RER D線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヌーヴ=サン=ジョルジュ駅

RER D線RER(Réseau express régional d'Île-de-France、イル=ド=フランス地域圏急行鉄道網)の5つの路線のうちの1つである。

D線は、パリ北駅(Gare du Nord)から北部へ向かう路線と、リヨン駅から南東へ伸びる路線が、パリ市街地を南北に結ぶ地下新線によりシャトレ-レ・アル駅経由で直通運転をしている。

フランス国鉄(SNCF)により運営されており、1987年、B線が使用していたパリ北駅の地下ホームと、北部へ向かう地上線が接続され、D線が開業した。1994年には、A線が使用していたリヨン駅の地下ホームと、南東部へ向かう地上線も結ばれて、D線はパリ市内を縦断して南北の郊外を直結するようになった。

RERでは一番遠距離まで運行される路線で、北ではD1のオリ=ラ=ヴィル=コイ、南ではD2のメレンとD4のマレゼルブまで足を伸ばしている。RERで唯一、カルトランジュ(一種の定期券)が使えない駅を3箇所持っている路線でもある。

路線図[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]