バックコーラスの歌姫たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バックコーラスの歌姫たち
20 Feet from Stardom
監督 モーガン・ネヴィル
製作 ギル・フリーセン
ケイトリン・ロジャース
モーガン・ネヴィル
出演者 ダーレン・ラヴ
メリー・クレイトン
ジュディス・ヒル
リサ・フィッシャー
クラウディア・リニア
タタ・ヴェガ
撮影 ニコラ・マーシュ
グラハム・ウィロビー
編集 ダグラス・ブラッシュ
ジェイソン・ゼルデス
Kevin Klauber
製作会社 トレモロ・プロダクションズ
ギル・フリーセン・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ラディウス=ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 コムストック・グループ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年1月17日サンダンス
アメリカ合衆国の旗 2013年6月14日
日本の旗 2013年12月14日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $4,752,645[1]
テンプレートを表示

バックコーラスの歌姫たち』(バックコーラスのディーバたち、20 Feet from Stardom)はアメリカ合衆国で製作されたドキュメンタリー映画。

内容[編集]

マイケル・ジャクソンミック・ジャガーブルース・スプリングスティーンスティーヴィー・ワンダースティングなどの音楽界のトップスターを影で支えてきたバックシンガー。しかし、数々のヒット・ソング で記憶に残るハーモニーを訊かせてきた彼女たちの名前が知られることはほとんどない。トップシンガー達と変わらないほどの実力を持ち、いつかはステージのメインに立とうと夢見るバックシンガー。バックシンガーに誇りを持ち、今でも一線で活躍するもの。音楽業界に利用され、夢を打ち砕かれたもの。運に恵まれたもの、そうでなかったもの。これまでスターの影に隠れていた彼女達に初めてスポットライトを当てた本作は、傷つけられても、歌うことに喜びを見出し、音楽を愛し続けた名もなき歌姫たちの人生を描く。

キャスト[編集]

アーカイヴ映像

公開[編集]

2013年1月17日にサンダンス映画祭でプレミア上映された。サンダンスでラディウス=ワインスタイン・カンパニーが配給権を獲得し、2013年6月14日にアメリカ合衆国で一般公開された[2]。他にも、サウス・バイ・サウスウェスト映画祭、トゥルー/フォールス映画祭英語版フル・フレーム・ドキュメンタリー映画祭英語版ハワイ国際映画祭英語版、フィラデルフィア音楽映画祭、リバーラン国際映画祭英語版サンフランシスコ国際映画祭シアトル国際映画祭英語版、モントクレア映画祭といった2013年の多くの映画祭で上映された[3][4][5][6][7]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは74件のレビューで支持率は99%、平均点は8.1/10となった[8]Metacriticでは23件のレビューで加重平均値は83/100となった[9]

参考文献[編集]

  1. ^ 20 Feet from Stardom”. Box Office Mojo. 2013年11月13日閲覧。
  2. ^ Lee, Stephan. “MOVIE PREVIEW Twenty Feet from Stardom (2013)”. Entertainment Weekly. 2013年4月28日閲覧。
  3. ^ 20 Feet from Stardom”. Metacritic (2013年6月14日). 2013年8月27日閲覧。
  4. ^ Lowe, Justin (2013年1月18日). “Twenty Feet From Stardom”. The Hollywood Reporter. 2013年8月27日閲覧。
  5. ^ 20 Feet from Stardom - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  6. ^ Debruge, Peter (2013年1月18日). “Twenty Feet from Stardom”. Variety. 2013年8月27日閲覧。
  7. ^ Google search”. Google. 2013年6月20日閲覧。
  8. ^ 20 Feet from Stardom”. Rotten Tomatoes. 2013年11月13日閲覧。
  9. ^ 20 Feet from Stardom Reviews”. Metacritic. 2013年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]