ナルト叙事詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナルト叙事詩」(ナルトじょじし、アディゲ語:Нартхымэ акъыбарыхэ, カラチャイ・バルカル語:Нарт таурухла, オセット語: Нарты кадджытæ, ラテン文字転写: Narty kaddžytæ英語: Nart saga)は、カフカス山脈起源の物語群である。この地域の民族の神話基盤を形成しており、あるものは単純な物語だが、創造神話や古代神学に匹敵する価値を有するものもある。

概要[編集]

アブハズ人チェルケス人オセット人ウビフ人それぞれにナルト叙事詩のヴァージョンがある。

登場人物であるナルトたち自身は巨人の種族である。叙事詩の中で目立った役割を果たしている者たちは

ナルト叙事詩におけるモチーフのいくつかはギリシア神話にも共通している。特にカズベク山に鎖でつながれているプロメテウスの物語はナルト叙事詩に同じ要素がある。こうした共通モチーフは、初期にコーカサスの人々と古代ギリシア人の間に交流があったことを意味するのではないかとも言われている[誰によって?]。また、ギリシア神話の金羊毛の物語におけるコルキスは、一般的に現代でいうグルジアアブハジアの一部であったと考えられている。

加えて、文献学者のジョルジュ・デュメジルは、彼の「三機能仮説」、つまり原インド・ヨーロッパ人は戦士、祭司、平民の三階層を形成していたという説を支持するためにナルトたちを3つの部族に分割した(この議論における暗黙の前提は、ナルト叙事詩がオセット人に由来するという仮定である。なぜなら他の民族は非インド・ヨーロッパ語族だからである)。

C・スコット・リトルトンとリンダ・A・マルカーは『アーサー王伝説の起源』(原題 From Scythia to Camelot)のなかで、多くの点でアーサー王伝説はナルト叙事詩に由来すると推測した。提唱された伝播の経路は、アーサー王伝説が形成された時代に北フランスに移住した、オセット人の祖先にあたるアラン人である。

主要な登場人物について[編集]

  • クルダレゴン
    神で、天上の鍛冶師。ナルトの英雄バトラズの鋼鉄の身体に焼きを入れて、より強い身体に変えた。
  • バトラズ
    ナルト叙事詩に登場する半神であり最大の英雄。父親の背中の瘤から産まれ、 産まれつき鋼鉄の身体を持っており、さらに鍛冶神クルダレゴンに鍛えられたことによって、どのような武器も通さない無敵の体となった。サタナの愛人でもある。生まれた子は彼と全く血の繋がりのない子となる。さらには自らを灼熱や暴風に姿を変えることができる。英雄たちを押しのけ魔法の杯ナルタモンガの守護者となる。父ヘミュツの死に憤怒した彼は、まず下手人である魔剣士サイネグ・エルダルを殺し 、武器の神サファが造った魔法の剣を奪う、その後バトラズは魔法の剣を自分の物とした。次に一部のみ彼の父殺害に賛同したナルト達を虐殺することで戦士に罪を負い、ナルト達の半数と精霊、天使達まで虐殺する。力を使い果たしたバトラズは生き残ったナルト達に自らの魔剣を海へ封印することを命じるが、 あまりの重さのため海に投げ入れることを諦め隠してしまう。 後に魔剣を投げ入れた海は荒れ狂い、沸騰し、血の色に染まったと言われている。
近年は黒海東岸のオセット人のナルト叙事詩と共通の起源を持つという説が注目されている。 この説で特に注意されているうちの一つは、アーサー王の死とナルト叙事詩の大英雄バトラズの死との間に顕著な類似が認められることである。 アーサー王は死の直前ベディヴィアに湖にエクスカリバーを投げ込むよう指示する。

外部リンク[編集]