ナザレス (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナザレス
Nazareth
2016 Nazareth - by 2eight - 8SC5583.jpg
ドイツ・ニュルンベルク公演 (2016年12月)
基本情報
出身地 スコットランドの旗 スコットランド
ファイフ州ダンファームリン
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
活動期間 1968年 - 現在
レーベル Pegasus Records
Mooncrest Records
A&Mレコード
ヴァーティゴ
Mountain Records
MCAレコード
Griffin
ポリドール・レコード
SPV
Edel Records
Union Square Music
公式サイト nazarethdirect.co.uk
メンバー ピート・アグニュー (B)
カール・センタンス (Vo)
ジミー・マリソン (G)
リー・アグニュー (ドラムス)
旧メンバー ダン・マッカファーティー (Vo)
マニー・チャールトン (G)
ダレル・スウィート (Ds)
ほか別記参照
バンド ロゴ

ナザレス (Nazareth) は、スコットランド出身のハードロックバンド

HR/HMの確立に貢献したブリティッシュ・ロックグループの一つとして、約50年の長い活動歴を誇る。

経歴・概要[編集]

1968年ダンファームリンで結成。

1971年に『ナザレス』でアルバム・デビュー。ディープ・パープルの前座を務めた際、パープルのメンバーから実力を評価され、1973年発表アルバム『ラザマナズ(Razamanaz)』ではロジャー・グローヴァーがプロデュースを担当した。このアルバムでバンドの基礎を固めると同時に、イギリスのみならずアメリカでも評価を上げる。

1974年にシングル化されたバラードで、エヴァリー・ブラザーズのカバーである「ラヴ・ハーツ(Love Hurts)」は最大のヒット曲となり、アメリカでゴールドディスクを獲得。1975年発表のアルバム『人食い犬(Hair of the Dog)』のアメリカ盤にもこの曲が収められている。これによってブリティッシュ・ハードロックの中堅としての地位を確実にした。

その後は爆発的なヒットこそないものの堅実に活動を続け、2008年現在で約25枚のアルバムを発表した。

正統派のロックンロールやバラードを得意にしているが、マッカファーティーのハイトーンかつパワフルなボーカルがバンドに唯一無二の個性を与えている。最初期のヒット曲「バッド・バッド・ボーイ(Bad Bad Boy)」(1973年のシングル)にその特徴がよく現れている。

バンド名がザ・バンドの曲「ザ・ウェイト」の歌詞から採られたこと、エヴァリー・ブラザーズやボブ・ディランのナンバーをカヴァーしていることからも分かる通り、元からアメリカのロックへの志向があり、イギリスのハードロック勢の中でも特にアメリカでの名声が高い。アクセル・ローズが敬愛していることでも知られ、歌唱法や音楽性に影響が聞き取れる。

メンバー[編集]

1979年から2年間はティア・ガスセンセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドに所属していたギタリスト、ザル・クレミンソンが追加加入していた。また1999年にスウィートが急死したため、ピートの息子であるリー・アグニューが参加している。2017年時点で、オリジナルメンバーはピート・アグニューのみ在籍[1]

オリジナル・ラインナップ - USA.サウスベンド公演 (1976年6月)

オリジナル・ラインナップ[編集]

  • ダン・マッカファーティー Dan McCafferty - ボーカル
  • マニー・チャールトン Manny Charlton - ギター
  • ピート・アグニュー Pete Agnew - ベース
  • ダレル・スウィート Darrell Sweet - ドラムス

現ラインナップ[編集]

  • カール・センタンス Carl Sentance - ボーカル (2015- )
  • ピート・アグニュー Pete Agnew - ベース (1968- )
  • ジミー・マリソン Jimmy Murrison - ギター (1994- )
  • リー・アグニュー Lee Agnew - ドラムス (1999- )

旧メンバー[編集]

  • ダン・マッカファーティー Dan McCafferty - ボーカル (1968-2013)
  • ダレル・スウィート Darrell Sweet - ドラムス (1968-1999) RIP.1999
  • マニー・チャールトン Manny Charlton - ギター (1968-1990)
  • ザル・クレミンソン Zal Cleminson - ギター (1978-1980)
  • ビリー・ランキン Billy Rankin - ギター (1980-1983, 1990-1994)
  • ジョン・ロック John Locke - キーボード (1980-1982) RIP.2006
  • ロニー・レイフィー Ronnie Leahy - ボーカル (1994-2002)
  • リントン・オズボーン Linton Osborne - ボーカル (2014-2015)

ディスコグラフィー[編集]

主なアルバム[編集]

  • 『ナザレス』(Nazareth) 1971
  • 『エクササイズ』(Exercises) 1972
  • 『ラザマナズ』(Razamanaz) 1973
  • 『威光そして栄誉』(Loud 'n' Proud) 1974
  • 競獅子』(Rampant) 1974
  • 人食い犬』(Hair of the Dog) 1975 別邦題『ヘアー・オブ・ザ・ドッグ』
  • 『Greatest Hits』 1975
  • 『宿命のロックン・ローラー』(Close Enough for Rock 'n' Roll) 1976
  • 『Hot Tracks』 1976
  • 『プレイン・ザ・ゲーム』(Play 'n' the Game) 1976
  • 『無情の剣』(Expect No Mercy)1977
  • 『ノー・ミーン・シティ』(No Mean City) 1979
  • 『マリス・イン・ワンダーランド』(Malice in Wonderland) 1980
  • 『ザ・フール・サークル』(The Fool Circle) 1981
  • 『スナッズ』(Snaz) 1981
  • 『2XS』(2XS) 1982
  • 『サウンド・エリクシール』(Sound Elixir) 1983
  • 『The Catch』 1984
  • 『The Ballad Album』 1985
  • 『Cinema』 1986
  • 『Snakes 'n' Ladders』 1989
  • 『The Ballad Album Vol.2』 1989
  • 『BBC Radio 1 Live in Concert』 1991
  • 『No Jive』 1991
  • 『From the Vaults』 1993
  • 『Move Me』 1994
  • 『Boogaloo』 1998
  • 『Greatest Hits Volume II』 1998
  • 『Live at the Beeb』 1998
  • 『The Very Best of Nazareth』 2001
  • 『Homecoming』 2002
  • 『Alive and Kicking』 2003
  • 『Maximum XS: The Essential Nazareth』 2004
  • 『The River Sessions Live 1981』 2004
  • 『Live in Brazil』 2007
  • 『The Newz』 2008
  • 『Big Dogz』 2011
  • 『Rock 'n' Roll Telephone』 2014[2]

ソロ・アルバム[編集]

ダン・マッカファーティー
  • 『Dan McCafferty』 1975
  • 『Into the Ring』 1987

脚注[編集]

外部リンク[編集]