ノーフォーク農法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ノーフォーク農法(ノーフォークのうほう)は、18世紀イングランド東部ノーフォーク州で始まった新農法大麦クローバー小麦かぶの順に4年周期で行う四輪作法。休耕地がなくなり、牧草栽培による家畜の飼育が可能になり、エンクロージャーの拡大とあいまって穀物生産を増大させ農業革命と称された。

関連項目[編集]