スヴァールバル (哨戒艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KV Svalbard.jpg
経歴
竣工 2000年8月
就役 2001年12月
要目
種別 哨戒艦
排水量 3,132トン
全長 103.7 メートル (340 ft)
全幅 19.1メートル (63 ft)
吃水 6.5メートル (21 ft)
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
アジマススラスター(5MW)×2軸
速力 17.5ノット
航続距離 18,500海里(13ノット時)
乗員 65名(士官20名+曹士45名)
兵装 ボフォース57mm砲×1門
搭載機 ヘリコプター×1機
レーダー TRS-3D/16ES
テンプレートを表示

スヴァールバルノルウェー語: KV Svalbard / ペナント・ナンバー: W303)は、ノルウェー沿岸警備隊砕氷哨戒艦

本艦は、テレマルク県のランステン(Langsten)造船所において建造されており、2000年8月9日に起工、2001年2月17日に進水し、同年12月15日に就役した。予算は5億7500万ノルウェー・クローネであった。

本艦は、艦名由来ともなったスヴァールバル諸島に配備され、洋上警備・救難を担っている。このことから本艦は砕氷船として設計されており、アイスクラス1A1の砕氷能力を備えている。なお、本艦はノルウェー政府が有する唯一の砕氷船である。

艦載機としては、当初はアグスタウェストランド リンクスを搭載していたが、2009年よりNFH90に更新した。

参考文献[編集]