イカロス (2017年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イカロス
Icarus
監督 ブライアン・フォーゲル
配給 Netflix
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年8月4日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

イカロスは、ブライアン・フォーゲルによって制作された2017年のドキュメンタリー映画。本作品は、アマチュアの自転車選手のフォーゲルが、ロードレースに勝つためにドーピングを試みようとするところから始まる。そのドーピングに関して、ロシア反ドーピング機関所長のグリゴリー・ロドチェンコフの助けを借りていた中で、国際スポーツ界を揺るがすスキャンダルが引き起こされる。

概要[編集]

スポーツ競技におけるステロイド使用に関するドキュメンタリー。監督はブライアン・フォーゲル。自転車選手でもあるフォーゲルは、オートルートのトレーニング中にパフォーマンスをあげる薬物を使用することを決め、アンチ・ドーピング検査をパスできるかを試みようと考えた。フォーゲルは、当初 UCLA のオリンピック分析研究所の創始者であるドン・カトリンにアドバイスを求めた。カトリンは、周囲からの評判を懸念し、実験への関与はよくないと考えた。 代わりにロシア反ドーピング機関所長のグリゴリー・ロドチェンコフを紹介し、彼がドーピングシステムの管理に協力した。ロドチェンコフの手を借り、フォーゲルはホルモン注入と検査時に利用する尿サンプルを使ったシステムを開始した。

フォーゲルとロドチェンコフの関係は短期間で近づいた。実験中にはロドチェンコフが、ロシア選手がパフォーマンスを向上させる薬物を検出することなく使用するのを助けるために独自のシステムをロシアに持っていたことが明らかになった。実験の最中、2014年ソチオリンピックにおいて、ロシアによる国家主導のでドーピングプログラムが実施されたことがドイツの公共放送によって報じられた。その報道の中で、重要人物とされたロドチェンコフは、ロシアから命を脅かされる存在となり、フォーゲルの助けを借りてアメリカへ亡命。そして、カメラの前で、尿サンプルの交換などロシアが行ったドーピングについて証言を行っていく。

評価[編集]

この映画は広く評価され、Rotten Tomatoes において、93%となっている。[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]