イングーシ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イングーシ語
ГІалгІай мотт Ğalğaj mott /ʁəlʁɑj mot/
話される国 ロシアの旗 ロシア
カザフスタンの旗 カザフスタン
地域 イングーシ共和国
チェチェン共和国
話者数 413,000人(2002年)[1]
言語系統
北東コーカサス語族
表記体系 キリル文字
公的地位
公用語 Flag of Ingushetia.svg イングーシ共和国
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-2 inh
ISO 639-3 inh
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

イングーシ語は、ロシア連邦内のイングーシ共和国公用語。話者は約23万人。話者のほとんどはロシア語との二言語併用者である。

系統的には北東コーカサス語族(ナフ・ダゲスタン語族)のナフ語派(Nakh)に属する。ナフ語派に属する言語には、ほかにチェチェン語バツ語(あるいはバツビ語、ツォヴァ・トゥシ語)がある。イングーシ語は特にチェチェン語と近い。

6つの文法(名詞クラス)を区別し、多くのを持つ。能格型の格標示を行う。

アラビア文字ラテン文字で書かれていたこともあるが、現在はキリル文字をもとにした正書法によって表記される。

А а Аь аь Б б В в Г г ГI гI Д д Е е
Ё ё Ж ж З з И и Й й К к Кх кх Къ къ
КI кI Л л М м Н н О о П п ПI пI Р р
С с Т т ТI тI У у Ф ф Х х Хь хь ХI хI
Ц ц ЦI цI Ч ч ЧI чI Ш ш Щ щ Ъ ъ Ы ы
Ь ь Э э Ю ю Я я Яь яь I

音声[編集]

母音

イングーシ語の母音のIPA表は以下のようになる。

前舌 中舌 後舌
и [i] у [u]
中央 э [e] а [ə] о [o]
аь [æ] а [ɑː, ɑ]

子音

イングーシ語の子音のIPA表は以下のようになる[2]。左右の区別は、左はキリル文字の正書法、右はIPA

唇音 歯茎音 後部歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 咽頭音 声門音
口蓋化 普通
鼻音 м [m] н [n]
破裂音 放出 пӀ [pʼ] тӀ [tʼ] кӀ [kʲʼ] кӀ [kʼ] къ [qʼ]
無声 п [p] т [t] к [kʲ] к [k] кх [q] Ӏ [ʡ] ъ [ʔ]
有声 б [b] д [d] г [ɡʲ] г [ɡ]
破擦音 放出 цӀ [t͡sʼ] чӀ [t͡ʃʼ]
無声 ц [t͡s] ч [t͡ʃ]
摩擦音 無声 ф [f] с [s] ш [ʃ] х [χ] хь [ʜ] хӀ [h]
有声 в [v] з [z] ж [ʒ] гӀ [ʁ]
接近音 л [l] [j]
ふるえ音 無声 рхӀ [r̥]
有声 р [r]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Ethnologue report for Ingush
  2. ^ Nichols, Johanna『Ingush grammar』University of California Press、Berkeley, CA、2011年、1st edition。ISBN 978-0-520-09877-0OCLC 468975855

外部リンク[編集]