ディス・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディス・ラヴ
マルーン5シングル
初出アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン
B面 シー・ウィル・ビィ・ラヴド (アコースティック・バージョン)
ザ・サン (アコースティック・バージョン)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2001年 - 2002年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス市カリフォルニア州
ジャンル オルタナティヴ・ロック[1]
ポップ・ロック
時間
レーベル オクトーン・レコード
作詞・作曲 アダム・レヴィーン
ジェシー・カーマイケル
プロデュース マット・ウォーレス
マーク・エンダート
マルーン5 シングル 年表
ハーダー・トゥ・ブリーズ
2002年
ディス・ラヴ
(2004年)
ミュージックビデオ
"This Love" - YouTube
テンプレートを表示

ディス・ラヴ」(This Love)は、マルーン5の楽曲。作詞作曲はアダム・レヴィーンジェシー・カーマイケル

概要[編集]

マルーン5のデビューアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』収録曲。発売から2年後の2004年1月27日に『ソングス・アバウト・ジェーン』からの第2弾シングルとしてリリースされた。

歌詞は、レヴィーンが当時付き合っていた彼女と別れたことをモチーフとしている。レヴィーンはこの歌が非常に扇情的であるともコメントしている[2]。曲にはスティーヴィー・ワンダーの影響を受けた部分も存在する[3][4]

イギリスでは2004年5月1日付の全英シングルチャートで最高3位[5][6]アメリカではBillboard Hot 100で最高5位を記録した[7]

2004年2月に『サタデー・ナイト・ライヴ』で披露した[8]。後に2004年に公開された映画『最凶女装計画』やクイズ番組『Beat Shazam』で使用された。

ミュージック・ビデオ[編集]

この曲には、ソフィー・ミュラーが監督を務めたミュージック・ビデオが制作されている。このミュージック・ビデオは、2004年1月6日MTVトータル・リクエスト・ライブ』で初オンエアされた[9]。内容は、マック・セネット・スタジオの中庭で撮影された演奏シーンとアダムと女性のベッドシーンを組み合わせたもの。

テレビ放映にあたっては、連邦通信委員会からの忌避行動を避けるために、アダムと女性のベッドシーンは、独創的なカメラアングルが使われたものや[10]、CGで合成された花びらで覆い隠されたバージョンが使用された[11]

それでも、物議を醸すミュージック・ビデオとされ、デイリー・テレグラフのシルビア・パターソンは、「ポップなポルノビデオ」と評価している[12]

ミュージック・ビデオは、2004年のMTV Video Music Awardsの最優秀新人賞を受賞した[13][14]

チャート・認定[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Why Maroon 5 remains a force in the charts”. Inquirer.net. 2019年10月18日閲覧。
  2. ^ Scaggs, Austin (2004年3月24日). “Q&A: Adam Levine”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/artists/maroon5/articles/story/5937291/qa_adam_levine 2019年3月29日閲覧。 
  3. ^ Hoard, Christian (2004年5月19日). “Maroon 5's Whiter Shade of Funk”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/features/a-whiter-shade-of-funk-20040610 2019年3月29日閲覧。 
  4. ^ Bard, Meghan (2003年4月1日). “Get down with Maroon 5”. The Daily Campus. オリジナルの2011年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110708222016/http://www.dailycampus.com/2.7437/get-down-with-maroon-5-1.1071558 2019年3月29日閲覧。 
  5. ^ “Maroon 5 crowns US album charts”. BBC News Online. (2007年5月31日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6707483.stm 2019年10月18日閲覧。 
  6. ^ The Official Charts Company — Maroon 5 - This Love”. Official Charts Company (2004年5月1日). 2019年10月18日閲覧。
  7. ^ “Maroon 5 tops singles chart with record leap”. Billboard (ロイター). (2007年5月3日). https://www.reuters.com/article/entertainmentNews/idUSN0324123120070503 2019年10月18日閲覧。 
  8. ^ "Christina Aguilera/Maroon 5". Saturday Night Live. NBC. 2004年2月21日放送. 558回,シーズン29. 該当時間:90-92
  9. ^ “Maroon 5 Hit the Ground Running in 2004”. Business Wire. (2004年1月5日). https://www.businesswire.com/news/home/20040105005769/en/Maroon-5-Hit-Ground-Running-2004 2019年3月29日閲覧。 
  10. ^ Uncensored music video for "This Love" - YouTube
  11. ^ This Love — Maroon 5 - Music Video”. MTV. 2019年3月29日閲覧。
  12. ^ Patterson, Sylvia (2007年8月24日). “Maroon 5: They will be loved”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/culture/3667504/Maroon-5-They-will-be-loved.html 2019年3月29日閲覧。 
  13. ^ Silverman, Stephen M. (2004年8月30日). “Jay-Z, OutKast Tie for 4 MTV Video Awards”. People. http://www.people.com/people/article/0,,689487,00.html 2019年3月29日閲覧。 
  14. ^ “OutKast, Jay-Z Big Winners at Patriotic VMAs”. Fox News. (2004年8月30日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,130493,00.html 2019年3月29日閲覧。 
  15. ^ "Australian-charts.com – Maroon 5 – This Love". ARIA Top 50 Singles.
  16. ^ "Austriancharts.at – Maroon 5 – This Love" (in German). Ö3 Austria Top 40.
  17. ^ "Ultratop.be – Maroon 5 – This Love" (in Dutch). Ultratop 50.
  18. ^ "Ultratop.be – Maroon 5 – This Love" (in French). Ultratop 50.
  19. ^ Brazil”. ABPD (2001年10月6日). 2019年10月18日閲覧。
  20. ^ "Lescharts.com – Maroon 5 – This Love" (in French). Les classement single.
  21. ^ "Offiziellecharts.de – Maroon 5 – This Love". GfK Entertainment Charts.
  22. ^ Top 50 Singles - Εβδομάδα 10-16/10” (Greek). IFPI Greece. 2004年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  23. ^ "Archívum – Slágerlisták – MAHASZ" (in Hungarian). Rádiós Top 40 játszási lista. Magyar Hanglemezkiadók Szövetsége. 2019年10月18日閲覧。
  24. ^ "Chart Track: Week 25, 2004". Irish Singles Chart.
  25. ^ "Italiancharts.com – Maroon 5 – This Love". Top Digital Download.
  26. ^ "Nederlandse Top 40 – Maroon 5" (in Dutch). Dutch Top 40.
  27. ^ "Dutchcharts.nl – Maroon 5 – This Love" (in Dutch). Single Top 100. 2019年10月18日閲覧。
  28. ^ "Charts.org.nz – Maroon 5 – This Love". Top 40 Singles.
  29. ^ "Norwegiancharts.com – Maroon 5 – This Love". VG-lista.
  30. ^ Nielsen Music Control”. 2007年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  31. ^ Arhiva romanian top 100: Editia 41, saptamina 11.10 - 17.10, 2004”. 2005年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  32. ^ "Official Scottish Singles Sales Chart Top 100". Scottish Singles Top 40. 2019年10月18日閲覧。
  33. ^ "Swedishcharts.com – Maroon 5 – This Love". Singles Top 100.
  34. ^ "Swisscharts.com – Maroon 5 – This Love". Swiss Singles Chart.
  35. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2019年10月18日閲覧。
  36. ^ "Maroon 5 Chart History (Hot 100)". Billboard.
  37. ^ "Maroon 5 Chart History (Adult Alternative Songs)". Billboard.
  38. ^ "Maroon 5 Chart History (Adult Contemporary)". Billboard.
  39. ^ "Maroon 5 Chart History (Adult Pop Songs)". Billboard.
  40. ^ "Maroon 5 Chart History (Dance Mix/Show Airplay)". Billboard.
  41. ^ "Maroon 5 Chart History (Dance Club Songs)". Billboard.
  42. ^ "Maroon 5 Chart History (Pop Songs)". Billboard.
  43. ^ Pop Rock”. Record Report (2004年4月24日). 2011年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  44. ^ 2012년 07주차 Digital Chart” (Korean). ガオンチャート (2013年1月5日). 2019年10月18日閲覧。
  45. ^ ARIA Charts - End Of Year Charts”. 2019年10月18日閲覧。
  46. ^ JAHRESHITPARADE SINGLES 2004”. 2019年10月18日閲覧。
  47. ^ JAAROVERZICHTEN 2004”. 2019年10月18日閲覧。
  48. ^ RAPPORTS ANNUELS 2004”. 2019年10月18日閲覧。
  49. ^ TOP 100 SINGLE-JAHRESCHARTS”. 2019年10月18日閲覧。
  50. ^ Top 100-Jaaroverzicht van 2004” (Dutch). 2019年10月18日閲覧。
  51. ^ JAAROVERZICHTEN - SINGLE 2004” (Dutch). 2019年10月18日閲覧。
  52. ^ Top Selling Singles of 2004”. 2019年10月18日閲覧。
  53. ^ SCHWEIZER JAHRESHITPARADE 2004”. 2019年10月18日閲覧。
  54. ^ End of Year 2004”. UKChartsPlus. 2019年10月18日閲覧。
  55. ^ Top 100 Hits of 2004”. 2019年10月18日閲覧。
  56. ^ Greatest of All Time Adult Pop Songs”. Billboard. Prometheus Global Media. 2019年10月18日閲覧。
  57. ^ "ARIA Charts – Accreditations – 2004 Singles". Australian Recording Industry Association.
  58. ^ "Canadian single certifications – Maroon 5 – This Love". Music Canada.
  59. ^ "Gold-/Platin-Datenbank (Maroon 5; 'This Love')" (German). Bundesverband Musikindustrie. 2019年10月18日閲覧
  60. ^ "Italian single certifications – Maroon 5 – This Love" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2019年10月18日閲覧 Select Online in the field Sezione. Enter Maroon 5 in the field Filtra. The certification will load automatically
  61. ^ "Japanese single certifications – Maroon 5 – This Love" (Japanese). Recording Industry Association of Japan. 2019年10月18日閲覧 Select 2014年3月 on the drop-down menu
  62. ^ *South Korea Gaon Chart - 2011 Year End International Download Chart”. Gaon Digital Chart (2012年). 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  63. ^ "British single certifications – Maroon 5 – This Love". British Phonographic Industry. Enter This Love in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Platinum in the field By Award. Click Search
  64. ^ "American single certifications – Maroon 5 – This Love". Recording Industry Association of America. If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  65. ^ Trust, Gary (2014年6月15日). “Ask Billboard: MAGIC!'s 'Rude' Revives Reggae”. Billboard. Prometheus Global Media. 2019年10月18日閲覧。
  66. ^ “UNCHAINカバー第3弾で林檎、レキシ、ハイスタ、シャ乱Qを独自解釈”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2014年12月23日). https://natalie.mu/music/news/134514 2019年3月29日閲覧。 
  67. ^ “佐藤竹善、最新カバーアルバムでオーケストラと初共演”. Musicman-net (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2016年9月8日). https://www.musicman-net.com/artist/55342 2019年3月29日閲覧。