アバザ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アバザ語
Абаза Бызшва
話される国 ロシアの旗 ロシア
トルコの旗 トルコ
シリアの旗 シリア
地域 ロシア連邦カラチャイ・チェルケス共和国
民族 アバザ人
話者数 47,880人[1]
言語系統
表記体系 キリル文字ラテン文字
公的地位
公用語 カラチャイ・チェルケス共和国
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 abq
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

アバザ語(アバザ語:Абаза Бызшва)はカフカース地方のロシア連邦カラチャイ・チェルケス共和国アバジニア地区などに住むアバザ人が使用する言語である。

概要[編集]

アバザ語は、他の北西コーカサス語族のように膠着語的な形態法を持つ。子音の数は63になるが、母音は2つしかない。系統的には北西コーカサス語族(アブハズ・アディゲ語族)に属し、アブハズ語と非常に近い関係にあるが、アブハズ語にはない子音もいくつかある。(有声咽頭摩擦音など)

アバザ語の研究を行った学者には、W.S.アレン(W. S. Allen)、ブライアン・オヘリン(Brian O'Herin)、ジョン・コラルッソ(John Colarusso)などがいる。

歴史[編集]

アバザ人は14世紀から15世紀にかけてアブハズ人から分岐した集団とされ[2]、アバザ語とアブハズ語はもともと一つの同じ言語であったと考えられている。17世紀頃にもアブハズ人から分岐しアバザ人と合流した集団が存在し、こちらは自称がアバザ人ではなくアブハズ人であった[2]が、今日ではこの2つの集団をまとめてアバザ人と呼ぶ。

コーカサス戦争により、一部のアバザ語話者はトルコシリア[2]へ移住している。

1989年の話者の分布は以下の通り[2]

方言[編集]

14~15世紀にかけてアブハズ人から分岐したアバザ人によるタパンタ方言(アバザ語:ТӀапӀанта)と、17世紀頃にアブハズ人から分岐したアバザ人によるシュカラワ方言(アバザ語:Щхъарауа)がある。

言語学的には、シュカラワ方言はアブハズ語アシュハルワ方言(アブハズ語: Ашьхаруа)に分類される事がある[2][3]

方言は更に次の方言分類へ細分化される[2][4]

  • タパンタ方言
    • 標準タパンタ方言(文語)
    • ドゥダルコ・ビバルド方言
    • ロ・クバン方言
    • クム・ロ方言
  • シュカラワ方言
    • クヴィン方言 (主にカラチャイチェルケス共和国のノヴォ・クヴィンスク(Ново-Кувинск)とスタロ・クヴィンスク(Старо-Кувинск)で話される方言)
    • アプスア方言 (主にカラチャイチェルケス共和国のアプスア(Апсуа)で話される方言)

音韻[編集]

アバザ語の子音はアブハズ語と概ね似ている。タパンタ方言では固有音素が59個(外来語由来の音素を含めると63~65個)あり、有声、無声、放出と口蓋化、唇音化、平音の区別がある。

一方で、母音音素は広母音[a]と狭母音[ə]の2つしか持たない。

赤色の音素は外来語で現れる非固有音素である[5]

タパンタ方言[編集]

タパンタ方言ではアブハズ語と異なり、固有語において長母音/aa/と短母音/a/を区別する単語はない。

唇音 歯茎音 後部歯茎音 歯茎硬口蓋音 そり舌音 軟口蓋音 口蓋垂音 咽頭音 声門音
平音 唇音 側面 平音 唇音 平音 唇音 口蓋 平音 唇音 口蓋 平音 唇音 咽頭 咽頭+硬音 平音 唇音
鼻音 [m] [n] [ʔ]
破裂音 無声音 [p] [t] [kʲ] [k] [kʷ] [qˤ] [qʷˤ]
有声音 [b] [d] [ɡʲ] [ɡ] [ɡʷ]
放出音 [pʼ] [tʼ] [kʲʼ] [kʼ] [kʷʼ] [qʲʼ] [qʼ] [qʷʼ]
破擦音 無声音 [t͡s] [t͡ʃ] [t͡ʃʷ] [ʈ͡ʂ]
有声音 [d͡z] [d͡ʒ] [d͡ʒʷ] [ɖ͡ʐ]
放出音 [t͡sʼ] [t͡ʃʼ] [t͡ʃʷʼ] [ʈ͡ʂʼ]
摩擦音 無声音 [f] [s] [ɬ] [ʃ] [ʃʷ] [ʂ] [x] [xʷ] [χʲ] [χ] [χʷ] [ħ] [ħʷ]
有声音 [v] [z] [ɮ] [ʒ] [ʒʷ] [ʐ] [ʁʲ] [ʁ] [ʁʷ] [ʕ] [ʕʷ]
放出音 [fʼ] [ɬʼ]
接近音 [l] [j] [w]
ふるえ音 [r]
  • 後部歯茎音は唇音化の際に歯茎硬口蓋音で発音される事がある。両方が発音される事はない[5]
  • 非放出無声口蓋垂音 /q/ /qʷ/ は咽頭化して発音される[5]
  • ロシア語アディゲ語カバルド語などから由来した外来語では[χ] [χʷ]ではなく[x] [xʷ]で発音される。
    • [x] [xʷ]は正書法上[χ] [χʷ]と区別されない。
  • [ɬ] [ɮ] [ɬʼ] [ʔ]はアディゲ語・カバルド語由来の外来語で出現する。

シュカラワ方言[編集]

シュカラワ方言では、タパンタ方言の有声咽頭摩擦音/ʕ/は話者によって有声声門摩擦音/ɦ/[5]か、或いは長母音/aa/になる[2]

唇音 歯茎音 後部歯茎音 歯茎硬口蓋音 そり舌音 軟口蓋音 口蓋垂音 咽頭音 声門音
平音 唇音 側面 平音 唇音 平音 唇音 口蓋 平音 唇音 口蓋 平音 唇音 咽頭 咽頭+硬音 平音 唇音
鼻音 [m] [n] [ʔ]
破裂音 無声音 [p] [t] [tʷ] [kʲ] [k] [kʷ] [qˤ] [qʷˤ]
有声音 [b] [d] [dʷ] [ɡʲ] [ɡ] [ɡʷ]
放出音 [pʼ] [tʼ] [tʷʼ] [kʲʼ] [kʼ] [kʷʼ] [qʲʼ] [qʼ] [qʷʼ]
破擦音 無声音 [t͡s] [t͡ʃ] [t͡ɕʷ] [ʈ͡ʂ]
有声音 [d͡z] [d͡ʒ] [d͡ʑʷ] [ɖ͡ʐ]
放出音 [t͡sʼ] [t͡ʃʼ] [t͡ɕʷʼ] [ʈ͡ʂʼ]
摩擦音 無声音 [f] [s] [ɬ] [ʃ] [ʃʷ] [ɕʷ] [ʂ] [x] [xʷ] [χʲ] [χ] [χʷ] [ħ] [ħʷ]
有声音 [v] [z] [ɮ] [ʒ] [ʒʷ] [ʑʷ] [ʐ] [ʁʲ] [ʁ] [ʁʷ] [ʕʷ] [ɦ]
放出音 [fʼ] [ɬʼ]
接近音 [l] [j] [w]
ふるえ音 [r]

正書法[編集]

1938年以降、アバザ語は以下の正書法を使用している[6]

А а
[a]
Б б
/b/
В в
/v/
Г г
/ɡ/
Гв гв
/ɡʷ/
Гъ гъ
/ʁ/
Гъв гъв
/ʁʷ/
Гъь гъь
/ʁʲ/
Гь гь
/ɡʲ/
ГӀ гӀ
/ʕ/
ГӀв гӀв
/ʕʷ/
Д д
/d/
Дж дж
/ɖ͡ʐ/
Джв джв
/d͡ʒʷ~d͡ʑʷ/
Джь джь
/d͡ʒ/
Дз дз
/d͡z/
Е е
[e]
Ё ё
[jo]
Ж ж
/ʐ/
Жв жв
/ʒʷ~ʑʷ/
Жь жь
/ʒ/
З з
/z/
И и
[i]
Й й
/j/
К к
/k/
Кв кв
/kʷ/
Къ къ
/qʼ/
Къв къв
/qʷʼ/
Къь къь
/qʲʼ/
Кь кь
/kʲ/
КӀ кӀ
/kʼ/
КӀв кӀв
/kʷʼ/
КӀь кӀь
/kʲʼ/
Л л
/l/
Ль ль
/ɮ/
ЛӀ лӀ
/ɬʼ/
М м
/m/
Н н
/n/
О о
[o]
П п
/p/
ПӀ пӀ
/pʼ/
Р р
/r/
С с
/s/
Т т
/t/
Тл тл
/ɬ/
Тш тш
/ʈ͡ʂ/
ТӀ тӀ
/tʼ/
У у
/w/, [u]
Ф ф
/f/
ФӀ фӀ
/fʼ/
Х х
/χ/
Хв хв
/χʷ/
Хъ хъ
/q/
Хъв хъв
/qʷ/
Хь хь
/χʲ/
ХӀ хӀ
/ħ/
ХӀв хӀв
/ħʷ/
Ц ц
/t͡s/
ЦӀ цӀ
/t͡sʼ/
Ч ч
/t͡ʃ/
Чв чв
/t͡ʃʷ~t͡ɕʷ/
ЧӀ чӀ
/t͡ʃʼ/
ЧӀв чӀв
/t͡ʃʷʼ~t͡ɕʷʼ/
Ш ш
/ʂ/
Шв шв
/ʃʷ~ɕʷ/
ШӀ шӀ
/ʈ͡ʂʼ/
Щ щ
/ʃ/
Ъ ъ
/ʔ/
Ы ы
[ə]
Э э
[e]
Ю ю
[ju]
Я я
[ja]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Ethnologue report for language code abq (英語) - エスノローグ
  2. ^ a b c d e f g Chirikba, V.A. 1996 Common west caucasian.
  3. ^ Chirikba, V.A. 2003 Abkhaz. Lincom Europe.
  4. ^ Genko,A.N. 1955 Абазинский язык"
  5. ^ a b c d Colarusso J. 1988 The Northwest Caucasian Languages: a phonological servey
  6. ^ TITUS Consonant Systems of the North-West Caucasian Languages

関連項目[編集]

外部リンク[編集]