ヒポクリシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒポクリシー
Hypocrisy
Hypocrisy band.jpg
2006年
基本情報
別名 セディシャス (Seditious) (1988-1990)[1]
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
コッパルベリ県 ルドヴィーキャ
ジャンル メロディックデスメタル
デスメタル
活動期間 1988年 -
レーベル ニュークリア・ブラスト
ビクター・エンタテインメント
アヴァロン・レーベル
日本コロムビア
公式サイト hypocrisy.cc
メンバー ピーター・テクレン (ボーカルギターキーボード)
ミカエル・ヘッドルンド (ベース)
ホルグ (ドラム)
旧メンバー マッセ・ブロベリ (ボーカル)
ヨナス・エステルベリ (ギター)
アンドレアス・ホルマ (ギター)
ラーズ・スゥーケ (ドラム)

ヒポクリシー(Hypocrisy)は、スウェーデンデスメタル/メロディックデスメタルバンド。初期は、普通のデスメタルを演奏するバンドであったが、1990年代後半からはメロディを取り入れ、メロディックデスメタルにカテゴライズされることも多い。ヘヴィメタルバンドには珍しく、活動の大部分が3人体制である。

現在までにフルアルバム11枚をリリースしているベテランバンドであり、デビューから一貫してニュークリア・ブラストと契約している。

略歴[編集]

1988年スウェーデンレコーディング・スタジオアビス (The Abyss)[2]オーナーピーター・テクレンのソロプロジェクトとして立ち上げられた[1]。立ち上げ時の名前は、セディシャス (Seditious)[1]1990年頃にヒポクリシー (Hypocrisy)に名前を変更している。1991年に『Rest in Pain』と題される3曲入りデモテープレコーディングするが、ピーターが自身のボーカルパートの出来に満足できずレコード会社への送付は行われなかった[1]。このデモは、後にリリースされた『10 Years of Chaos and Confusion』(2001年リリース)の限定盤ボーナスディスクに『Demo '91』として収録された。

1992年初頭に、更に2曲を追加して再度『Rest in Pain』をレコーディングする[1]。このデモでは、マッセ・ブロベリ (Vo)がボーカリストとして参加している[1]。ピーターはこのデモを2つのレコード会社へ送付し、そのうち返答を返してきたニュークリア・ブラストと契約に至った[1]。これを受けて、ピーターはマッセと共にこのプロジェクトをバンドとして活動していくことにしている[1]。このデモも、前述の『Demo '91』と同じく『10 Years of Chaos and Confusion』(2001年リリース)の限定盤ボーナスディスクに『Demo '92』として収録された。

マッセの元バンドメイトのミカエル・ヘッドルンド (B)、ピーターの元バンドメイトのラーズ・スゥーケ (Ds)、そしてラーズのバンドメイト、ヨナス・エステルベリ (G)が加入してバンド体制が確立された[1]。同年中に1stアルバム『Penetralia』をニュークリア・ブラストからリリースしデビューする。リリース後ヨナス・エステルベリが脱退。翌1993年に2ndアルバム『Osculm Obscenum』をリリース。リリース後マッセ・ブロベリが脱退し、ピーター・テクレンが再度ボーカルも担当することになる。

1994年に3rdアルバム『The Fourth Dimension』、1996年に4thアルバム『Abducted』をリリースするなど順調に活動しているかに見えたが、ニュークリア・ブラストからのサポートが十分ではなかったこと、ピーター・テクレン以外のバンドメンバーがバンド活動に対して非協力的だったことから、次アルバムを持って解散という危機に瀕していた。実際、1997年リリースの5thアルバム『The Final Chapter』のアルバムタイトルからもその状況がうかがえる。

しかし、5thアルバムリリース後ニュークリア・ブラストとバンドメンバーの対応が変わったことから、ピーター・テクレンは解散を保留する。そして翌1998年ヴァッケン・オープン・エアでの成功で解散を撤回した。この時のライブの様子は、VHS及びCDで『Hypocrisy Destroys Wacken』と題されリリースされた。

その後も毎年のようにアルバムをリリースしたり、ライブアルバムをリリースするなど精力的に活動していた。2004年に1993年以降不変だったバンドメンバーに変動が起こる。ドラマーのラーズ・スゥーケが脱退し、ホルグが加入。また、ギタリストとしてアンドレアス・ホルマが加入。バンドが3人体制から4人体制に変化した。2005年に10thアルバム『Virus』をリリースする。翌2006年にはアンドレアス・ホルマが脱退し、再び3人体制になっている。

2009年には11thアルバム『A Taste of Extreme Divinity』をリリース。2013年に12thアルバム『End of Disclosure』をリリースしている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

バンドの中心人物。バンドとしての活動初期は、ギター専任だった。7thアルバムInto the Abyss頃は、7弦ギターを使用していた。
イモータルでも活動している。

旧メンバー[編集]

ダーク・フューネラルデモノイドウィッチリーでも活動。
  • ヨナス・オステルベリ (Jonas Österberg) - ギター
  • アンドレアス・ホルマ (Andreas Holma) - ギター
スカー・シンメトリーでも活動。
  • ラーズ・スゥーケ (Lars Szöke - ドラム

ライブメンバー[編集]

  • マティアス・カミヨ (Mathias Kamijo) - ギター
1996年から、2004年頃のライブにかけて参加。ライブアルバム『Hypocrisy Destroys Wacken』には、メンバーと同じようにクレジットされている。
  • クラス・イーデバリー (Klas Ideberg) - ギター
2006年のライブに参加。ダーケインテラー2000ザ・ディフェイスドで活動。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

ライブアルバム[編集]

ベストアルバム[編集]

デモ[編集]

  • 1991年 Rest in Pain
  • 1992年 Rest in Pain

シングル・EP[編集]

映像作品[編集]

  • 1999年 Hypocrisy Destroys Wacken
  • 2001年 Live & Clips
  • 2011年 Hell over Sofia - 20 Years of Chaos and Confusion

スプリットアルバム[編集]

  • 1992年 Nuclear Blast Sampler (Afflicted、Resurrection、SinisterとのスプリットCD)
  • 1996年 Hypocrisy / Meshuggah (メシュガーとのスプリットCD)
  • 2001年 Nuclear Blast Festivals 2000 (Raise Hell、カタクリズムデストラクション、CrematoryとのスプリットCD)
  • 2009年 Valley of the Damned / Hordes of War (イモータルとのスプリットCD)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Tägtgren, Peter (2001年). “10 Years of Chaos and Confusion Disc2 (Rest in Pain)” (英語) (ペーパースリーヴ). 『10 Years of Chaos and Confusion』. ヒポクリシー. ドイツ: ニュークリア・ブラスト. NB631-2. 
  2. ^ 媒体によって、アビス・スタジオ (Abyss Studio)やスタジオ・アビス (Studio Abyss)といったような表記もなされる。

外部リンク[編集]