チャールズ・タウンゼンド (第2代タウンゼンド子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第2代タウンゼンド子爵
チャールズ・タウンゼンド
Charles Townshend
2nd Viscount Townshend
Charles Townshend, 2nd Viscount Townshend.png
第2代タウンゼンド子爵チャールズ・タウンゼンド(ゴドフリー・ネラー画)
生年月日 1674年4月18日
出生地 イングランド王国の旗 イングランド王国 ノーウォーク州レイナム・ホール英語版
没年月日 (1738-06-21) 1738年6月21日(満64歳没)
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 ノーウォーク州レイナム・ホール英語版
出身校 ケンブリッジ大学キングス・カレッジ
所属政党 ホイッグ党
称号 第2代タウンゼンド子爵ガーター勲章ナイト(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 (1)エリザベス・ペラム
(2)ドロシー・タウンゼンド英語版
親族 初代タウンゼンド子爵英語版(父)、ロバート・ウォルポール(義兄)、初代ニューカッスル公(義弟)、ヘンリー・ペラム(義弟)、第3代タウンゼンド子爵英語版(長男)、トマス・タウンゼンド英語版(次男)、ウィリアム・タウンゼンド英語版(三男)、初代タウンゼンド侯爵(孫)、チャールズ・タウンゼンド(孫)

在任期間 1714年9月17日 - 1716年12月12日
1721年2月6日 - 1730年5月16日
国王 ジョージ1世ジョージ2世

在任期間 1717年2月13日 - 1717年4月27日
国王 ジョージ1世

在任期間 1720年6月11日 - 1721年6月25日
国王 ジョージ1世
テンプレートを表示

第2代タウンゼンド子爵チャールズ・タウンゼンド英語: Charles Townshend, 2nd Viscount Townshend, KG, PC1674年4月18日 - 1738年6月21日)は、イギリスの貴族・政治家。

貴族院議員として政界入りし、義兄ウォルポールとともにホイッグ党の政治家として活躍。1721年にウォルポール内閣が成立するとその主要閣僚となり、1724年からは外交政策を担当したが、後に外交方針を巡って首相ウォルポールと対立し、1730年に政界を退いた。引退後は(カブ)の栽培を始め農業に専念、蕪のタウンゼンド(Turnip Townshend)との異名を取りイギリス農業革命の発展に一役買った。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1675年4月18日、後に初代タウンゼンド子爵に叙される初代タウンゼンド男爵ホレーショ・タウンゼンド英語版とその後妻メアリー(旧姓アッシュ)の間の長男としてノーフォークレイナム・ホール英語版に誕生[1][2]

1687年12月の父の死により第2代タウンゼンド子爵の爵位を継承した[1]イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学キングス・カレッジで学んだ[3][4]。その後グランドツアーに出る[3]

1698年にはロートンの初代ペラム男爵トマス・ペラム英語版の娘エリザベスと最初の結婚をした[1]

政界入りとアン女王時代[編集]

青年期のタウンゼンド卿を描いた肖像画(ゴドフリー・ネラー画)

貴族院議員として政界に入った当初はトーリー党を支持していたが、やがてホイッグ党に鞍替えして積極的に政治に関わるようになった[4]

1702年に即位したアン女王はホイッグ党嫌いでトーリー党中心の政権を作っていたが、1705年6月の総選挙英語版でトーリー党・ホイッグ党の議席が伯仲した結果、ホイッグ政治家の一部を政府に登用する必要に迫られた[5]

彼も1706年王立協会フェローに選ばれ[6]1707年には女王警護ヨーマン隊長英語版(貴族院与党院内副幹事長)となる[4]。翌1708年には枢密顧問官に列する[4]1709年駐オランダ大使英語版に任命され、スペイン継承戦争の講和を目指してユトレヒト条約の先行交渉を行った[4]

しかし1710年の国教会聖職者ヘンリー・サッシェバレル英語版の裁判[注釈 1]の影響で民衆の非国教徒やホイッグ党への批判は高まり、逆にトーリー党が支持を集めるようになった[8]。1710年10月の総選挙英語版でもトーリー党が圧勝した。こうした情勢からアン女王は再びトーリー党中心の政府を構築し、ホイッグ党政治家の辞職が相次ぐようになった[9]

タウンゼンドも1711年にはトーリー党政権によって駐オランダ大使を解任されてイギリスへ召還された[4]。以降再び野党政治家となり、同年にトーリー党政権が提出した便宜的国教徒禁止法案に反対した[3]

1711年にエリザベスと死別し、1713年には同じくトーリー党から罷免されていた庶民院ホイッグ党の政治家ロバート・ウォルポール(後の首相)の妹ドロシー英語版と再婚した[3][1]

ハノーヴァー朝初期[編集]

1714年にアン女王が崩御し、その又従兄ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒがイギリス王ジョージ1世に即位すると賛成の意を示し、トーリー党がジョージ1世に支持されずホイッグ党の弾劾で没落すると新たに成立したホイッグ党政権に北部担当国務大臣英語版として加わった[10]

しかし1715年ジャコバイト反乱の鎮圧後に政府は外交方針をめぐって分裂し始めた。ジェームズ・スタンホープと第3代サンダーランド伯チャールズ・スペンサー大北方戦争でハノーファーを重視するジョージ1世の方針に従ってスウェーデンへの対抗、フランスとの連携を志向し、1715年10月にもスウェーデンに宣戦布告した。一方タウンゼンドやウォルポールはこれを「イギリスよりハノーヴァーの利益を優先させる政策」として反対した[11]

タウンゼンドとウォルポールはイギリスとフランスの条約締結の妨害に当たり、このため条約締結は1716年11月までずれ込んだ。ジョージ1世はこれに怒り、1716年12月にもタウンゼンドを北方担当国務大臣から罷免し、アイルランド総督に転任させ、さらに1717年4月にはアイルランド総督からも解任された(ウォルポールも一緒に辞職して下野した)[11]

しかし1720年に北方戦争が終結したことで外交政策上の対立は自然消滅し、タウンゼンドもウォルポールもスタンホープと和解して政権復帰することになり、タウンゼンドは枢密院議長英語版に就任している[12]

ウォルポール政権下で[編集]

1720年の南海泡沫事件で政権は動揺し、翌1721年にスタンホープが急死、サンダーランドも失脚した。タウンゼンドはスタンホープの後任として1721年2月に北方担当国務大臣に就任した。さらに4月には盟友で義兄のウォルポールがサンダーランドに代わって第一大蔵卿に就任し、事実上の首相となった[13]

1724年にサンダーランドの流れをくむ第2代グレンヴィル男爵ジョン・カートレットが失脚すると代わってウォルポール政権の外交政策を担当するようになった[14]

外交政策では反ハプスブルク家政策を通し、四カ国同盟戦争が終わった1721年にフランス・スペインと同盟を結びオーストリアを牽制したが、1725年にスペインとオーストリアがウィーン条約を結ぶとプロイセン・フランスとハノーファー条約を締結、1727年にスペインがジブラルタルを包囲して小規模な戦争が発生したが、平和政策を取るウォルポールが次第に外交に関わるようになると外交を巡って対立、1729年セビリヤ条約でスペインとの戦争が終結すると不満を表して翌1730年に辞任した。ウォルポールは1731年神聖ローマ皇帝カール6世国事詔書を承認してオーストリアとウィーン条約を結び、以後はオーストリアとの協調関係がイギリスの基本政策となる[15]

退任後[編集]

辞任後は故郷のレイナム・ホールで隠遁生活を送った。所領の農業改良に専念し、蕪を始め様々な野菜を栽培、ノーフォーク農法を取り入れて生産向上に努力した姿勢から「蕪のタウンゼンド("Turnip" townshend)」と呼ばれ、イギリス農業革命の発展に一役買った[16]

1738年6月21日に64歳で死去。息子のチャールズ・タウンゼンド英語版が爵位を継いだ[1]。同名の孫チャールズ・タウンゼンド財務大臣となりタウンゼンド諸法を推進してアメリカ独立のきっかけを作り、もう1人の孫チャールズ・コーンウォリスはイギリス軍人としてアメリカ独立戦争を戦い抜いた。

栄典[編集]

爵位/準男爵位[編集]

1687年12月の父の死により以下の爵位・準男爵位を継承した[1]

  • ノーフォーク州におけるレイナムの第2代タウンゼンド子爵 (2nd Viscount Townshend, of Raynham in the County of Norfolk)
(1682年12月11日勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • ノーフォーク州におけるリン・レジスの第2代タウンゼンド男爵 (2nd Baron Townshend, of Lynn Regis in the County of Norfolk)
(1661年4月20日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • (ノーフォーク州におけるレイナム)第4代準男爵 (4th Baronet, "of Raynham, in the County of Norfolk")
(1617年4月16日の勅許状によるイングランド準男爵位)

勲章[編集]

1724年ガーター騎士団(勲章)ナイト(KG)[1]

家族[編集]

1698年ロートンの初代ペラム男爵トマス・ペラム英語版の娘(初代ニューカッスル公爵トマス・ペラム=ホールズヘンリー・ペラム兄弟の姉)エリザベス・ペラム(? - 1711年)と最初の結婚をし、彼女との間に以下の4子を儲けた[1][2]

  1. エリザベス(? - 1785年) - コーンウォリス伯チャールズ・コーンウォリスと結婚、コーンウォリス侯チャールズ・コーンウォリスの母。
  2. チャールズ・タウンゼンド英語版(1700年 - 1764年) - 第3代タウンゼンド子爵位を継承。財務大臣チャールズ・タウンゼンドの父。
  3. トマス・タウンゼンド英語版(1701年 - 1780年) - 庶民院議員
  4. ウィリアム・タウンゼンド英語版(1702年 - 1738年) - 庶民院議員

1713年ロバート・ウォルポールの妹ドロシー・タウンゼンド英語版(1686年 - 1726年)と結婚し、彼女との間に以下の4人の子を儲けた[1][2]

  1. ドロシー・タウンゼンド(? - ?)
  2. メアリー・タウンゼンド(? - ?) - コーンウォリス伯の弟エドワード・コーンウォリスと結婚
  3. ジョージ・タウンゼンド英語版(1715年 - 1769年) - 海軍提督
  4. エドワード・タウンゼンド(1719年 - 1765年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1709年に国教会聖職者ヘンリー・サッシェバレル英語版セント・ポール大聖堂名誉革命否定とも取れる復古主義的な演説を行ったことにホイッグ政権が激怒し、サッシェバレルを貴族院の弾劾裁判所に告発した事件。裁判中、野党トーリー党は「国教会が危機に晒されている」というプロパガンダと煽動を盛んに行い、その結果、民衆はサッシェバレルに共感して非国教徒の礼拝堂などを襲撃した。アン女王も刑の軽減に尽力し、結局サッシェバレルは69対52の僅差で有罪となったものの3年の説教禁止という軽い判決に終わった。これはサッシェバレルとその支持者トーリー党の勝利と看做された[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Heraldic Media Limited. “Townshend, Viscount (E, 1682)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月29日閲覧。
  2. ^ a b c Lundy, Darryl. “Charles Townshend, 2nd Viscount Townshend of Raynham” (英語). thepeerage.com. 2016年1月29日閲覧。
  3. ^ a b c d 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 751.
  4. ^ a b c d e f  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Townshend, Charles Townshend, 2nd Viscount". Encyclopædia Britannica. 27 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 112. 
  5. ^ 小松春雄 1983, p. 79.
  6. ^ Townshend; Charles (1675 - 1738); 2nd Viscount Townshend” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2013年1月4日閲覧。
  7. ^ 小松春雄 1983, p. 80-82, 今井宏(編) 1990, p. 272/275, 友清理士 2007, p. 272-274
  8. ^ 今井宏(編) 1990, p. 272.
  9. ^ 今井宏(編) 1990, p. 272, 友清理士 2007, p. 288
  10. ^ 今井宏(編) 1990, p. 278, 浜林正夫 1983, p. 366 友清理士 2007, p. 250, 266, 388-390
  11. ^ a b 今井宏(編) 1990, p. 283-284, 浜林正夫 1983, p. 387-388
  12. ^ 浜林正夫 1983, p. 388.
  13. ^ 今井宏(編) 1990, p. 283-284, 浜林正夫 1983, p. 388
  14. ^ 浜林正夫 1983, p. 419.
  15. ^ 今井宏(編) 1990, p. 282-289/293-295, マッケイ 2010, p. 236/279-282/294-297
  16. ^ 今井宏(編) 1990, p. 369-370, 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 751

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

外交職
先代:
ウィリアム・カドガン
駐オランダ大使英語版
1709年 - 1711年
次代:
初代ストラフォード伯英語版
公職
先代:
ハーティントン侯
女王警護ヨーマン隊長英語版
(貴族院与党院内副幹事長)

1707年 - 1714年
次代:
初代パジェット男爵英語版
先代:
ウィリアム・ブロムリー英語版
北部担当国務大臣英語版
1714年 - 1716年
次代:
ジェームズ・スタンホープ
先代:
第3サンダーランド伯
アイルランド総督
1717年
次代:
第2代ボルトン公英語版
先代:
初代キングストン=アポン=ハル公英語版
枢密院議長英語版
1720年 - 1721年
次代:
初代カールトン男爵英語版
先代:
初代スタンホープ伯爵
北部担当国務大臣
1721年 - 1730年
次代:
初代ハリントン男爵英語版
名誉職
先代:
第7代ノーフォーク公
ノーフォーク統監英語版
1701年 - 1713年
次代:
第2代オーモンド公
先代:
第2代オーモンド公
ノーフォーク統監
1714年 - 1730年
次代:
チャールズ・タウンゼンド英語版
イングランドの爵位
先代:
ホレーショ・タウンゼンド英語版
第2代タウンゼンド子爵
1687年 - 1738年
次代:
チャールズ・タウンゼンド英語版