ヨーダン・ラーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨーダン・ラーション Football pictogram.svg
Jordan Larsson 2019 (1).jpg
スパルタク・モスクワのラーション(2019年)
名前
本名 カール・ヘンリク・ヨーダン・ラーション
Carl Henrik Jordan Larsson
ラテン文字 Jordan Larsson
基本情報
国籍  スウェーデン
カーボベルデの旗 カーボベルデ
生年月日 (1997-06-20) 1997年6月20日(25歳)
出身地 オランダの旗 オランダ ロッテルダム
身長 175cm
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 シャルケ04
ポジション FW
背番号 7
利き足 右足
ユース
スペインの旗 バルセロナ
スウェーデンの旗 ヘーガボリ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2014 スウェーデンの旗 ヘーガボリ 43 (12)
2014-2016 スウェーデンの旗 ヘルシンボリ 61 (10)
2017-2018 オランダの旗 N.E.C. 21 (4)
2018-2019 スウェーデンの旗 ノルシェーピン 42 (12)
2019-2022 ロシアの旗 FCスパルタク・モスクワ 72 (22)
2022 スウェーデンの旗 AIKソルナ 11 (3)
2022- ドイツの旗 シャルケ04
代表歴2
2012-2014  スウェーデン U-17 15 (2)
2014-2016  スウェーデン U-19 15 (1)
2016-2018  スウェーデン U-21 14 (2)
2018- スウェーデンの旗 スウェーデン 6 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年8月5日現在。
2. 2021年6月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヨーダン・ラーション(Jordan Larsson、1997年6月20日 - )は、スウェーデンサッカー選手。ポジションはフォワードシャルケ04所属。

父親は元スウェーデン代表サッカー選手のヘンリク・ラーションである。

経歴[編集]

父ヘンリクがフェイエノールトに在籍していた1997年にオランダロッテルダムで生まれた。名前はマイケル・ジョーダンにちなんで付けられた[1]。父親がFCバルセロナに在籍していた2004年から2006年はヨーダンもラ・マシアでプレーしていた。

クラブ[編集]

2012年にスウェーデン4部のヘーガボリBK英語版でキャリアをスタートさせる。2013年6月13日に父ヘンリクがヘーガボリに加入して現役復帰し、ピッチ上で親子共演が実現した試合でヨーダンはゴールを決めている[2]

2014年にアルスヴェンスカン(スウェーデン1部)のヘルシンボリIFに移籍すると、後から監督として加入した父親の元でレギュラーポジションを掴むが、2016年にクラブがスーペルエッタンへの降格が決まってしまい、親子共々ファンの攻撃対象になってしまった[3]。ラーションは2017年1月にエールディヴィジN.E.C.に移籍するが、クラブがエールステ・ディヴィジに降格すると母国のIFKノルシェーピンに移籍した。

2019年8月、ロシア・プレミアリーグFCスパルタク・モスクワに移籍[1]。移籍金は400万ユーロとされている[4]

2022年8月、ブンデスリーガシャルケ04と3年契約を結んだ[5]。背番号は7となっている。

代表[編集]

各年代別代表に選出されている。ヘルシンボリでプレーしていた2016年にブラジル五輪代表メンバーに選ばれていた[6]。しかし、ヘルシンボリ監督である父ヘンリクの要望でメンバーから外された[7]

2018年1月7日のエストニア代表との親善試合でA代表デビュー[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b Jordan Larsson joins Spartak”. FCスパルタク・モスクワ (2019年8月2日). 2020年1月2日閲覧。
  2. ^ Henrik Larsson's son Jordan scores in his father's comeback game, for Sweden's Hogaborg”. ザ・テレグラフ (2013年6月20日). 2020年1月2日閲覧。
  3. ^ ラーション親子がファンの攻撃対象に。母国名門の2部降格で一触即発”. フットボールチャンネル (2016年11月22日). 2020年1月2日閲覧。
  4. ^ Lee Roden (2019年8月7日). “Jordan Larsson's star on the rise as he looks to step out of his father's shadow”. ヘラルド. 2020年1月2日閲覧。
  5. ^ Jordan Larsson verstärkt Schalkes Angriffsspiel”. schalke04.de (2022年8月5日). 2022年8月6日閲覧。
  6. ^ Mattias Karen (2016年7月16日). “Jordan Larsson, son of Henrik Larsson, makes Sweden Olympic team”. ESPN. 2020年1月2日閲覧。
  7. ^ Jordan Larsson out of Olympics at father Henrik's request”. ESPN (2016年7月26日). 2020年1月2日閲覧。
  8. ^ Sweden v Estonia game report”. ESPN (2018年1月7日). 2020年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]