オクトパスの神秘: 海の賢者は語る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オクトパスの神秘: 海の賢者は語る
My Octopus Teacher
監督
  • ピッパ・エアリック
  • ジェームズ・リード
脚本
  • ピッパ・エアリック
  • ジェームズ・リード
製作 クレイグ・フォスター英語版
製作総指揮 エレン・ワインドマス
音楽 ケヴィン・スマット
撮影 ロジャー・ホロックス
編集
  • ピッパ・エアリック
  • ダン・シュヴァルム
製作会社 Netflix
配給 Netflix
公開 ポーランドの旗 2020年9月4日 (MDAG)[1]
世界の旗 2020年9月7日
上映時間 85分
製作国  南アフリカ共和国
言語 英語
テンプレートを表示

オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』(My Octopus Teacher)は、ピッパ・エアリックとジェームズ・リード監督による2020年のNetflixオリジナルのドキュメンタリー映画である。南アフリカの藻場で野生のマダコとの信頼関係を築こうとする映画製作者のクレイグ・フォスター英語版の1年間がとらえられている。

キャスト[編集]

製作[編集]

シー・チェンジ・プロジェクト、オフ・ザ・フランス、ZDFエンタープライズとの提携で『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』はエレン・ワインドマスによって製作総指揮された。監督はピッパ・エアリックとジェームズ・リードが務めた。撮影監督は水中カメラマンのロジャー・ホロックスが務め、彼とフォスター自身が撮った映像が使用された[2][3][4]。同じ場所で彼らによって撮影され、映画では使われなかった水中映像がブルー・プラネットII英語版の第5話で使用された[5]

フォスターはシー・チェンジ・プロジェクトを通してプロデューサーを務め[6]、また彼の妻でインド人の環境ジャーナリストのスワティ・ティヤガラジャン英語版はプロダクション・マネージャーを務めた[7]

フォスターは2010年に撮影を開始した。Netflixオリジナル作品として配信された初の南アフリカの自然ドキュメンタリーとなった[8]

公開[編集]

2020年9月4日にポーランドのミレニアム・ドックス・アゲインスト・グラヴィティ映画祭で上映された[1]。2020年9月7日にNetflixで配信開始された[9]

受賞とノミネート[編集]

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』の受賞とノミネート
授賞式開始日 部門 候補 結果 参照
アカデミー賞 2021年4月25日 長編ドキュメンタリー映画賞 ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード、クレイグ・フォスター 受賞 [10]
ラブミークレイジー! 科学映画祭 2021年2月4日 ドキュメンタリー賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 受賞 [11]
シネマ・アイ・オナーズ賞 2021年3月9日 観客賞 ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード ノミネート [12]
撮影賞 ロジャー・ホロックス ノミネート
批評家選出ドキュメンタリー賞英語版 2020年11月16日 撮影賞 ロジャー・ホロックス 受賞 [13]
科学・自然ドキュメンタリー賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 受賞
ナレーション賞 クレイグ・フォスター ノミネート [14]
ドキュメンタリー賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 ノミネート
アーシックス映画祭 2020年4月26日 長編映画賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 受賞 [15]
広州国際ドキュメンタリー映画祭英語版 2020年12月17日 ドキュメンタリー監督賞 ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード 受賞 [16]
ヒューストン映画批評家協会賞 2021年1月18日英語版 ドキュメンタリー作品賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 受賞 [17]
国際ドキュメンタリー協会賞英語版 2021年1月16日 作曲賞 ケヴィン・スマット 受賞 [18]
脚本賞 ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード ノミネート
パレ・ローレンツ賞 ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード、クレイグ・フォスター 受賞
ジャクソン・ホール映画祭英語版 2020年10月1日 グランド・ティトン賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 受賞 [19]
人間&自然映画賞 (長編) 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 受賞
自然映画の中の科学賞 (長編) 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 受賞
編集賞 ピッパ・エアリック、ダン・シュヴァルム、ジンクス・ゴッドフリー 受賞
生態系映画賞 (長編) 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 ノミネート
長編映画賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 ノミネート
撮影賞 ロジャー・ホロックス、クレイグ・フォスター ノミネート
作曲賞 ケヴィン・スマット ノミネート
オーディオスケープ賞 バリー・ドネリー ノミネート
全米製作者組合賞英語版 2021年3月24日英語版 ドキュメンタリー映画賞 クレイグ・フォスター 受賞 [20]
サンディエゴ映画批評家協会賞 2021年1月11日 ドキュメンタリー映画賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 ノミネート [21]
セントルイス映画批評家協会賞 2021年1月17日 ドキュメンタリー作品賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 ノミネート [22]

参考文献[編集]

  1. ^ a b My Octopus Teacher”. Millennium Docs Against Gravity. 2020年9月12日閲覧。
  2. ^ Craig Foster. “Getting to Know an Octopus”. BBC. 2020年10月17日閲覧。
  3. ^ Katy Scott (2020年9月21日). “The incredible tale of a South African diver who formed an unlikely bond with an octopus”. CNN. 2020年9月21日閲覧。
  4. ^ My Octopus Teacher (2020)”. IMDB. 2020年9月21日閲覧。
  5. ^ Kathryn Jeffs. “Filming the octopus Houdini in South Africa”. BBC. 2021年1月26日閲覧。
  6. ^ Projects”. Sea Change Project. 2020年10月19日閲覧。
  7. ^ SA filmmaker’s documentary captivates the world” (英語). Algoa FM (2020年9月22日). 2020年12月26日閲覧。
  8. ^ ‘Octopus Teacher’ Lets Filmmaker Into Secret World” (英語). Voice of America - English. 2020年10月17日閲覧。
  9. ^ Tentacles of love: My octopus teacher, a story of an astonishing friendship”. Daily Maverick. 2020年9月7日閲覧。
  10. ^ Documentary Feature Oscar Nominations 2021”. https://abc.com/shows/oscars (2021年3月15日). 2021年3月15日閲覧。
  11. ^ LabMeCrazy! Science Film Festival”. www.unav.edu/web/labmecrazy (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  12. ^ Cinema Eye Unveils Full Slate of Nominees for 14th Annual Nonfiction Honors”. Cinema Eye Honors (2020年12月10日). 2021年1月26日閲覧。
  13. ^ Moreau, Jordan (2020年11月16日). “‘Dick Johnson Is Dead’ Wins Best Feature at Critics Choice Documentary Awards”. Variety. 2021年1月26日閲覧。
  14. ^ Thompson, Anne (2020年10月26日). “‘Crip Camp,’ ‘Gunda,’ and ‘Mr. Soul!’ Lead Critics Choice Documentary Awards Nominations”. IndieWire. 2021年1月26日閲覧。
  15. ^ EarthxFilm Festival Award Winners”. Earthx2020 (2020年5月20日). 2020年10月19日閲覧。
  16. ^ 2020 Golden Kapok Awards Winners Announced”. Guangzhou International Documentary Film Festival (2020年12月17日). 2021年1月26日閲覧。
  17. ^ Neglia, Matt (2021年1月18日). “The 2020 Houston Film Critics Society (HFCS) Winners”. Next Best Picture. 2021年1月26日閲覧。
  18. ^ 36th Annual IDA Documentary Awards”. International Documentary Association (2021年1月16日). 2021年1月26日閲覧。
  19. ^ 2020 Media Awards”. Jackson Hole Film Festival (2020年10月1日). 2021年1月26日閲覧。
  20. ^ Davis, Clayton; Shafer, Ellise (2021年3月24日). “'Nomadland' Wins Top Film Prize at Producers Guild Awards, Likely Locking It Up at the Oscars”. Variety. https://variety.com/2021/awards/news/producers-guild-awards-winners-2021-1234937556/ 2021年3月25日閲覧。 
  21. ^ San Diego Film Critics Society 2020 Awards Nominations”. San Diego Film Critics Society (2021年1月8日). 2021年1月26日閲覧。
  22. ^ Neglia, Matt (2021年1月10日). “The 2020 St. Louis Film Critics Association (StLFCA) Nominations”. Next Best Picture. 2021年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]