ハーシュタ (哨戒艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハーシュタ
艦名の由来となったハーシュタに停泊するハーシュタ(2005年2月)
艦名の由来となったハーシュタに停泊するハーシュタ(2005年2月)
基本情報
運用者  ノルウェー海軍
艦種 哨戒艦
艦歴
竣工 2004年9月
就役 2005年1月
要目
排水量 3,132トン
全長 83 メートル (272 ft)
最大幅 15.5メートル (51 ft)
吃水 6メートル (20 ft)
機関 ロールス・ロイス・マリーン製40L8Pディーゼルエンジン(4,000kW)×2基
スクリュープロペラ×2軸
アジマススラスター(883kW)×1軸
速力 18.4ノット
燃料 829 m³
乗員 26名
兵装ボフォース 40mm機関砲×1門
その他 NATO潜水艦救助システム対応
テンプレートを表示

ハーシュタノルウェー語: KV Harstad / ペナント・ナンバー: W318 / 船舶コード: LMXQ)は、ノルウェー沿岸警備隊哨戒艦である。船名は北ノルウェーの港湾都市ハーシュタに由来する。

性能[編集]

ロールスロイス・マリーン社設計の「ハーシュタ」は、哨戒任務だけでなく緊急時には大型(20万トンまで)の石油タンカーを牽引したり、海上流出した石油を除去したり、消防活動にも使用される多目的船舶として、UT 512級からの拡大版として建造された。最も一般的な用途は漁業の監視とノルウェーの排他的経済水域の調査と海難救助である。大型の石油タンカーが航行するノルウェーの沿岸域ではこの種の艦艇が必要とされる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]