ヒヌフ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒヌフ語
話される国 ロシアの旗 ロシア
地域 ダゲスタン共和国、Tsuntinsky district (enのヒヌフ(Ginukh)[1]
話者数 5人(2010年国勢調査)[1]
言語系統
ナフ=ダゲスタン語族(Nakh-Daghestanian)[2]/北東コーカサス語族(Northeast Caucasian)
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 gin
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

ヒヌフ語гьинузас мецHinukhHinuqHinux)またはギヌフ語(Ginukh、Ginux)は、北東コーカサス語族: Northeast Caucasian)のツェズ諸語英語版: Tsezic)に属す無文字言語である[1]ダゲスタン山地のヒヌフ村に暮らす人々により用いられるが、2002年度の国勢調査では話者は548人[3]、2010年度国勢調査では民族人口440人に対し、話し手は5人のみとされている[1]。無文字言語であることから、ヒヌフ村の全ての人がこの言語を話すわけではなく、また書記用の言語としてはヒヌフ語と同じ北東コーカサス語族に属するアヴァル語が使われている[1]。話し手たちはロシア語も用いる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h Lewis et al. (2015).
  2. ^ a b c d Hammarström et al. (2017).
  3. ^ UNESCO Atlas of the World's Languages in danger”. 2017年8月18日閲覧。

参考文献[編集]