デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン
David Heinemeier Hansson
David Heinemeier Hansson.jpg
2006年のO'Reilly Emerging Technology Conferenceに登壇したDHH
生誕 (1979-10-15) 1979年10月15日(41歳)
 デンマークコペンハーゲン
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国シカゴ
別名 DHH
出身校 コペンハーゲン・ビジネス・スクール
職業 プログラマ
Basecamp 最高技術責任者
著名な実績 Ruby on Rails
公式サイト david.heinemeierhansson.com

デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン(David Heinemeier Hansson、1979年10月15日 - )は、デンマーク出身のプログラマソフトウェア技術者経営者著作家カーレーサーWebアプリケーションフレームワークRuby on Rails」の作者。Basecampの創設者、最高技術責任者(CTO)。通称として「DHH」と表記されることが多い。

経歴[編集]

2001年にジェイソン・フリードの仕事を請け負ったことがきっかけで、フリードの会社「37signals (現Basecamp)」のパートナー社員となった[1]

2003年、Webベースのプロジェクト管理ツール「Basecamp」をRubyで開発した[2]。このプロジェクトに携わっていたときに開発したウェブフレームワークであるRuby on Railsを2004年にオープンソースとして公開した[3]

コペンハーゲン・ビジネス・スクールでコンピューター・サイエンスと経営学の学位を取得した後、2005年にデンマークからアメリカ合衆国のシカゴへと移住した[4]

私生活[編集]

2013年シルバーストンにて

DHHは趣味として写真とモータースポーツを挙げている[5]

カーレーサーとしては国際自動車連盟(FIA)のランク分けでシルバー(アマチュア)に属するが、2014年のル・マン24時間レースではLM-GTEアマクラスで優勝を果たし、同年 FIA 世界耐久選手権(WEC)でも同クラスのドライバーズチャンピオンに輝くなど実績は一級である[6]。2017年からは元F1ドライバーのネルソン・ピケJr.のチームメイトとしてLMP2クラスに参戦。2018年は北米IMSAユナイテッド・スポーツカー選手権(USCC)に転戦し、レクサスセミワークスチームからGTDクラスに参戦する[7]

レース戦績[編集]

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回数 総合順位 クラス順位
2012年 フランスの旗 オーク・レーシング ベルギーの旗 バ・レイダース
ベルギーの旗 マキシム・マルタン
モーガン・LMP2-日産 LMP2 341 14位 7位
2013年 フランスの旗 オリヴィエ・プラ
イギリスの旗 アレックス・ブランドル
LMP2 328 8位 2位
2014年 イギリスの旗 アストンマーティン・レーシング デンマークの旗 クリスティアン・ポウルセン
デンマークの旗 ニッキー・ティーム
アストンマーティン・ヴァンテージ GTE LM-GTE Am 334 17位 1位
2015年 アメリカ合衆国の旗 エクストリーム・スピード・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 スコット・シャープ
イギリスの旗 ライアン・ダルジール
リジェ・JS P2-ホンダ LMP2 329 28位 10位
2016年 アラブ首長国連邦の旗 アブダビ・プロトン・レーシング アラブ首長国連邦の旗 ハリド・アル・クバイシ
アメリカ合衆国の旗 パトリック・ロング
ポルシェ・911 RSR LM-GTE Am 330 28位 3位
2017年 スイスの旗 バイヨン・レベリオン ブラジルの旗 ネルソン・ピケJr.
スイスの旗 マティアス・ベシェ
オレカ・07-ギブソン LMP2 364 DSQ DSQ
2018年 中華人民共和国の旗 ジャッキー・チェン・DCレーシング アメリカ合衆国の旗 リッキー・テイラー
フランスの旗 コーム・レドガー
リジェ・JS P217-ギブソン LMP2 195 DNF DNF
2019年 イギリスの旗 ジョーダン・キング
アメリカ合衆国の旗 リッキー・テイラー
オレカ・07-ギブソン LMP2 199 DNF DNF

FIA 世界耐久選手権[編集]

チーム クラス マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 Pts
2013年 オーク・レーシング LMP2 モーガン・LMP2-日産 SIL
2
SPA
2
LMS
2
SAO
6
COA
6
FUJ
3
SHA
2
BHR
2
2位 132.5
2014年 アストンマーティン・レーシング LM-GTE Am アストンマーティン・ヴァンテージ V8 GTE SIL
1
SPA
2
LMS
1
COA
2
FUJ
1
SHA
2
BHR
1
SAO
2
1位 198
2015年 エクストリーム・スピード・モータースポーツ LMP2 HPD・ARX-03b-ホンダ
リジェ・JS P2-ホンダ
SIL
EX
SPA
8
LMS
5
NUR
6
COA
4
FUJ
4
SHA
Ret
BHR
7
7位 62
2016年 アブダビ・プロトン・レーシング LM-GTE Am ポルシェ・911 RSR 991 SIL
5
SPA
6
LMS
2
NUR
4
MEX
1
COA
5
FUJ
5
SHA
4
BHR
1
2位 151
2017年 バイヨン・レベリオン LMP2 オレカ・07-ギブソン SIL
9
SPA
4
LMS
DSQ
NUR
4
MEX
5
COA
2
FUJ
DSQ
SHA
3
BHR
3
8位 85
2018–19 ジャッキー・チェン・DCレーシング LMP2 オレカ・07-ギブソン SPA LMS SIL FUJ SHA SEB
1
SPA
6
LMS
Ret
11位 40

著作[編集]

  • 『RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版』(オーム社、 デイブ・トーマス、サム・ルビー共著、前田修吾監訳、 2011年12月、ISBN 978-4274068669)
  • 『小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則』(早川書房、ジェイソン・フリード共著、黒沢健二他翻訳、2012年1月、ISBN 978-4152092670)
  • 『強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」』(早川書房、ジェイソン・フリード共著、高橋璃子訳、2014年1月、ISBN 978-4152094339)

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]