ジョナサン・ウッドゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョナサン・ウッドゲート Football pictogram.svg
Jonathan Woodgate 2014.jpg
名前
愛称 ウッディ
ラテン文字 Jonathan Woodgate
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1980年1月22日(35歳)
出身地 North-Yorkshire-Flag.jpg ノース・ヨークシャー州ミドルズブラ
身長 188cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ミドルズブラ
ポジション DF
背番号 39
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2003.1
2003.1-2004
2004-2007
2006-2007
2007-2008.1
2008.1-2011
2011-2012
2012-
イングランドの旗 リーズ
イングランドの旗 ニューカッスル
スペインの旗 Rマドリード
イングランドの旗 ミドルズブラ(loan)
イングランドの旗 ミドルズブラ
イングランドの旗 トッテナム
イングランドの旗 ストーク
イングランドの旗 ミドルズブラ
104 (5)
28 (0)
9 (0)
30 (0)
16 (0)
49 (2)
17 (0)
代表歴2
1999–2008[1] イングランドの旗 イングランド 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月13日現在。
2. 2008年5月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョナサン・ウッドゲートJonathan Woodgate, 1980年1月22日 - )は、イングランドミドルズブラ出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダーで、主にセンターバック。フットボールリーグ・チャンピオンシップミドルズブラFC所属。

経歴[編集]

リーズ[編集]

13歳の時にリーズ・ユナイテッドに入団。1997年FAユースカップでのリーズの優勝に貢献し、翌年の1998–99シーズンからトップチームの試合に出場し、2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝進出などにも貢献、ポール・ロビンソンリオ・ファーディナンドアラン・スミスらと共にデヴィッド・オレアリー監督の下で「ヤング・リーズ」と呼ばれた強豪チームのDFの要として活躍した。

しかし、2000年に同僚のリー・ボウヤーと共にパキスタン人留学生を暴行したとして起訴される。裁判の結果、100時間の公共奉仕活動を命じられた上に、サッカー協会から代表招集の禁止(2002 FIFAワールドカップの予選で復帰)を受けてしまった[2]

ニューカッスル[編集]

リーズの財政難の影響を受け、2003年1月31日に1,375万ユーロ(約16億7800万円)の移籍金でニューカッスル・ユナイテッドFCに加入[3]。すぐに、ファンの人気を掴むが、怪我が重なったこともあり、パフォーマンスは良好とは言い難かった。しかし、2003–04UEFAカップ準決勝のオリンピック・マルセイユ戦ではディディエ・ドログバを完全に封じ込めるなど活躍している。

レアル・マドリード[編集]

才能を高く評価され、2004年8月21日に移籍金2000万ユーロ(約26億6000万円)でスペインレアル・マドリードに加入した[4]。前所属の2チームで怪我に苦しみ、実際に移籍時にも負傷していたウッドゲートをレアル・マドリードが獲得したことは多くのサッカーファンを驚かせた。リーガ・エスパニョーラ初挑戦で意気込んでいたが、開幕直前に古傷を負傷しシーズン中盤に復帰するも再び同じ箇所を負傷してしまい、その後完治することなく04-05シーズンは出場なしに終わった。チームはウッドゲートをDFラインに配置し、イバン・エルゲラを本職である中盤に戻すという構想が破綻してしまい、中盤に守備の選手が不在となり、シーズン序盤に大きく失速。冬にトーマス・グラベセンを獲得し、立て直しを図るも序盤の不調が響きチームは無冠に終わってしまう。リーガでのデビューは約1年後のアスレティック・ビルバオ戦となった。その試合ではオウンゴールを献上した上に累積警告で退場してしまったが、観客からは拍手と励ましを受けた。

レアル・マドリードにおいての初ゴールは、UEFAチャンピオンズリーグデビュー戦だった2005年10月19日ローゼンボリBK戦であった。

デビュー戦以後しばらくは本来のプレーを披露したが、その後怪我が再発し2005-06シーズンの出場はリーガでの9試合とUEFAチャンピオンズリーグでの3試合に止まった。高額な移籍金で加入したのにも関わらず、このように少ない出場数で終わってしまったためか、2007年夏にネット上のファン投票で「21世紀最悪の契約」に選ばれてしまった[5]

ミドルズブラ[編集]

DFの再構築を目指すレアル・マドリードで構想外となったことで、2006年8月31日に地元のミドルズブラFCが今季終了後の買取りのオプション付きでレンタルで獲得。2年ぶりにイングランドに復帰した[6]。デビュー戦は9月9日アーセナル戦で、地方ラジオ放送局であるセンチュリーFMからマンオブザマッチに選出される活躍だった。ミドルズブラでは副主将としてチームを支え、本来の輝きを取り戻していった。2007年4月26日に移籍金700万ユーロ(約8億8000万円)で完全移籍。

トッテナム[編集]

ミドルズブラでの活躍でいくつかのクラブが獲得に関心を示す中、2008年1月28日に推定1050万ユーロ(約16億8000万円)の移籍金でトッテナム・ホットスパーFCに加入し[7]1月30日エバートンFC戦で初出場を果たした。

トッテナムでの初得点は2月24日チェルシーFCとのフットボールリーグカップ決勝戦でのことである。この試合は前半39分にドログバのゴールで先制されるが、後半25分にウェイン・ブリッジのエリア内でのハンドで得たPKをディミタール・ベルバトフが決め同点とすると、延長前半4分にジャーメイン・ジェナスのクロスをウッドゲートがねじ込み逆転に成功、結局この得点が決勝点となりトッテナムが1999年以来9季ぶり4回目の優勝を飾った。また、この活躍からマンオブザマッチにも選ばれた。

2008-09シーズンはレギュラーとしてリーグ戦34試合に出場し、スパーズの最終ラインを死守したが、2009-10シーズンは怪我に悩まされ3試合の出場に止まってしまった。2010-11シーズンは完全に構想外となり、チャンピオンズリーグ1試合の出場に留まった。

ストーク[編集]

スパーズとの契約が2011年夏を以って満了なることを受けて、現地時間の7月11日ストーク・シティへの移籍が発表された。契約内容は1年契約で契約金は出場試合数に応じて支払われる歩合制で、活躍次第では1年間の契約延長のオプションも付いている。スパーズとの契約延長については打診があったようだが、トニー・ピューリス監督のラブコールと自身の新たなチャレンジとして移籍を決意したようだ。[8]

ストーク・シティでのリーグデビューは2011-12シーズン開幕のチェルシー戦。イングランドA代表招集経験もあるライアン・ショウクロスとセンターバックを組み、見事にチェルシーの猛攻を無失点で切り抜けた。

その後は、右サイドバックで出場するゲームもあったが、全盛期の出来には程遠く、17試合の出場にとどまった。

ミドルズブラ復帰[編集]

2012年7月6日、古巣ミドルズブラへ3年半ぶりに復帰した[9]

イングランド代表[編集]

U-18、U-21イングランド代表を経験。A代表でのデビュー戦はリーズ在籍時代にケビン・キーガン監督によって招集された1999年ブルガリア戦である。しかし、前述の暴行事件や怪我の影響でイングランド代表でのプレーは少なく、6試合目の出場は2007年2月7日スペインとの親善試合で5試合目の出場からは約3年ぶりのことだった。

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ミドルズブラFC 2006-2007 (loan)

脚注[編集]