マイク・エルジオーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

ソルトレイクシティオリンピック聖火点灯に集まった元アメリカ代表選手たち
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子アイスホッケー
オリンピック
1980 レークプラシッド 男子

マイク・エルジオーニ発音: /ɨˌruːziˈoʊni/; Michael "Ritz" Eruzione 1954年10月25日- )はマサチューセッツ州ウィンスロップ出身のアイスホッケー選手。1980年のレークプラシッドオリンピックではアメリカ代表キャプテンを務め、チェコスロバキア戦で1-1からの勝ち越しゴール、ノルウェー戦でのゴールに続いて当時世界最強と言われたソビエト連邦戦で決勝ゴールをあげた[1]。この試合は後に氷上の奇跡(Miracle on Ice)と呼ばれるようになっている。

経歴[編集]

地元のユースチームに入りアイスホッケーを始めた。高校3年次にはチームキャプテンを務めた。Berwick Academyで1年間ホッケーの腕を磨いた後、ボストン大学へ進学した。彼は4年間で平均20得点以上をあげ1975年、1976年にはアイスホッケー世界選手権にも出場した。その後IHLトレド・ゴールディガーズに加入し1978年の新人王を獲得、チームもターナー・カップを制した。

1980年のレークプラシッドオリンピックではチームキャプテンを任され決勝ラウンドのソビエト連邦戦、第3ピリオド10分に決勝ゴールを決めてチームは4-3で勝利した。その後チームはフィンランドも降し金メダルを獲得した。

オリンピック閉幕後、NHLニューヨーク・レンジャースからも誘いがかかったが彼は現役生活に終止符を打った。彼はUSAネットワークの解説者となりニューヨーク・レンジャース、ニュージャージー・デビルズの試合解説やオリンピック解説などを行っている。

また母校のボストン大学でも3シーズン、アシスタントコーチを務めた。ネブラスカ州オマハに本拠地を置くUSHLのオマハ・ランサーズのパートオーナーにもなっている。

2002年のソルトレイクシティオリンピックの開会式に元チームメートたち16人と登場し聖火の最終点火者の1人となった[2]

エルジオーニを演じた人物[編集]

1981年のテレビ番組ではアンドリュー・スティーヴンスが彼を演じた。また2004年のディズニー映画、ミラクルではパトリック・オブライエン・デムジーが演じている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]