ジョージ・H・W・ブッシュ (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョージ・H・W・ブッシュ
USS George H. W. Bush (CVN 77) underway.jpg
基本情報
建造所 ニューポート・ニューズ造船所
運用者  アメリカ海軍
艦種 航空母艦原子力空母
級名 ニミッツ級航空母艦
モットー Freedom at Work
母港 ノーフォーク海軍基地
艦歴
発注 2001年1月26日
起工 2003年9月6日
進水 2006年10月9日
就役 2009年1月10日
要目
満載排水量 102,000 t
全長 333 m
最大幅 76.8 m
吃水 11.3 m
機関 ウェスティングハウスA4W加圧水型原子炉 2基
主機 蒸気タービン 4基
推進 スクリュープロペラ 4軸
出力 260,000hps(210 MW)
速力 30ノット (56 km/h) 以上
乗員 士官・兵員:3,200名
航空要員:2,480名
兵装ESSM短SAM 2基
RIM-116 RAM 2基
搭載機 66機
テンプレートを表示
insignia

ジョージ・H・W・ブッシュ(USS George H. W. Bush, CVN-77)は、アメリカ海軍ニミッツ級航空母艦第10番艦で、ニミッツ級の最終艦となる。艦名は、第二次世界大戦中海軍パイロットだったジョージ・H・W・ブッシュ第41代アメリカ合衆国大統領に因む。

特徴[編集]

ジョージ・H・W・ブッシュは、太平洋戦争当時の元海軍パイロットの名が命名された最初の空母ともいえる。後継艦「ジェラルド・R・フォード」(USS Gerald R. Ford, CVN-78)(計画名CVN-21)への橋渡し的な存在として、従来のニミッツ級とはかなり異なる艦型にすることも計画されたが、結局小規模な変更にとどまった。

ジョージ・H・W・ブッシュは多くの新型装備を搭載し、ジェラルド・R・フォード級の実験艦ともいえる位置づけになる。ケーブル類を極力少なくし、光ファイバーで電子機器をつなげることによって軽量化と省力化を図るといわれている。また、空母のドックインのたびに問題になっている、大型電子機器の搬入に柔軟に対応するために、一部の船室をモジュール化し、柔軟にレイアウトできるように設計されている。また、省力化に伴い問題になるであろうダメージコントロールについても艦内各所に新型の感知システムを採用することで半自動化する。

また、計画当初ではカタパルト電磁式を採用する予定であったが、就役までに完成できない可能性が高くなったため、従来通りのスチーム式カタパルトを搭載する。

艦歴[編集]

命名式のCVN-77 ジョージ・H・W・ブッシュ

建造は、ノースロップ・グラマン社のニューポート・ニューズ造船所で2001年に始まった。2002年12月に艦名は第41代大統領にちなんで命名されることが発表された。2006年10月7日に命名式が行われ、式典にはブッシュ元大統領本人が出席した。

2008年4月には整調巡航に出航した。

2009年1月10日に、ノーフォーク海軍基地で就役。その式典にはブッシュ父子が出席。初の、存命中の人間による、自身の名が名付けられた空母への乗船がなされた。

一部で、退役する「キティホーク」(USS Kitty Hawk, CVA-63)の後継として横須賀基地への配備案が報道されたが、「ジョージ・ワシントン」(USS George Washington, CVN-73)が配備された。

2011年5月11日に母港のノーフォークを出港し、初めての作戦航海を7ヶ月間、大西洋地中海および中東地域を航行し、2011年12月10日に帰港した。

帰港後は出港してもX-47の試験運用などの短期航海が多かったが、2014年2月15日に母港ノーフォークを出港し、地中海および中東に向かった。3月クリミア危機に対応するためトルコへ、6月にはISIL対処のため中東へ移動、8月8日ISILへの空爆を開始した。11月2日、フランスマルセイユへ休養のため寄港後、11月15日9ヶ月間の航海を終えノーフォークに帰港した。

2016年7月23日、2015年6月より実施していた定期修理を終え試験航海の為ノーフォーク海軍基地を出港した。当初の計画では6ヶ月で修理を終えるはずであったが、予算不足からくる艦艇修理施設の人材や技量の不足等の理由により13ヶ月を要した。本来であればペルシャ湾で作戦中のドワイト・D・アイゼンハワーと交代する為2016年内には出港しなければならないが、準備訓練期間を短縮したとしても2017年初頭にずれ込む見通し。

2017年1月21日、3度目の海外展開のため母港のノーフォーク海軍基地を出港した。任地は過去2度の航海と同じく第6艦隊担当海域の地中海、第5艦隊担当海域のインド洋とペルシャ湾。本航海中の6月18日、ブッシュ所属のF/A-18Eがシリア空軍のSu-22を撃墜した[1]。有志連合軍の警告にも関わらずシリア防衛隊を攻撃してきたため、交戦規定に基づき撃墜したもの。海軍機としては湾岸戦争以来実に26年ぶりの空対空戦果で、アメリカ軍としても18年ぶりであった。

2017年6月12日 空母艦載機としては初の無人機となるMQ-25A英語版空中給油機の搭載空母として、ジョージ・H・W・ブッシュとドワイト・D・アイゼンハワーの2隻を選定し、最初の空母としてブッシュに約30億円かけて運用に必要な無人機管制装置やデータリンク装置を搭載すると報じられた。アメリカ海軍トップのジョン・リチャードソン(John Richardson)大将は、具体的なロードマップはないものの、同機の開発を急ぎ、2019年には搭載し2020年には戦力化したい意向を示している。

存命中の人名が命名された米軍艦船[編集]

長いアメリカ海軍の歴史の中では、たとえ海軍有力者・功労者であっても本人存命中は艦名として命名がなされることはほとんど無かったが、近年はその数も増えてきている。

1980年3月15日に進水したCVN-70にカール・ヴィンソン下院議員・元下院海軍委員会委員長の名前をつけたケースでは、就役以前の1981年6月に高齢のため死亡しており、CVN-76にロナルド・レーガン元大統領の名前を付けたケースではアルツハイマー病のために進水式や就役式には出席できない状態であった。

第8空母航空団[編集]

第8空母航空団(Carrier Air Wing 8, CVW-8)は、ジョージ・H・W・ブッシュ(CVN-77)に艦載される航空団。

飛行隊名 通称名 使用機種
第31戦闘攻撃飛行隊 (VFA-31) 『トムキャッターズ Tomcatters F/A-18E Block2
第213戦闘攻撃飛行隊 (VFA-213) 『ブラック・ライオンズ Black Lions F/A-18F Block2
第87戦闘攻撃飛行隊 (VFA-87) 『ゴールデン・ウォリアーズ Golden Warriors F/A-18E Block2
第37戦闘攻撃飛行隊 (VFA-37) 『ブルズ Bulls F/A-18C(N)
第131電子攻撃飛行隊 (VAQ-131) 『ランサーズ Lancers EA-18G
第124早期警戒飛行隊 (VAW-124) 『ベア・エーセス Bear Aces E-2C
第9ヘリコプター海上作戦飛行隊 (HSC-9) 『トライデンツ Tridents MH-60S
第70ヘリコプター海洋攻撃飛行隊 (HSM-70) 『スパルタンズ Spartans MH-60R
第40艦隊後方支援飛行隊 (VRC-40) 『ローハイズ Rawhides C-2A

p

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米軍機、シリア軍機を初めて撃墜 アサド政権軍との直接衝突が激化”. 産経新聞 (2017年6月19日). 2017年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Facebook: USS GEORGE H.W. BUSH Facebook Page
  • Shipyard: CVN 77 section of the Northrup Grumman Newport News
  • Crew: The Navy's Pre-Commissioning Unit for CVN 77
  • Global Security's entry for CVN 77
  • 1998 Article "Front Loading the CVN 77..." which analyzes how the DoD's changes to initial funding affect long range savings in procurement
  • A video on how the CVN-77 was made.