ホーピン・タン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホーピン・タンHo-Pin Tung, 董荷斌、拼音:Dǒng Hébīn,1982年12月4日 - )は、中国オランダ人のレーシングドライバー

略歴[編集]

オランダ東部ヘルダーラント州フェルップに生まれ、1997年にカートレーシングを始める。その後シングルシーター・レーシングへ移行し、2003年にはフォーミュラBMWアジアシリーズで総合優勝したことでウィリアムズF1チームをテストドライブする権利を与えられた。2004年から2006年までドイツF3に参戦し、2006年には9勝を挙げタイトルを獲得している。

2007年はBCNコンペティションからGP2、2008年はトライデント・レーシングからGP2アジアシリーズとGP2に参戦した。また、2006-07、2008-09シーズンのA1グランプリ中国チームの一員としても戦っている。2009年はスーパーリーグ・フォーミュラに移った。

2010年にはジェローム・ダンブロシオヤン・チャロウズと共にルノーF1のリザーブドライバーとなる[1]一方、DAMSから再びGP2に挑戦してもいる。

2011年以降はインディ500のスポット参戦やル・マン24時間耐久レースに参戦するなどしていた。

2014年9月、同年より新たに開催されたフォーミュラEにおいてチャイナ・レーシング・フォーミュラEチームより参戦している[2]

2016-17年シーズンから同シリーズに参戦するパナソニック・ジャガー・レーシングのリザーブドライバーとして契約している[3]

2017-18年シーズン2018-19年シーズンでも引き続きジャガーのリザーブドライバーを務める[4]

2016年からWECのLMP2クラスにフル参戦を開始。2017年からはジャッキー・チェンが共同オーナーを務めるジャッキー・チェン・DCレーシング所属となった。2017年はバイヨン・レベリオンに、2018-19年シグナテック・アルピーヌ・マットムートに敗れ、それぞれランキング2位に終わっている。また、ジャッキー・チェン・DCレーシングの所属となってからはル・マンを含め数々のPPや優勝、表彰台を収めている。そのためLMP2クラスの中では強豪のチーム、及び強豪メンバーの1人として君臨している。

レース戦績[編集]

スポーツカー[編集]

FIA GT1 世界選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2011年 エグジム・バンク チーム・チャイナ シボレー・コルベット C6.R ABU
QR
ABU
CR
ZOL
QR
ZOL
CR
ALG
QR
ALG
CR
SAC
QR
SAC
CR
SIL
QR
SIL
CR
NAV
QR
NAV
CR
LEC
QR
LEC
CR
ORD
QR

Ret
ORD
CR

12
BEI
QR

14
BEI
CR

11
SAN
QR
SAN
CR
15位 33

(key)

アジアン・ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 順位 ポイント
2013年 オーク・レーシング モーガン・LMP2 LMP2 INJ
2
FSW ZHU
1
SEP
1
3位 70
2014年 LMP2 INJ
1
FSW
1
SHA
1
SEP
1
1位 103
2015-16年 DCレーシング リジェ・JS P3 LMP3 FSW
1
SEP
1
CHA
1
SEP
1
1位 103
2016–17年 ジャッキー・チェン・DCレーシング オレカ・03R LMP2 ZHU
1
FSW
2
CHA
1
SEP
Ret
3位 69
2017–18年 オレカ・05 LMP2 ZHU
Ret
FSW CHA SEP NC 0

FIA 世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2016年 バクシ・DCレーシング・アルピーヌ アルピーヌ・A460 LMP2 SIL
7
SPA
Ret
LMN
Ret
NÜR
7
MEX
5
COA
8
FSW
9
SHA
8
BHR
6
13位 40
2017年 ジャッキー・チェン・DCレーシング オレカ・07 LMP2 SIL
1
SPA
3
LMN
1
NÜR
1
MEX
9
COA
4
FSW
3
SHA
4
BHR
2
2位 175
2018-19年 LMP2 SPA
1
LMN
4
SIL
1
FSW
2
SHA
1
SEB
6
SPA
3
LMN
2
2位 166
2019-20年 LMP2 SIL
4
FSW
2
SHA
2
BHR
3
COA
2
SPA
6
LMS
DSQ
BHR
1
5位 136

ル・マン24時間レース[編集]

ル・マン24時間レース 結果
チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
2013年 香港の旗 KCMG スイスの旗 アレキサンドレ・インペラトーリ
イギリスの旗 マシュー・ハウソン
モーガン・LMP2-日産 LMP2 241 DNF DNF
2014年 フランスの旗 オーク・レーシング・チーム・アジア 中華人民共和国の旗 デビッド・チェン
香港の旗 アデリー・フォン
リジェ・JS P2-ホンダ LMP2 347 11位 7位
2015年 ドイツの旗 ペガサス・レーシング 香港の旗 デビッド・チェン
フランスの旗 レオ・ルーセル
モーガン・LMP2-日産 LMP2 334 19位 9位
2016年 中華人民共和国の旗 バクシ・DCレーシングアルピーヌ アメリカ合衆国の旗 デビッド・チェン
フランスの旗 ネルソン・パンシアティッシ
アルピーヌ・A460-日産 LMP2 234 DNF DNF
2017年 中華人民共和国の旗 ジャッキー・チェン・DCレーシング フランスの旗 トーマス・ローラン
イギリスの旗 オリバー・ジャービス
オレカ・07-ギブソン LMP2 366 2位 1位
2018年 フランスの旗 ガブリエル・オーブリー
モナコの旗 ステファン・リチェルミ
LMP2 356 10位 6位
2019年 フランスの旗 ガブリエル・オーブリー
モナコの旗 ステファン・リチェルミ
LMP2 367 7位 2位
2020年 フランスの旗 ガブリエル・オーブリー
イギリスの旗 ウィル・スティーブンス
LMP2 141 DSQ DSQ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ルノー ペトロフの起用を正式発表 - GPUpdate.net・2010年1月31日
  2. ^ “ピケJrとホー-ピン・タン、フォーミュラEに参戦”. AutoSports web. (2014年8月21日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=59260 2014年9月14日閲覧。 
  3. ^ “FE:ジャガー、初年度のドライバー布陣発表。冠スポンサーにパナソニック”. AutoSport web(2016年9月9日)2017年1月19日閲覧
  4. ^ "Nelson Piquet Jr joins Jaguar for season four".Formula E.(2017年9月21日).2017年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]