ノルウェー沿岸警備隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スヴァールバル Svalbard

ノルウェー沿岸警備隊(ノルウェーえんがんけいびたい Kystvakten 英:Royal Norwegian Coast Guard)はノルウェーにおける沿岸警備隊組織。ノルウェー海軍の傘下にあり、漁業保護などを主目的とする。1977年4月1日に設立された。

概要[編集]

200海里の排他的経済水域の問題から、ノルウェー海の漁業権の保護・監視をおこなう必要が生じた。そのために、1977年にノルウェー海軍から分離し、沿岸警備隊が組織された。任務としては漁業権保護が中心であり、その他に環境汚染の監視や救難業務などをおこなっている。戦時には海軍と協力し軍事任務を遂行する。

所属船舶は21隻であり、ヘリコプターは6機保有している。ノルウェー空軍P-3N哨戒機2機が沿岸警備隊の支援に割り振られている[1]。人員は約800名、司令部はオスロにあり、管轄区域は北緯65度を境に、北部地区と南部地区に2つに分けて業務を遂行している。哨戒艦艇は北洋での行動があるため、ノルトカップ級など対氷性を持つものも保有している。

沿岸警備隊の艦艇[編集]

オーレスン Ålesund

北部沿岸警備隊[編集]

南部沿岸警備隊[編集]

計画中の艦艇[編集]

脚注[編集]

  1. ^ globalsecurity.org. “Luftforsvaret / Royal Norwegian Air Force - Order of Battle”. 2011年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]