記録された[9]

代表[編集]

ハンス・リンドボム英語版監督率いるU-18代表を経て、2006年のシーズン中に行われたUEFA U-21欧州選手権2009予選でトミー・セデベリ英語版監督率いるU-21代表デビュー。以降を定期的に招集され、2009年5月下旬にはセデベリ監督とヨルゲン・ランナルトソン英語版監督の下、自国で開催されるU-21欧州選手権本大会のメンバーにも選出された[10]。本大会でもレギュラーとして出場し、チームは準決勝に進出するもU-21イングランド (3-3) 相手にPK戦の末に敗れた。U-21では合計21試合に出場[11]し、副主将に任命されていた。

2008年1月にラーシュ・ラーゲルベック監督率いるA代表に初招集され[11]、19日のアメリカ戦(0-2敗北)で初出場を記録。2011年3月29日にUEFA EURO 2012予選モルドバ戦(2-1勝利)で初得点を記録[12]。2012年10月16日に2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ドイツ戦で通算2得点目を記録。同試合は0-4と大差を付けられていたが、残り30分で4得点を返し引き分けに持ち込んでいる[13]

タイトル[編集]

クラブ
ローゼンボリBK
セルティックFC

脚注[編集]

外部リンク[編集]