パリメトロ10号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミラボー駅 (2006年10月)

パリメトロ10号線 (パリメトロ10ごうせん、Ligne 10 du métro de Paris) は、フランスパリメトロ地下鉄)路線のひとつ。パリ交通公団(RATP)が運営する。パリの西、ブローニュ=ポン・ド・サン=クル駅と東部のオステルリッツ駅を結ぶ。

概要[編集]

パリメトロ10号線は、パリメトロ地下鉄)路線のひとつで、パリ西部のブローニュの森に近いブローニュ=ポン・ド・サン=クル駅から東へ延びてセーヌ川を渡り、セーヌ川南岸地域を東西に横切って、オステルリッツ駅に至る。途中、ブローニュ=ジャン・ジョレス駅から南北に分岐し、ジャベル=アンドレ・シトロエン駅で合流する。

1923年、開業。以降、延伸工事が繰り返され、1981年、現在の形となった。

路線データ[編集]

  • 路線距離: 11.7km
  • 軌間:
  • 駅数: 23
  • 複線区間:
  • 電化区間:

沿線概況[編集]

パリメトロ10号線路線図

10号線西端のブローニュ=ポン・ド・サン=クル駅は、パリ西郊の都市であるブローニュ=ビヤンクールに位置している。路線は、ここからパリ南部に向かって東に伸び、ブローニュ=ジャン・ジョレス駅の先で南北に分岐する。北側の分岐線は、ポルト・ドートゥイユ駅ミケランジュ=オートゥイユ駅などを経由してセーヌ川を渡り、ジャベル=アンドレ・シトロエン駅で南側の分岐線に合流する。南側の分岐線は、ミケランジュ=モリトール駅シャルドン=ラガシュ駅などを経てセーヌ川を渡り、ジャベル=アンドレ・シトロエン駅で北側の分岐線に合流する。北側の分岐線は西のブローニュ=ポン・ド・サン=クル駅方面への、南側の分岐線は東のオステルリッツ駅方面への一方通行となっている。

南北分岐線の合流後は、蛇行があるものの、ほぼ東に向けて路線は進む。ジャベル=アンドレ・シトロエン駅から、ラ・モット=ピケ=グルネル駅を経て陸軍士官学校ユネスコの横を進み、デュロック駅セーヴル=バビロヌ駅を経て、サンジェルマン・デ・プレカルチェ・ラタンを通過し、終点のオステルリッツ駅に至る。

駅一覧[編集]

ブローニュ方面からオステルリッツ駅へ至る路線だが、途中、ブローニュ=ジャン・ジョレス駅ジャベル=アンドレ・シトロエン駅の区間で南北に分岐する。

ブローニュ方面から分岐点まで[編集]

南側の分岐線[編集]

1937年の路線付けかえ(8号線から10号線への移管)

この分岐線の進行方向は、オステルリッツ駅方面への一方通行である。

北側の分岐線[編集]

この分岐線の進行方向は、ブローニュ=ポン・ド・サン=クル駅方面への一方通行である。

南北分岐線の合流からオステルリッツ駅まで[編集]

ジュシュー駅 (2007年5月)


関連項目[編集]

外部リンク[編集]