パリメトロ2号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルベス=ロシュシュアール駅
高架橋

パリメトロ2号線(パリメトロ2ごうせん、Ligne 2 du métro de Paris)は、パリ交通公団が運営するフランスパリメトロ路線の一つ。パリ市西部のポルト・ドーフィヌ駅と東部のナシオン駅を結ぶ。ほぼフェルミエー・ジェネローの城壁跡に沿ってパリの北半分を回る半環状路線である。

概要[編集]

1860年までフェルミエー・ジェネローの城壁がパリの外側を画していた。2号線は概ねこの壁北半分の跡に沿って走る。

2号線は1900年に開業し、1903年に現在の全線が開通した。なお開業時点では2号線は現6号線の一部を含む名称であり、現2号線部分は2号北線(ligne 2 nord)と呼ばれていた。2号南線の方が先に開業していたため、2号線はパリで3番目に古いメトロ路線と言える。ただし全線開通は南線より早く、また先に開通した1号線は後に郊外へ延伸されたため、現在の全線が開通したのは2号線がもっとも古い。

2号線の大部分は地下を走っているが、バルベス=ロシュシュアール駅西方からコロネル・ファビアン駅北方までの2kmは道路の中央部に設けられた高架線となっている。2号線はこの区間でパリ北駅パリ東駅からのフランス国鉄線、さらにサン・マルタン運河と交差するが、建設当時の技術(開削工法)ではこれらの下を潜るトンネルを掘るのは難しかったためである。なおサン・ラザール駅からの国鉄線と交差する部分では、この部分の国鉄線が掘割状になっていることを利用し、2号線は道路の地下だが国鉄線よりは上を通っている。

パリメトロ2号線の路線図

路線データ[編集]

歴史[編集]

1898年のメトロ整備計画では、2号線(B線)はフェルミエー・ジェネローの城壁跡に沿ってパリを一周する環状路線とされていた。またポルト・ドーフィヌ駅 - エトワール駅(現シャルル・ド・ゴール=エトワール駅)間は1号線(A線)の一部とされていた。その後1号線がポルト・マイヨー駅方面に変更されたことにともない、ポルト・ドーフィヌ - エトワール間を2号線に編入し、環状運転は行わずに北線と南線に分けられることになった。

建設は西側から進められ、1903年に2号北線の全線が開通した。

1903年8月10日には電気回路の短絡が原因で列車火災が発生し、84人が死亡する惨事となった。詳細はパリメトロ火災を参照。

1907年10月14日に正式に南線と分離され、2号線となった。

車両[編集]

1979年以降はMF 67が使われている。5両編成で1、3、5両目が電動車である。全長は約90m。各車両ごとに片側4つのドアがある。非常時を除き車両間の往来はできない。

2007年から新型のMF 2000が試験的に運行されている。将来は完全にMF 67を置き換える予定である。

車両基地はナシオン駅から東へ進んだプティト・サンチュール沿いのシャロンヌ(Charonne)にある。元は1号線と共用の車両基地だったが、1934年に1号線がシャトー・ド・ヴァンセンヌまで延伸されてフォンテネーに車両基地を移したため、2号線専用になった。大規模な検査や改修作業は7号線のショワシー(Choisy)車両基地で行われる。

駅一覧[編集]

モンソー駅 入口
バルベス=ロシュシュアール駅 地上部分
ナシオン駅 ホーム
  • ナシオン駅 (Nation)
    • 接続路線 : メトロ169号線RER A線
    • 線路はナシオン広場の地下を一周するループ線状になっており、その途中に島式ホーム1面2線がある。ループ線は一方通行だが線路は2本あり、片方は留置線として用いられる。また駅の東側にも4本の留置線があり、その先はシャロンヌ車両基地へ続いている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

  • RATP (フランス語他)