バッド・チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バッド・チューニング
Dazed and Confused
監督 リチャード・リンクレイター
脚本 リチャード・リンクレイター
製作 ジェームズ・ジャックス
ショーン・ダニエル
リチャード・リンクレイター
出演者 ジェイソン・ロンドン
ウィリー・ウィッギンス
ミラ・ジョヴォヴィッチ
マシュー・マコノヒー
ベン・アフレック
撮影 リー・ダニエル
編集 サンドラ・エイデアー
製作会社 グラマシー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 グラマシー・ピクチャーズ
日本の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年9月24日
日本の旗 2016年11月5日[1]
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

バッド・チューニング』(原題: Dazed and Confused)は、1993年アメリカ合衆国青春映画リチャード・リンクレイターの監督作品。

日本では1994年にビデオスルーされ[2]JSB(現WOWOW)で『新アメリカン・グラフィティ/クールで行こう』のタイトルで放映された[3]。2016年になって東京・新宿武蔵野館で初めて劇場上映された[4]

ストーリー[編集]

1976年のテキサス。田舎の高校には先輩から新入生への洗礼の儀式が受け継がれていた。新入生は必死に逃げつつ高校生活に期待し、上級生は洗礼を行いながらもこれからの未来に不安も抱いている。そして夏休み初日の夜、学生たちはパーティの計画を立てる。しかし計画はなかなかうまく進まずハプニングだらけ。ロックン・ロール、アルコールにドラッグと自由奔放に青春を謳歌する若者たちのめまぐるしい一夜の物語。

キャスト[編集]

役名 俳優 Netflix
日本語吹替
ランドール・“ピンク”・フロイド ジェイソン・ロンドン
ドン・ドーソン サッシャ・ジェンソン 岡井カツノリ
ミッチ・クレイマー ウィリー・ウィッギンス英語版 平野潤也
ジョディー・クレイマー ミシェル・バーク
サイモン・カー ジョーイ・ローレン・アダムス
ロン・スレーター ロリー・コクレーン
デイヴィッド・ウッダーソン マシュー・マコノヒー
ベニー・オドネル コール・ハウザー
ミシェル・バロウズ ミラ・ジョヴォヴィッチ
フレッド・オバニオン ベン・アフレック
レネー・ゼルウィガー
ビール配達人 ジョン・スワーシー英語版

出典[編集]

外部リンク[編集]