マイトレーヤ (神智学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マイトレーヤ: Maitreya)とは、近代神智学の教義において、霊的指導者マハートマーの一人、知恵の大師である。マイトレーヤ弥勒)を近代神智学に取り込んだもの。

マイトレーヤと言う名は彼の師が与えた名であり、「幸いなる者」や「喜びと幸せをもたらす者」を意味するとされる。

近代神智学は、彼は日本において弥勒菩薩仏教においてマイトレーヤと言うブッダ、キリスト教においてキリスト、ユダヤ教においてメシアヒンドゥー教においてカルキとして言うアヴァターライスラム教においてマフディーと言うイマームとして知られている、としている。

近代神智学は、イエス・キリストの弟子がナザレのイエスであったとし、マイトレーヤがイエス・キリストとしてナザレのイエスに啓示を与え、愛の時代の幕開けと魚座の時代の幕開けを行ったとしている。

彼は何人もの弟子(クリシュナシャンカラチャイタニヤなど)に啓示を与え、人々を導いたとしている。

関連項目[編集]