インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インサイド・ジョブ
世界不況の知られざる真実
Inside Job
監督 チャールズ・ファーガソン
製作 オードリー・マーズ
チャールズ・ファーガソン
ナレーター マット・デイモン
音楽 アレックス・ヘッフェス
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年10月8日
日本の旗 2011年5月21日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000[1]
興行収入 $7,871,522[1]
テンプレートを表示

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』(原題: Inside Job)は、2010年のドキュメンタリー映画である。第83回アカデミー賞では長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。タイトルの"Inside job"は、インサイダー取引など信頼を受ける立場の人間による内部犯行を意味する。

日本では2011年5月21日に劇場公開。

概要[編集]

リーマン・ショックを始めとする世界金融危機の実態を、専門家や政治家へのインタビューを交えて暴いていゆく。

プロローグ[編集]

2000年、アイスランド政府は外資規制の大幅な規制緩和を行い、同時に国営3大銀行(アイスランド銀行カウプシング銀行グリトニル銀行)を民営化した。銀行は自国GDPの10倍近い1200億ドルを国外取引で借り入れ、アイスランドはバブル景気に沸いた。 たとえば投資会社Baugur GroupのCEOだったJ・A・ヨハネッソンは、銀行から多額の借金をしてロンドンの高級百貨店ハムリーズハウス・オブ・フレーザーを買収したり、マンハッタンのペントハウスを購入した。しかしKPMGなどのアメリカの会計事務所は、アイスランドの金融機関に問題はないとし、ムーディーズなどのアメリカの格付け機関も高評価を与えた。金融監督機関も何もしなかった。そして2008年末、ランズバンキ銀行ほか大銀行が破綻すると、アイスランドの失業者は半年で3倍になった。

その頃アメリカではリーマン・ブラザーズAIGが破綻し、世界各国が景気後退(グローバル・リセッション)に突入していた。

Part I: How We Got Here (これまでの経過)[編集]

Part II: The Bubble (2001–2007)[編集]

Part III: The Crisis[編集]

Part IV: Accountability[編集]

Part V: Where We Are Now[編集]

出演[編集]

受賞・ノミネート[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞 チャールズ・ファーガソン(監督・製作)
オードリー・マーズ(製作)
受賞
サテライト賞 ドキュメンタリー映画賞 ノミネート
全米映画批評家協会賞 ノンフィクション映画賞 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞 受賞
放送映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞 ノミネート
フェニックス映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞 ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞 ノミネート
オンライン映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞 ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞 ノミネート
サウスイースタン映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞 受賞
サンディエゴ映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞 ノミネート
アメリカ製作者組合賞 ドキュメンタリー映画賞 ノミネート
全米監督協会賞 ドキュメンタリー映画賞 チャールズ・ファーガソン 受賞
全米脚本家組合賞 ドキュメンタリー映画脚本賞 受賞
アメリカ映画編集者協会賞 ドキュメンタリー映画編集賞 ノミネート
映画音響編集者組合賞 ドキュメンタリー映画音響賞 ノミネート

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Inside Job (2010)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]