チンギスハーン国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チンギスハーン国際空港
Чингис хаан олон улсын нисэх онгоцны буудал
Chinggis Khan International Airport.jpg

IATA: ULN - ICAO: ZMUB

ULN/ZMUBの位置(モンゴル国内)
ULN/ZMUB
ULN/ZMUB
モンゴル国内における位置
概要
国・地域 モンゴルの旗 モンゴル
所在地 ウランバートル
種類 民間
運営者 国営
運用時間 24時間
標高 1,330 m (4,634 ft)
座標 北緯47度50分35秒 東経106度45分59秒 / 北緯47.84306度 東経106.76639度 / 47.84306; 106.76639座標: 北緯47度50分35秒 東経106度45分59秒 / 北緯47.84306度 東経106.76639度 / 47.84306; 106.76639
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
14/32 3,100×60 アスファルト
15/33 1,999×40 芝生
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

チンギスハーン国際空港(チンギスハーンこくさいくうこう、モンゴル語: Чингис хаан олон улсын нисэх онгоцны буудал英語: Chinggis Khaan International Airport)は、モンゴルの首都・ウランバートルから南に10km程の位置にある国際空港である。MIATモンゴル航空フンヌ・エア拠点にしている。

概要[ソースを編集]

  • 1957年2月19日に開港、1958年にイルクーツク北京へ国際便が運航、1961年より定期便が運航される。
  • 1986年、ターミナルビルの改装工事が完成する。
  • 2005年12月21日にモンゴル国建国800年を記念して、空港名がBuyant Ukhaa Airport(ボヤント・オハー空港)からChinggis Khaan International Airport(チンギスハーン国際空港)に名称変更となった。
  • 旅客取扱い数は年間48万人(2004年)。
  • 南側、東側に山があり運航の障害になるほか、風の影響による遅延、欠航も多くなっている[1]
  • 常に滑走路の北西方向(14)からの離着陸となっており、年間のうち5か月は利用可能時間が85%以下となり、ICAOの基準(95%)を大幅に下回っている[2]


就航航空会社と就航都市[ソースを編集]

国際線[ソースを編集]

航空会社 就航地
モンゴル国の旗 MIATモンゴル航空 北京首都国際空港北京市)、香港国際空港香港)、仁川国際空港仁川広域市)、成田国際空港千葉県)、関西国際空港大阪府)、シェレメーチエヴォ国際空港モスクワ)、ベルリン・テーゲル空港ベルリン
モンゴル国の旗 フンヌ・エア エレンホト中国語版満州里ハイラル中国語版
モンゴル国の旗 アエロ・モンゴリア英語版 イルクーツク国際空港イルクーツク)、フフホト
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空 シェレメーチエヴォ国際空港(モスクワ)
中華人民共和国の旗 中国国際航空 北京首都国際空港(北京市)
中華人民共和国の旗 天津航空 天津浜海国際空港天津市)、フフホト白塔国際空港フフホト市
韓国の旗 大韓航空 仁川国際空港(仁川広域市)
韓国の旗 エアプサン 金海国際空港釜山広域市)(2016年6月24日より就航)
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ イスタンブールビシュケク経由便)

国内線[ソースを編集]

航空会社 就航地
モンゴル国の旗 フンヌ・エア ホブドオラーンゴムウリヤスタイチョイバルサン
モンゴル国の旗 アエロ・モンゴリア英語版 ウルギーオラーンゴムホブド、Ovoot

空港アクセス[ソースを編集]

  • タクシー 市内中心部まで約30分
  • バス No.11, 22 (空港ターミナルとバス停の間は、10分ほど徒歩で移動する。空港勤務者向け。)

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ モンゴル国政府向け円借款契約の調印 - 国際協力機構(JICA) 2008年5月2日
  2. ^ モンゴル航空事情 - 日本航空協会 2006年3月24日

外部リンク[ソースを編集]