シークレット・ドクトリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シークレット・ドクトリン

シークレット・ドクトリン』(The Secret Doctrine)は、ヘレナ・P・ブラヴァツキーの1888年の著作[1]。日本語では「秘密教義」とも表記する[1]

概要[編集]

彼女が実在を主張するセンザルSenzar語によるチベットの最古の書と称される『ジャーンの書』(Book of Dzyan)の逐語訳に注釈を加えるという形をとっている。世界の各聖典からの引用も含まれている。当初は『ヴェールを剥がれたイシス』の改訂版として書き始められた[2]

1888年に2分冊で刊行されたが未完。のちにアニー・ベサントにより第3巻が刊行された。2種類の版が存在する。一方はポイント=ローマ派の出版した2巻本で、初版の復刻である。もう一方はアディヤール派によって再構成された通称アディヤール版で、ブラヴァツキー夫人の未発表原稿を含んだ膨大な大冊となっている。

第1巻では宇宙の創世が、第2巻ではレムリアアトランティスを舞台とした第四根幹人種の歴史といった人類の起源と進化(霊的進化論)について記述している[1]

タネ本である『ジャーンの書』はKiu-te(rGyud-sde、チベット語で「タントラ部」)というチベット仏教タントラであるという意見もあり、また当時の西欧で流布していたさまざまな仏教の知識や文献の寄せ集めにすぎないとも言われている。当時鎖国していたチベットでスパイ活動をしたチャンドラ・ダースがチベットの経典類を大量に持ち出しており、ヘンリー・スティール・オルコットはダースに面会してこれを見ていた。人類学者の杉本良男は『ジャーンの書』が実在するにしてもしないにしても、『シークレット・ドクトリン』の背景に間諜ダースの働きがあったのは間違いないようであると述べている。ダースに経典類を渡したとしてチベットの高官センチェン・トゥルクは公開鞭打ちの上流刑になり、チベットの鎖国は一層強化された。[2]

本書に叙述された人類史、人種発生の物語はルドルフ・シュタイナーの『アカシャ年代記より』とランツ・フォン・リーベンフェルスの『神聖動物学』に影響を与えた。

ブラヴァツキーはニューエイジの祖とも考えられており、岩本道人(吉永進一)は、『シークレット・ドクトリン』は思想的影響から見て計り知れない大著であると評している。同時に、そこでブラヴァツキーが用いた「不可視の超越者」の介入と想像力の無限の活用という手段が、20世紀のポップ・オカルティズムの氾濫の素地となったことも指摘している[3]

翻訳[編集]

  • ヘレナ・P・ブラヴァツキー 『シークレット・ドクトリン(宇宙発生論 上)』 田中恵美子/ジェフ・クラーク訳、神智学協会ニッポン・ロッジ、竜王文庫〈神智学叢書〉、1989年ISBN 4-89741-317-6
    第1巻の前半の翻訳。全6冊予定だが、2009年12月現在1巻のみ刊行で、絶版の状態が続いている。
  • ヘレナ・P・ブラヴァツキー 『シークレット・ドクトリンを読む』 東條真人編訳、出帆新社〈トランス・ヒマラヤ密教叢書〉、2001年ISBN 4-915497-72-0
    全体の抄訳。
  • ヘレナ・P・ブラヴァツキー 『シークレット・ドクトリン 第三巻(上) ―科学、宗教、哲学の統合』 アニー・ベサント編著、加藤大典訳、文芸社、2016年ISBN 978-4286172439

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 大田俊寛 『現代オカルトの根源 - 霊性進化論の光と闇』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2013年ISBN 978-4-480-06725-8(第一章「神智学の展開」参照)
  • 杉本良男「闇戦争と隠秘主義 : マダム・ブラヴァツキーと不可視の聖地チベット (特集 マダム・ブラヴァツキーのチベット)」、『国立民族学博物館研究報告』第40巻、国立民族学博物館、2003年12月10日、 267-309頁、 NAID 120005727192
  • 横山茂雄 『聖別された肉体 - オカルト人種論とナチズム』 書肆風の薔薇〈ロサ・ミスティカ叢書〉、1990年ISBN 4-89176-236-5
  • 岩本道人 執筆 「神智学」『世界神秘学事典』 荒俣宏 編集、平河出版社、1981年

外部リンク[編集]