ダードラーおよびナガル・ハヴェーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダードラーおよびナガル・ハヴェーリー

Dadra and Nagar Haveli
દાદરા અને નગર હવેલી
दादर और नगर हवेली
県都スィルヴァーサー(2008年)
県都スィルヴァーサー(2008年)
IN-DN.svg
北緯20度16分12秒 東経73度1分12秒 / 北緯20.27000度 東経73.02000度 / 20.27000; 73.02000
インドの旗 インド
連邦直轄領 ダードラー・ナガル・ハヴェーリーおよびダマン・ディーウ連邦直轄領
連邦直轄領として 1961年8月11日
連邦直轄領の廃止 2020年1月26日
県都 スィルヴァーサー
行政
 • 種別
面積
 • 合計 491km2
人口
(2011年国勢調査)
 • 合計 343,709人
等時帯 UTC+5:30 (インド標準時)
 • 夏時間 なし

ダードラーおよびナガル・ハヴェーリー(Dadra and Nagar Haveli, グジャラート語દાદરા અને નગર હવેલી, ヒンディー語दादर और नगर हवेली)はインドの県のひとつ。ダードラーとナガル・ハヴェーリの2つの地域から成り、グジャラート州マハーラーシュトラ州の間にある。人口34万人(2011年)。面積は491km2[1]。県都はスィルヴァーサー。かつては連邦政府直轄領であった。

20世紀半ばまでポルトガル領インドの一部であった。インド独立後にゴアなど残された植民地を解放する機運がインド各地で高まった[2]。その一環として、1954年7月にダードラー村とネロリ村を占拠したゴア国民会議派の運動組織によって「自由ダードラー」「自由ネロリ」が樹立宣言され、同年8月にはナガル・ハヴェーリーと統合し「自由ダドラおよびナガル・ハヴェーリー英語版」として樹立宣言が行われた[2]ダードラーおよびナガル・ハヴェーリ占領英語版)。自由ダードラーおよびナガル・ハヴェーリーは成立時からインド連邦への編入を主張していたため、独立は宣言せず統治は村行政委員会と村議会によって行われた。1961年6月に決議されたインドへの編入要請決議をインド政府が請ける形で、同年8月11日に併合された[2][3]

インドへの併合後はダードラーおよびナガル・ハヴェーリ連邦直轄領として、連邦政府の管轄下にあった。2020年1月26日、ダマン・ディーウ連邦直轄領と合併しダードラー・ナガル・ハヴェーリーおよびダマン・ディーウ連邦直轄領が成立[4]。ダードラーおよびナガル・ハヴェーリは新たな連邦直轄領を構成する県となった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Dadra & Nagar Haveli & Daman & Diu/Subdivision”. Citypopulation.de (2021年1月8日). 2021年1月8日閲覧。
  2. ^ a b c 吉田一郎『消滅した国々:第二次世界大戦以降崩壊した183ヵ国』 社会評論社 2012年 ISBN 9784784509706 pp.195-196,205-211.
  3. ^ States of India since 1947/Dadra and Nagar Haveli and Daman and Diu”. worldstatemen.org. 2021年1月8日閲覧。
  4. ^ REGD. NO. D. L.-33004/99”. egazette.nic.in. 2021年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]