瓜生島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瓜生島が存在したとされる別府湾

瓜生島(うりゅうじま)は、大分県別府湾に位置していたが、安土桃山時代に1日にして沈んだとされているである[1]。別名、沖の浜(おきのはま)。

概要[編集]

伝説や昔話を基にすると、瓜生島は大分市から400-500m沖の別府湾内にあり、島の周囲は約112km、人口約5千人と推定されている。伝承によれば、島にあった恵美須像の顔を不心得者が赤く塗った為、祟りで島が沈んだとされる。

瓜生島という名称が最初に使われたと言われるのが、1699年戸倉貞則豊府聞書[注 1]である。同書及びその写本または異本とされる『豊府紀聞』によれば、瓜生島は1596年9月4日文禄5年7月12日)の地震慶長豊後地震)によって沈んだとされている。この地震については、ルイス・フロイスが、「九州にある太閤の海港が地震によって被害を受けた」と言及している。この地震は実際に起きたものである事が現在迄の研究で判明しており、震源地は別府湾南東部で、マグニチュード7.0程度の地震が起きたものと推測されている。

沖の浜については、寛永13年(1636年)ごろに成立したとみられる『徒然草嫌(もどき)評判』に、南海にあった沈島「万里が瀬」の記述のあとに「日本にも秀吉公いまだ御存生なるうちに、豊後沖の浜といへる海津、にはかに沈海と成て数百人死ける。遥なる岡に有ける楠の大木、沖に成て、近年まで潮の干ける時には木末見えし」という記述がある[4]

現在、大分市勢家町には「瓜生山威徳寺」という寺院が存在するが、『豊後国志』によればこの寺院は大友氏19代当主大友義長の弟大友義正が永正10年(1513年)に瓜生島に開いたもので、沈没後に現在地に再建されたものと伝えられる[5][6]

実在したかどうかについては諸説あり、島があったとされる場所は湾の最深位置であるとして存在を否定する説、島ではなく半島だったのではないかとする説[1][2]別府市または大分市にあたる位置にあっただったとする説など[1]、研究者によって見解が分かれている。また、村だったとする説のひとつとして、実在した沖の浜という港町が地震で海没し、後世に瓜生島という別名が付けられたとする説もある[2]

別府湾内には、瓜生島の隣に久光島という島があって、瓜生島と共に沈んだとされる。また、日本国内では、高麗島長崎県五島列島)や万里ヶ島鹿児島県甑島列島)に関して、瓜生島とほとんど同じ沈没伝説が伝わっている。

一夜にして沈んだ共通点を持つことから、日本のアトランティスと称されることもある[7]

瓜生島を題材とする作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 原本も写本も現存しないとされた[2]が、2種類の写本の現存が確認されている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c 人文社編集部 『日本の謎と不思議大全 西日本編』 人文社〈ものしりミニシリーズ〉、2006年、134頁、ISBN 978-4-7959-1987-7
  2. ^ a b c 沖の浜(おきのはま) 沖の浜の瓜生島説は誤り - ウェイバックマシン(2013年6月25日アーカイブ分) 大分歴史事典
  3. ^ 日名子健二他「講演要旨 慶長豊後地震と豊府紀聞・豊府聞書 (PDF) 」歴史地震 第30号(2015)p.204
  4. ^ 『徒然草嫌評判〈寛文版〉』吉田幸一編、古典文庫418、1981年
  5. ^ 瓜生島・久光島史跡マップ:瓜生山威徳寺 別府商工会議所青年部観光開発委員会
  6. ^ 瓜生島伝説・威徳寺の宝 本尊と御文を公開 - ウェイバックマシン(2012年4月16日アーカイブ分) 大分合同新聞、2009年10月26日
  7. ^ 「日本のアトランティス」液状化で沈む? 大分「瓜生島」 朝日新聞、2012年10月7日

参考文献[編集]

  • 大分大学教育学部内「瓜生島」調査会(加藤知弘ほか)『沈んだ島 別府湾・瓜生島の謎』(1977年、同調査会)
  • 加藤知弘『瓜生島沈没』(1978年、葦書房〈ぱぴるす文庫07〉)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]