僕と彼女とオーソン・ウェルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
僕と彼女とオーソン・ウェルズ
Me and Orson Welles
監督 リチャード・リンクレイター
脚本 ホリー・ジェント・パルモ
ヴィンス・パルモ
原作 ロバート・カプロウ
製作 アン・カーリ
リチャード・リンクレイター
マーク・サミュエルソン
製作総指揮 スティーヴ・クリスティアン
スティーヴ・ノリス
ジョン・スロス
出演者 ザック・エフロン
クリスチャン・マッケイ
クレア・デインズ
撮影 ディック・ポープ
編集 サンドラ・アデア
製作会社 CinemaNX
Isle of Man Film 他
配給 アメリカ合衆国の旗 Freestyle Releasing
イギリスの旗 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年11月25日
イギリスの旗 2009年12月4日
上映時間 114分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $1,190,003[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$2,336,172[1] 世界の旗
テンプレートを表示

僕と彼女とオーソン・ウェルズ』(ぼくとかのじょとオーソン・ウェルズ、原題: Me and Orson Welles)は2009年のイギリスの映画

日本劇場未公開だが2011年10月1日WOWOWで放送され、同年11月4日DVDが発売された。

1930年代ニューヨークを舞台に、若き日のオーソン・ウェルズと出会った役者志望の高校生を描いたロバート・カプロウの小説を映画化した作品。

本作でオーソン・ウェルズを演じたクリスチャン・マッケイの演技が高く評価された(後述)。

ストーリー[編集]

1937年11月ニューヨーク。俳優を目指す高校生のリチャードは、ある日、ブロードウェイの劇場前で揉めている劇団と出くわし、新進の演出家であり俳優、後に伝説的映画作家となるオーソン・ウェルズと出会う。ウェルズは自ら主催する「マーキュリー劇団」の舞台『ジュリアス・シーザー』で、ルシアス役の俳優を気まぐれに解雇したばかりで、そんな時に現れたリチャードを、これまた気まぐれにルシアス役に起用する。憧れの演劇の世界に胸を躍らせるリチャードは、劇団の制作助手を務める年上の女性・ソニヤに魅かれていく。しかし、彼女はウェルズの愛人という噂もある女性だった。トラブル続きの稽古や、不遜なカリスマであるウェルズに翻弄されながら、舞台デビューを目指すリチャードの姿と、ソニヤとの恋のゆくえが描かれる。

登場人物[編集]

映画賞[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
英国アカデミー賞[2] 助演男優賞 クリスチャン・マッケイ ノミネート
インディペンデント・スピリット賞 助演男優賞 クリスチャン・マッケイ ノミネート
英国インディペンデント映画賞 ニューカマー賞 クリスチャン・マッケイ ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 インディペンデント映画賞(トップ10作品の1つ) 受賞
放送映画批評家協会賞 助演男優賞 クリスチャン・マッケイ ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 ブレイクスルー演技賞 クリスチャン・マッケイ ノミネート
オースティン映画批評家協会賞 ブレイクスルー・アーティスト賞 クリスチャン・マッケイ 受賞
オースティン映画賞 リチャード・リンクレイター
ユタ映画批評家協会賞 助演男優賞 クリスチャン・マッケイ 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Me and Orson Welles (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2011年10月1日閲覧。
  2. ^ Film Nominations 2009”. 英国アカデミー賞. 2011年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]