アディゲ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アディゲ語
Адыгэ
話される国 ロシア, イラク, イスラエル, ヨルダン, マケドニア共和国, シリア, トルコ
地域 アディゲ共和国
民族 アディゲ人
話者数 300,000人
言語系統
表記体系 ラテン文字キリル文字
公的地位
公用語 アディゲ共和国の旗 アディゲ共和国
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 ady
ISO 639-3 ady
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

アディゲ語(アディゲご)は、ロシア連邦南部、北カフカス(北コーカサス)に位置するアディゲ共和国公用語アブハズ語カバルド語などとともに北西コーカサス語族(アブハズ・アディゲ語族)に属する。話者は約30万人。アディゲ共和国やその周辺のほかに、ロシア帝国の北カフカス支配からオスマン帝国へ逃れた人々の末裔が住むシリアトルコなど中東にも話者が散在する。

主にカラチャイ・チェルケス共和国カバルダ・バルカル共和国で話されているカバルド語と近く、2つの言語をまとめてチェルケス語派英語版、さらに、アディゲ語を西チェルケス語、カバルド語を東チェルケス語と呼ぶこともある。

1920年代にラテン文字による表記が定められたが、1938年キリル文字をもとにした正書法に改められた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]