ブッチャー・ブラニガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブッチャー・ブラニガン
プロフィール
リングネーム ブッチャー・ブラニガン
クラッシャー・ブラニガン
ジョー・ブラニガン
キラー・ジョー・ノボ
キラー・ジョー・ノバ
本名 ジョセフ・ノボ[1]
ニックネーム ビッグ・ナスティ[1]
身長 190cm[2]
体重 132kg(全盛時)[2]
誕生日 1948年9月3日[3]
死亡日 (2009-09-07) 2009年9月7日(61歳没)[3]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州の旗 ニュージャージー州
ミドルセックス郡パースアンボイ[3]
スポーツ歴 レスリング[1]
テンプレートを表示

ブッチャー・ブラニガンButcher Brannigan、本名:Joseph Novo1948年9月3日 - 2009年9月7日)は、アメリカ合衆国プロレスラーニュージャージー州パースアンボイ出身[3]

キラー・ジョー・ノボKiller Joe Novo)のリングネームでも知られ、1970年代前半はWWWFアンダーカードにてヒールの中堅選手として活動。ブッチャー・ブラニガンに改名後はオセアニアヨーロッパなど各国を転戦した。

来歴[編集]

1971年よりジョー・ノボまたはジョー・ノバの名義でWWWFに出場。キング・カーティス・イヤウケアプロフェッサー・タナカゴリラ・モンスーンチーフ・ジェイ・ストロンボースパイロス・アリオンフレッド・カリーらメインイベンターのジョバーを務め、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンではエドワード・カーペンティアとの対戦も組まれた[4]

1972年7月、キラー・ジョー・ノボのリングネームで末期の日本プロレスに初来日。7月28日の後楽園ホール大会では、ジャイアント馬場とシングルマッチで対戦している[5]。翌1973年からはジョー・ノボ名義でのWWWF出場と並行して、南部西海岸NWA圏およびカナダではブッチャー・ブラニガンと名乗って活動。ジョージアではボブ・アームストロングミスター・レスリング2号と対戦[6]ロサンゼルスでは1974年にマンマウンテン・マイクと巨漢コンビを組み、アンヘル・ブランコ&ドクトル・ワグナーポークチョップ・キャッシュ&ビクター・リベラとNWAアメリカス・タッグ王座を争った[7]

1975年5月、キラー・トーア・カマタらと共に国際プロレスに来日。エースのラッシャー木村金網デスマッチで対戦し、ジェフ・ポーツをパートナーにIWA世界タッグ王座の争奪戦にも出場した(1回戦でグレート草津&マイティ井上に敗退)[8]。国際プロレスと提携していたカルガリースタンピード・レスリングでは、タワーリング・インフェルノドン・ガニアと組んでエディ&ジェリー・モローのインターナショナル・タッグ王座に度々挑戦した[9]

1977年より南半球オセアニア地区に進出し、翌1978年にかけてオーストラリアを主戦場に活動。バグジー・マグローキラー・カール・クラップオックス・ベーカージョー・ルダックブルーザー・ブロディなど北米から参戦してくるヒール勢と共闘し、現地ベビーフェイスのラリー・オーディやロン・ミラーと抗争。リック・マーテルアンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦した[1]

帰米後は古巣のロサンゼルス地区にて、プロフェッサー・イトーレロイ・ブラウンアル・マドリルトム・プリチャードミル・マスカラスらと対戦。1980年8月29日にはLAにスポット参戦したボブ・バックランドWWFヘビー級王座に挑戦した[10]。オセアニアでの活動も続け、ニュージーランドでは1981年9月17日、スティーブ・リッカードを破りNWA英連邦ヘビー級王座を奪取している[11]

1982年ヨーロッパにも遠征し、イギリスではロンドンロイヤル・アルバート・ホールにてピート・ロバーツと対戦[12]。同年秋にはドイツハノーバー・トーナメントに出場、ビッグ・ジョン・クイン、アクセル・ディーター、クラウス・カウロフ、スティーブ・ライトトニー・セント・クレアーミレ・ツルノエド・ウィスコスキーらと優勝を争い、ムース・モロウスキーとも大型タッグチームを結成した[13]。キャリア末期の1983年にはニュージーランドにて、前王者パット・オコーナーの返上で空位となっていたNWA英連邦ヘビー級王座を再び獲得している[11]

引退後は故郷のニュージャージーにて刑務官に転じた[1]2009年9月7日、腎不全と心臓病のため死去[1]。61歳没。  

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAハリウッド・レスリング
  • NWAビート・ザ・チャンプTV王座:1回[14]
  • NWAアメリカス・タッグ王座:1回(w / マンマウンテン・マイク)[7]
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
オールスター・プロレスリング(ニュージーランド)
  • NWA英連邦ヘビー級王座:2回[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f "Big, nasty" Butcher Brannigan was really a good guy”. SLAM! Sports. 2014年3月3日閲覧。
  2. ^ a b Wrestlers Database: Butcher Brannigan”. Cagematch.net. 2014年3月3日閲覧。
  3. ^ a b c d Butcher Brannigan”. Wrestlingdata.com. 2014年3月3日閲覧。
  4. ^ WWWF on HBO”. Cagematch.net. 2014年3月3日閲覧。
  5. ^ JWA 1972 Summer Big Series I”. Puroresu.com. 2016年4月17日閲覧。
  6. ^ The GCW matches fought by Butcher Brannigan in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年3月3日閲覧。
  7. ^ a b NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2014年3月3日閲覧。
  8. ^ IWE 1975 Big Challenge Series”. Puroresu.com. 2016年4月17日閲覧。
  9. ^ The Stampede matches fought by Butcher Brannigan in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年3月3日閲覧。
  10. ^ The Los Angeles matches fought by Butcher Brannigan in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年3月5日閲覧。
  11. ^ a b c NWA British Empire Heavyweight Title [New Zealand]”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月3日閲覧。
  12. ^ Butcher Brannigan fought at United Kingdom in the year 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年3月3日閲覧。
  13. ^ Butcher Brannigan fought at Germany in the year 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年3月3日閲覧。
  14. ^ NWA Beat the Champ Television Title”. Wrestling-titles.com. 2014年3月3日閲覧。
  15. ^ NWA Austra-Asian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]