マンガリッツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マンガリッツァ

マンガリッツァ: Mangalica、: Mangalitza: Mangalitsa)とは、品種改良により1833年に生み出された[1]ハンガリー固有の、希少種のである。20世紀初めには約1千万頭飼われていたが、1991年には191頭まで激減。その後は国を挙げての保護策で絶滅の危機を免れて、2004年にはハンガリーの国宝に指定された。現在は5万頭程度に回復した[2]

全身がカールしたで覆われているため、別名「ウーリーピッグ(羊毛の豚)」とも呼ばれている。毛の色によって、金、赤、黒と3種類に分類することができ、黒い鼻の淵、口元、を持っているのが特徴である。

マンガリッツァの肉はピック社などが販売を手掛けている。ハンガリーの高級料理店「グンデル(Gundel)」を始めとして、ドイツの三ツ星レストラン「ビクターズ(Victor's Gourmet-Restaurant Schloss Berg in Perl)」やウィーンの「ツム・ヴァイセン・ラウフファングケーラー(Zum Weissen Rauchfangkehrer)」などで使用されている。

日本ではピックサラミハンガリー社(東京都)などが取り扱っているほか、しまざき牧場(神奈川県)が2016年に輸入した種豚150頭程度を宮城県で飼育し、2017年からハムなどを出荷している[3]

飼育方法[編集]

マンガリッツァの仔豚にはウリ坊と同様の模様がある
ドイツミュンスターラント
なお、この仔豚は月齢約1ヶ月。

マンガリッツァはその見た目だけでなく、飼育方法にも特徴がある。放牧による自然環境のもと、トウモロコシドングリカボチャテンサイ小麦といった自然飼料によって肥育される。夏は水浴びをし、冬はマイナス30度の環境にも耐える丈夫な体をもっている。ハンガリーでは血統証明書付きで管理されている。

特色[編集]

一般の豚肉よりも霜降りの率が高い。また肉の色が赤褐色で濃く、牛肉に良く似た肉質である。コレステロールの原因となる飽和脂肪酸の量が少ないためヘルシーで、消化にも良いとされている。

一般の豚肉に比べ40〜55%も多くの豊富なビタミンと、チアミンリボフラビン、更に亜鉛といったミネラルが含まれており、老化防止に良いとされる抗酸化酵素も多く含まれている。食味が良く、肉のようなにおいもほとんどない。脂肪分が一般の豚肉より低温で溶けることも特色であるため、調理しても柔らかく仕上がる。

脚注[編集]

  1. ^ 「ハンガリー・マンガリッツァ豚/食べられる国宝 お墨付きの美味」『日本経済新聞』朝刊THE STYLE(2017年5月28日)
  2. ^ “国宝豚を勝手に漫画にした縁で…松本救助さん迎えマンガリッツァの試食会”. 産経新聞. (2017年1月30日). http://www.sankei.com/smp/premium/news/170203/prm1702030010-s1.html 
  3. ^ 「ハンガリー・マンガリッツァ豚/食べられる国宝 お墨付きの美味」『日本経済新聞』朝刊THE STYLE(2017年5月28日)

関連項目[編集]

  • イベリコ豚 - マンガリッツァと共通の祖先を持つとされるスペインの豚の品種。
  • 甘々と稲妻 - 作品内のアニメ内に登場するガリガリさんは、羊ではなく「マンガリッツァ種の豚」とされている。
  • 松本救助 - マンガリッツァ豚がマスターのバーを舞台とした漫画『Bar:Mangalica』が注目されてハンガリーに招待され、『ブタが好きすぎてハンガリーの国賓になりました』(ポプラ社、2017年)を刊行。

外部リンク[編集]