フィアット・バルケッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィアット・バルケッタ
フィアット・ニューバルケッタ
前期型(1995年-2002年)
Fiat Barchetta 001.JPG
前期型 リア
Fiat Barchetta black hl.jpg
前期型 室内
Fiat Barchetta, Bj. 1997 - Cockpit.jpg
販売期間 1995年-2007年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアオープンカー
エンジン 1.8L 直4 188A6型
駆動方式 FF
最高出力 96kW(130PS)/6,300rpm
最大トルク 前期型
164Nm(16.7kgm)/4,300rpm
後期型
158N·m(16.1kg·m)/4,300rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前: ストラット式
後: フルトレーリングアーム式
全長 3,920mm(前期型)
3,895mm(後期型)
全幅 1,640mm(前期型)
1,655mm(後期型)
全高 1,265mm(前期型)
1,275mm(後期型)
ホイールベース 2,275mm
車両重量 1,090kg(前期型)
1,110kg(後期型)
先代 X1/9(実質)
後継 124スパイダー(2代目、実質)
-自動車のスペック表-

バルケッタBarchetta )とは、イタリア自動車メーカーであるフィアットが生産・販売していた2シーターロードスターヨーロッパ内のみならず日本にも輸入され、フィアットオートジャパンで販売されていた。

車名の由来は、イタリア語で「小」を意味するバルケッタ(Barchetta )である。

イタリア製のライトウェイトスポーツカーを代表する車の1つである。

外装デザインは当時フィアット社に在籍していたギリシャ人の自動車デザイナーである アンドレアス・ザパティナスの原案を元に開発されたものである。

歴史[編集]

初代(1995年-2002年)[編集]

フィアットとしてはフィアット・X1/9以来、久々の小型スポーツカーとして1995年に発売される。プラットフォームはフィアット・プントのものをベースとした横置きエンジンの前輪駆動車だが、オープン化に伴い大幅な強化が行われている。ホイールベースはスポーティーなハンドリングを得るため、プントよりも短縮されている。トランスミッションは5速MTのみ。左ハンドル仕様のみの設計であり、左側通行である日本イギリスへの正規輸出はされたものの、特にイギリスでは右ハンドル仕様の不在がセールスの足を引っ張った。

デザインは内外装ともフィアット社内によるもので、かつてのフィアット・850スパイダーを想起させるレトロな外観が特徴であるが、フィアットによると細部のデザインは古いフェラーリやジャガーからヒントを得た部分もあるという。

生産は、ランチア・デルタHFインテグラーレの生産を担当していた、カロッツェリア・マッジョーラに委託された。

エンジンは専用開発の、可変バルブタイミング機構付1,747cc、最高出力130PS(96kW)/6,300rpm、最高トルク16.7kgf·m(164Nm)/4,600rpmのDOHCエンジンを搭載する。このクラスの自然吸気エンジンとしてはごく平均的な数値であるが、車重が1,090kgと軽めであるため加速が良く、モータースポーツにおいては、より排気量の大きなエンジンを積むアルファ・ロメオ145、147や155、156とも対等に渡り合う姿が見られる。

バルケッタは1995年(日本では1996年)から2002年まで生産・販売されていた。その後、2004年に後述のニューバルケッタが発表されるまで市場から姿を消していた。

2代目(2004年-2005年)[編集]

バルケッタの後継として日本国内では2004年7月に発表されたのがフィアット・ニューバルケッタである。

基本的には初代のマイナーチェンジモデルであり、シャシやエンジンに大きな変更はないが、ホイールタイヤのサイズが15inから16inに拡大され(195/55R15 → 195/45R16)、初代ではオプションだったアルミホイールが標準装備となった。 外装は当時流行していたシングルフレームグリルを採用し、フロントバンパー、リアバンパーのデザインなどが変更された。 これにより、初代のモデルよりも上質さを感じさせるデザインとなったが、車両重量も20kg増加している。

初代のバルケッタとは異なり、生産はフィアット社内で行われていた。

関連項目[編集]