オルリーヴァル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オルリーヴァル
オルリー - シュド駅に到着するオルリーヴァル・シャトル
オルリー - シュド駅に到着するオルリーヴァル・シャトル
基本情報
フランスの旗 フランス
所在地 パリ=オルリー空港
駅数 3
輸送実績 3.1百万人 (2013年)
開業 1991年10月2日
使用車両 VALフランス語版 206
路線諸元
路線距離 7.3 km
線路数 単線
路線図
Orlyval.gif

正縮尺路線図
テンプレートを表示

オルリーヴァル: Orlyval)は、フランス共和国パリにある自動化ライトメトロ・シャトルサービスである。RER B線アントニー駅英語版オルリー空港を連絡しており、アントニー駅を経由してパリ市内のRER交通網に連絡することができる。

概要[編集]

オルリーヴァルは、1991年10月2日に開業しており、リール・メトロの後に続いてVAL英語版自動化メトロ・システムを使用する2番目の路線である。

建設は論争の的であった:空港への公共交通機関連絡線と競合する提案は、RERと統合された鉄道路線を含んでおり、空港を取り扱う様々な起源の列車を有することができた。 シャトルのオプションは、少なくとも残りの交通網と統合するように見られた。 しかしながら、小さなサイズであったVALは、空港への設置が可能であり、特にオルリー - ウエスト駅は、西ターミナル「オルリー・ウエスト」と同じ階層にあり、かつターミナルに非常に近かった。

当初は、マトラによって私的に運行されたが、利益を出すには建設および運行に掛かる経費が余りにも高かったため、公的に所有されていたRATPに移管された。 オルリーヴァルは、パリ地域内で唯一、カルトランジュ旅行パスが無効となる公共交通機関連絡線であった。

オルリーヴァルでは、アントニー駅および空港間の乗車には実質的な9ユーロ (€) の片道運賃(パリ中心部のあらゆるゾーンの1駅からの統合乗車券では11.65ユーロ (€))が請求され、Mobilis英語版当日乗車券の利用は認められていない。 (5つの全ゾーンが支払われている場合には)より高価なCarte Paris Visite英語版が受け入れられている。

オルリーヴァルの駅一覧[編集]

RERおよびメトロの乗り換え案内図

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]