テラバトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テラバトル
ジャンル スマートフォンアプリ
ゲーム
ゲームジャンル RPG
対応機種 iOSAndroid
ゲームエンジン UnityGoogle App Engine[1]
開発・発売元 ミストウォーカー
プロデューサー 坂口博信
ディレクター 大野浩司
キャラクターデザイン 藤坂公彦
シナリオ 波多野大
音楽 植松伸夫
プレイ人数 1人
稼動時期 2014年10月9日[2]
キャラクター名設定 なし[注 1]
キャラクターボイス なし
小説:TERRA BATTLE 英雄失格
著者 波多野大
イラスト 藤坂公彦楠木学
出版社 集英社
レーベル ジャンプ ジェイ ブックス
発行日 2015年7月3日
発売日 2015年7月3日
テンプレート - ノート

テラバトル』(TERRA BATTLE)はミストウォーカーにより開発・運営されているスマートフォン向けゲームアプリ。2014年10月9日サービス開始。

概要[編集]

スマートフォンiOSAndroid用のロールプレイングゲーム。ゲームプレイは無料であり、アプリ内で課金を行う(アイテム課金)。

ミストウォーカーはスマートフォンアプリは過去に配信しているが、アプリの運営を行うゲームは初めてである。

日本の他、北米欧州で配信している。2015年4月には台湾香港マカオでも配信を開始した。

2017年に続編となる『テラバトル2』と派生タイトルである『テラウォーズ』を発表した。

ゲームシステム[編集]

戦闘システム

縦8マス、横6マスの碁盤の目状のマップに、味方と敵キャラクターのアイコンが配置される。味方キャラクターを1体動かし、敵を仲間と挟むことで、敵に攻撃を行う。敵を挟んだ味方キャラクターのそれぞれを起点に、敵や障害物を挟まない十字方向に配置されている味方ユニットとは「連鎖」が発生し、追加攻撃等が行われる。

クエスト中に定められた条件(敵の全滅等)を満たせばクリアー、味方キャラクターが敵を挟めない状況になった場合(味方1体となる等)はゲームオーバー(クエストの失敗)[注 2]となる。

スタミナ、エナジー

クエストを行うには設定されたスタミナを消費する。スタミナは時間経過で回復する。またスタミナが不足する場合はエナジーを消費することで全回復できる。エナジーは仲間を増やす「出会い」や、クエスト中でのコンティニューにも用いる。エナジーはゲーム中でも手に入るが、リアルマネーでの購入を行う(アイテム課金)。

スキル、ジョブ

味方キャラクターにはスキルが設定されており、多くはレベルを上げると4つ取得する。キャラクター毎にコインと所定のアイテムを使うと、新たなジョブが開放され、レベルを上げることで新たなスキルを取得する(レベルはジョブ毎である)。また別のジョブのスキルを4つまで付けられる。

ダウンロードスターター[編集]

ダウンロード数に応じて、公約を定めており、ユーザーに特典があるようにしている。坂口博信と交友のある、著名人が参加している。Kickstarterに着想を得ているが、実際のお金が絡ませず、プレイヤーに利益を還元する方法を考えた結果、ダウンロードスターターが生まれたという[3]

主な遷移は以下のとおり。数字はダウンロード数、年月日は達成した日。

  • ダウンロードスターター 1(10万~200万ダウンロード)
    • 10万、植松伸夫 新曲、2014年10月11日
    • 20万、皆葉英夫 新キャラクター
    • 30万、漫画家鈴木央 参戦
    • 40万、米田仁士 参戦
    • 50万、楠木学 新キャラクター
    • 70万、大島直人 参戦、2014年10月16日
    • 80万、攻略本制作開始、2014年10月20日
    • 100万、コンサート開催、対戦プレイ開発開始、2014年10月30日
    • 110万、柴田亜美 参戦
    • 130万、アードブックの製作開始、2014年12月9日
    • 140万、フィギュア制作開始
    • 150万、天野喜孝 参戦、松野泰己 シナリオ参戦、2015年1月23日
    • 160万、伊藤賢治 新曲、2015年2月10日
    • 170万、下村陽子 新曲、2015年4月6日
    • 180万、光田康典 新曲
    • 190万、ひそ星人グッズ化開始
    • 200万、コンシューマー版の開発開始、2015年4月30日
  • ダウンロードスターター 2(200万~300万ダウンロード)

評価[編集]

電撃Appアワード2014にて第3位[4]、ファミ通アワード2014にてイノベーション賞とルーキー賞を獲得[5]する。

スタッフ[編集]

コアスタッフは坂口を入れて7人という比較的小規模な体制で開発している[6]

あらすじ[編集]

大地が崩壊の一途をたどる惑星を舞台に、大地の奥底に眠るといわれる「神」を探す一行の冒険としてシナリオが展開される。

一行の冒険は地底へと至り岩人と邂逅する。岩人の女王パルパ324世は一行を深部へ案内する。深部で古の装置の生贄となるパルパ。

宇宙に飛び出した一行は、異星人からの襲撃を受け、未知の惑星に不時着する。未知の惑星にて異星人の追手との戦いを繰り広げる。

[編集]

テラバトル 公式攻略ガイド 1stピリオド
2015年2月27日発売、ISBN 978-4047303201。週刊ファミ通編集部、エンターブレイン
テラバトル アートワークス
2015年5月22日発売、ISBN 978-4047330061。週刊ファミ通編集部、エンターブレイン。
TERRA BATTLE 英雄失格
2015年7月3日発売、ISBN 978-4087033694波多野大作、藤坂公彦楠木学イラスト、集英社ジャンプ ジェイ ブックス

関連項目、コラボレーション[編集]

ミストウォーカーが開発したWii用のゲーム。2015年4月からラストストーリーの後日談を描いたストーリーがゲーム内に実装された。

インターネットテレビ、ラジオ[編集]

ひそひそ酒場
ニコニコ生放送を使用。ファミ通の関係者が進行を、ミストウォーカーのスタッフがゲストとして出演し、最新情報を伝える。初回は2014年12月12日[7]に放送。
  • 酒場の題名のとおり、坂口博信が酒(ワイン)を出演者に振る舞う。
  • 第6回(2015年5月29日)[8]では番組中に追加した新キャラクターの排出設定を間違えるハプニングを起こし、新キャラクターの排出を一時停止と、後日「エナジー」の使用者に補償を行った。
RADIO 4Gamer Tap(仮)
第6回(2015年3月20日)[9]にてテラバトルが扱われ、坂口博信と、ヘビーユーザーである声優の安元洋貴が出演した。

続編・派生タイトル[編集]

テラバトル2
『テラバトル』の続編。2017年9月21日サービス開始[10]。共同開発はシリコンスタジオ
テラウォーズ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ プレイヤーIDは設定あり。
  2. ^ 大抵は「エナジー」を消費することでコンティニューできる。
  3. ^ 藤坂公彦と付き合いのある、横尾太郎、[[岡部啓一]、]によるチーム

出典[編集]

  1. ^ 大陸新秩序 (2014年12月5日). “モバイルでゲームは少人数開発へ回帰するのか。「TERRA BATTLE」開発座談会レポート。え,プログラマも各デザイナーも1人ずつ?”. 4Gamer.net. 2015年6月6日閲覧。
  2. ^ 【独占コメント付き】坂口博信氏最新作『テラバトル』配信開始”. ファミ通app. エンターブレイン (2014年10月9日). 2015年6月6日閲覧。
  3. ^ 大陸新秩序 (2014年9月20日). “坂口博信氏がスマホ向けRPG「TERRA BATTLE」に取り組む理由とは。開発の経緯からゲームの内容,プロモーション,今後の展望までズバリ聞いてみた”. 4gamer.net. 2015年6月6日閲覧。
  4. ^ 喜一 (2015年5月14日). “『テラバトル』の今後を坂口博信氏が語る!【電撃Appアワード2014】”. 電撃App. KADOKAWA. 2015年6月6日閲覧。
  5. ^ “ファミ通アワード2014″の受賞作が発表!スマホタイトルは7本!”. ファミ通app. KADOKAWA (2015年4月22日). 2015年6月6日閲覧。
  6. ^ 『テラバトル』坂口博信氏が本気で挑むスマートフォン向けRPG! 開発の経緯から今後の野望まで、坂口氏が語る!【インタビュー】”. ファミ通.com. エンターブレイン (2014年7月8日). 2015年6月6日閲覧。
  7. ^ 新番組【テラ生】テラバトルひそひそ酒場~最新情報&アイテムプレゼント~”. ニコニコ生放送. ニコニコ動画 (2014年12月12日). 2015年6月6日閲覧。
  8. ^ テラバトルひそひそ酒場・第6章~最新情報&プレゼント~”. ニコニコ生放送. ニコニコ動画 (2015年5月29日). 2015年6月6日閲覧。
  9. ^ 「RADIO 4Gamer Tap(仮)」第6回 「TERRA BATTLE」”. ニコニコ生放送. ニコニコ動画 (2015年3月20日). 2015年6月6日閲覧。
  10. ^ ミストウォーカー、事前登録者数35万人の期待作『テラバトル2』の正式サービスを開始 アーティストが参加するダウンロードスターターも始動”. Social Game Info (2017年9月21日). 2017年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]