ニューヨーク物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニューヨーク物語
ビリー・ジョエルスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ビリー・ジョエル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 122位(アメリカ)
  • ビリー・ジョエル アルバム 年表
    ストリートライフ・セレナーデ
    (1974年)
    ニューヨーク物語
    (1976年)
    ストレンジャー
    (1977年)
    テンプレートを表示

    ニューヨーク物語』(ニューヨークものがたり、原題: Turnstiles)は、ビリー・ジョエル1976年に発表したアルバム。通算4作目。

    解説[編集]

    ビリーは本作の制作に当たって、デビュー当時の活動拠点だったロサンゼルスを離れ、故郷のニューヨークに戻った。そのことが「さよならハリウッド」や「ニューヨークの想い」の歌詞に反映されている。また、「夏、ハイランドフォールズにて」「マイアミ2017」もニューヨークを題材とした曲(後者は、近未来にニューヨークが破壊され、マイアミに移住して、かつてのニューヨークのことを伝えていくという設定の歌詞)。

    制作開始当初は、シカゴのプロデューサーとして知られるジェイムズ・ウィリアム・ガルシオをプロデューサーに起用し、コロラド州の「カリブー・ランチ」スタジオ(ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオが所有するスタジオ)で、エルトン・ジョン・バンドのナイジェル・オルソン(ドラムス)、ディー・マレイ(ベース)らが参加してレコーディングが行われたが、ビリー本人が作品の出来に満足できなかったため、ニューヨークに戻り、ビリーのセルフ・プロデュースで改めてレコーディングが行われたものである。本作に参加したミュージシャンの何人かは、以後ビリーのレギュラー・バンド(ビリー・ジョエル・バンド)のメンバーとして活動を共にすることとなる。

    テクニカルなピアノのイントロから始まる「プレリュード/怒れる若者」は、ビリーがライヴで好んで演奏する曲の一つで、1987年の旧ソ連公演や2006年のツアー等でオープニングを飾った。

    発売当時は、セールス面で大きな成果を挙げられず、チャート順位は前2作を大きく下回ったが、後のallmusic.comのレビューでは、「1970年代後半における『ストレンジャー』『ニューヨーク52番街』の成功への道を切り開いた、ビリーの最高傑作の一つ」と、評価が見直されている[1]1981年には、「さよならハリウッド」のライヴ・ヴァージョン(ライヴ・アルバム『ソングズ・イン・ジ・アティック』収録)がシングルとして発売され、全米17位に達した。

    収録曲[編集]

    全曲ビリー・ジョエル作。

    1. さよならハリウッド - "Say Goodbye to Hollywood" - 4:36
    2. 夏、ハイランドフォールズにて - "Summer, Highland Falls" - 3:19
    3. 踊りたい - "All You Wanna Do Is Dance" - 3:44
    4. ニューヨークの想い - "New York State of Mind" - 6:03
    5. ジェイムズ - "James" - 3:56
    6. プレリュード/怒れる若者 - "Prelude/Angry Young Man" - 5:16
    7. 楽しかった日々 - "I've Loved These Days" - 4:35
    8. マイアミ2017 - "Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway)" - 5:15

    カヴァー[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    下記ミュージシャンはオーヴァーダビングで参加

    脚注[編集]