浜林正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜林 正夫(はまばやし まさお、1925年12月25日 - 2018年5月19日)は、日本の歴史学者。専門は、イギリス近代史。一橋大学名誉教授。日本学術会議会員、日本科学者会議代表幹事、全国革新懇代表世話人、労働者教育協会副会長、憲法改悪阻止各界連絡会議代表委員などを歴任[1]

経歴[編集]

北海道小樽市生まれ。旧制小樽中学校(現北海道小樽潮陵高等学校)、仙台陸軍予備士官学校を経て、1948年東京商科大学(現一橋大学)卒業。大学在学中はボート部に所属。村松恒一郎ゼミ出身[2]

1947年小樽経済専門学校(現小樽商科大学)教授を務めていた父が結核のため死去。翌1948年、大学を卒業し小樽経済専門学校専任講師に就任。一橋大学に内地留学し、水田洋の助言でアメリカ研究からイギリス研究に転じた[3]1954年同校助教授昇進。小樽商科大学教授を経て、1967年東京教育大学文学部助教授、1976年東京教育大学文学部教授。

東京教育大学廃校まで異動を拒み、行き場がなくなったため、1978年の廃校後は文部省から依頼された母校一橋大学経済学部が教授として受け入れた。1986年から1988年まで一橋大学端艇部長。1989年に同大学を定年退官し一橋大学名誉教授の称号を受ける。1989年から1998年まで八千代国際大学教授。

英語学者の浜林生之助(元旧制小樽高等商業学校校長事務取扱)は父。指導学生に鈴木良隆一橋大学名誉教授、飯澤英昭山形大学名誉教授[4]神武庸四郎一橋大学名誉教授[5]など。

社会的活動[編集]

主要著書[編集]

単著[編集]

  • 『イギリス市民革命史』(未來社、1959年)
  • 『イギリス革命の思想構造』(未來社、1966年)
  • 『イギリス民主主義思想史』(新日本出版社、1973年)
  • 『魔女の社会史』(未來社、1978年)
  • 『イギリス名誉革命史』上・下(未來社、1981年、1983年)
  • 『現代と史的唯物論』(大月書店、1984年)
  • 『イギリス宗教史』(大月書店、1987年)
  • 『人権の思想史』(吉川弘文館、1999年)
  • 『イギリス民主主義思想史』新版(新日本出版社、1999年)
  • 『パブと労働組合』(新日本出版社、2002年)
  • 『人権の歴史と日本国憲法』(学習の友社、2005年)
  • 『これならわかるキリスト教とイスラム教の歴史Q&A』(大月書店、2005年)
  • 『ナショナリズムと民主主義』(大月書店、2006年)

共著[編集]

  • 井上正美)『魔女狩り』(教育社、1983年)
  • 野口宏)『ドキュメント戦後世界史』(地歴社、2002年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「浜林正夫さん死去」しんぶん赤旗
  2. ^ 「INTERVIEW」HUBC
  3. ^ 「INTERVIEW」HUBC
  4. ^ 「昭和44年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  5. ^ 「昭和47年度 学位授与・単位修得論文」
  6. ^ 「浜林正夫さん死去」しんぶん赤旗