サンデフィヨルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンデフィヨルド
都市
Sandefjord kommune
サンデフィヨルド
サンデフィヨルド
サンデフィヨルドの紋章
徽章
サンデフィヨルドの公式ロゴ
ノルウェーにおける
ヴェストフォル県の位置
ヴェストフォル県におけるサンデフィヨルドの位置
ヴェストフォル県におけるサンデフィヨルドの位置
座標: 北緯59度8分45秒 東経10度13分25秒 / 北緯59.14583度 東経10.22361度 / 59.14583; 10.22361座標: 北緯59度8分45秒 東経10度13分25秒 / 北緯59.14583度 東経10.22361度 / 59.14583; 10.22361
 ノルウェー
ヴェストフォル県
市役所 サンデフィヨルド
行政
 - 市長 Bjørn Ole Gleditsch (保守党)
面積
 - 計 121km2 (47sq mi)
 - 陸地 119km2 (46sq mi)
域内順位 ノルウェー内第370位
人口(2014)
 - 計 61,218
 - 順位 ノルウェー内第16位
 - 密度 338.8/km2 (877/sq mi)
 - 人口推移(10年間) 11.5 %
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+01:00
 - 夏時間(DST 中央ヨーロッパ夏時間UTC+02:00
ISO 3166コード NO-0710
公用語 ブークモール
ウェブサイト www.sandefjord.kommune.no
Statistics Norwayのデータ

Sandefjord.ogg サンデフィヨルド[ヘルプ/ファイル] (ノルウェー語: Sandefjord) は、ノルウェーヴェストフォル県に位置する自治体。日本語表記では他にサンネフヨルサンデフィヨールなど。自治体の行政の中心はサンデフィヨルド市である。1838年1月1日に設立され、1968年1月1日にサンダー英語版と合併、2017年1月1日にアンデブ英語版ストッケ英語版と合併している[1]

サンデフィヨルドはヴァイキングの歴史と捕鯨で知られており、ノルウェーで豊かな都市に数えられている[2]。ノルウェーで3番目の大きさとなる商船が建造されている[3][4]

捕鯨面ではヨーロッパ唯一の捕鯨関係の博物館であるサンデフィヨルド博物館英語版[5][6][7]、ヴァイキング面ではゴクスタ墳墓英語版で発見されたゴクスタ船が著名である。

ヴァイキングの首都・捕鯨の首都などのニックネームの他にも様々な呼称があり[8][9]、スパリゾートやビーチも多いことから、水浴の町(Badebyen)とも呼ばれている[10]。夏季は観光客が多く、リゾートタウンと見なされている[11]

ノルウェー最大の空港の1つであるサンデフィヨルド空港英語版があり、交通面でも重要な役割を担っている[12]。スウェーデンに向かうフェリーであるフィヨルドライン英語版カラーライン英語版がこのサンデフィヨルドから出港している。また、E18号線英語版もサンデフィヨルドを通過している。

政治面で見ると、サンデフィヨルドはノルウェーの保守党の拠点の一つとなっており[13][14][15]、2011年の投票では40%以上の投票率という高い支持も得ている。現在の市長は2004年から現職を務める保守党のBjørn Ole Gleditschである。

語源・紋章[編集]

語源[編集]

フィヨルドサンデフィヨルド・フィヨルド英語版)にサンダー(Sander)という旧小教区・自治体名を加えたものを語源としている[16]。Sanderは古ノルド語の'sander'に由来している(sandrの複数形)。一続きの砂(Sandstrekning)と訳される[17]

紋章[編集]

紋章 (1914-2017)
紋章 (2017-)

最初の紋章は1914年5月9日に制定された。ヴァイキング船は1880年に発見されたゴクスタ船を、クジラは19世紀後半から20世紀初頭にかけて南部の海域における捕鯨船の主要港であったことを示している[18]

2017年1月1日にアンデブ英語版ストッケ英語版と合併したのを機に新たな紋章を制定した[19]。これは2016年5月24日のアンデブ合併委員会によって決定されたものである[20]

持っている武器は「勇気と強さ」という意味があり、黒色・金色で構成されている。この紋章はサンデフィヨルドのErik Raastadがデザインしたものをオスロの紋章の専門家であるJan Eideがわずかに修正したものである。

歴史[編集]

ヴァイキングの歴史[編集]

サンデフィヨルドで発見されたゴクスタ船

サンデフィヨルドに人が住み始めたのは3,000年ほど前からである(発掘調査による)。ヤヴェルク(Jåberg)のハウゲン農場には紀元前1500 - 500年を示す岩の彫刻がある[21]

ヴァイキングがサンデフィヨルド及びその周辺地域に住み始めたのは約1,000年前のことであり、今もそのヴァイキングの遺物やモニュメントが残っている[22]ゴクスタ墳墓英語版はヴァイキング時代の重要な史跡の一つに数えられる。

保存されたヴァイキング船としてはノルウェー最大となるゴクスタ船ニコライ・ニコライセン英語版により1880年に発掘され、現在はオスロ市ビグドイヴァイキング船博物館に展示されている。

ゴクスタ船のレプリカは1893年にシカゴで開催された万国博覧会展示のため、ベルゲンから大西洋を横断した。レプリカはガイア船(Gaia)と呼ばれ、現在はサンデフィヨルドに泊まっている[21]

ヴァイキングがサンデフィヨルドに定住し始めた地域は沿岸部となっており[23]、15世紀のヴァイキングの墓地や居住地が発見されている[24]

17世紀から18世紀の間に港は造船業と海運業により機能し、1845年にはオスカル1世によりマーケットタウンとして認められた(当時の人口は749人[23])。

健康リゾート[編集]

1837年から1939年にかけて世界的に有名な健康リゾート地として知られるようになり、19世紀後半にはヨーロッパ全土から王族や首相などが訪れている[25]

1837年に最初の温泉がリゾート地として設立されると健康的で楽しめる公共施設として好評を得た。リウマチ疾患の症状の治癒・緩和に目を向けた医療施設として機能した。現在は浴場が修復され、様々なイベントや活動が行われる文化施設となっている[23]

1939年までにノルウェー人を中心にドイツイギリスアメリカの首相や王族を含めた約5万人が温泉を訪れた[21]

捕鯨船[編集]

ホエラー記念碑英語版。ゆっくりと回転する仕組みとなっている[26]

1850年からサンデフィヨルドの船舶の大半が北極海フィンマルク県海岸の捕鯨・アザラシ猟英語版を目的としていた。南極海へ最初に捕鯨しに行ったのは1905年のことだった。

1920年代後半の時点では船舶の建造所が15、捕鯨船が90隻以上あった。1954年に2,800人の男性が捕鯨船乗組員として雇用されるが、1950年代半ばから捕鯨の頻度が少なくなった。南方への出航も1960年代から急速に減少し、1967-68年を最後に行われていない。Framnæs Mekaniske VærkstedとJotun Group Private Ltd.を筆頭に捕鯨から貨物輸送などを造船の目的とした。

捕鯨の歴史は今日、ヨーロッパ唯一の捕鯨専門の博物館であるサンデフィヨルド博物館英語版で生き続けている[22][27]。サンデフィヨルドがノルウェーで豊かな都市に数えられるようになったのは捕鯨もあると考えられている[2]

20世紀初頭の南極探検家のニルス・ラーセン英語版(1900-1976)はサンデフィヨルド出身の船長である。ノルウェーがブーベ島(1927年)とピョートル1世島(1929年)を合併できたのは彼の探検も一因である。ピョートル1世島の内海はニルス・ラーセンに敬意を表してサンデフィヨルド・コーブ英語版と呼ばれている[28][29]

この他、ドローニング・モード・ランドニルス・ラーセン山英語版エンダービーランドニルス山英語版ニルス・ラーセン氷河英語版など、ニルス・ラーセンに由来する地名が数多くある[30]

火災[編集]

サンデフィヨルドは度々火災が発生しており、1800年の火災では町の大半が焼失し、再建に迫られた[31]。1900年の火災では56軒が全焼、大きな被害を被った[21]

人口の推移[編集]

サンデフィヨルドのはがき(1970年)
  • 1801: 373[32]
  • 1825: 590[33]
  • 1845: 749
  • 1865: 1,796[32]
  • 1875: 2,484[32]
  • 1900: 5,180[32]
  • 1951: 6,717[34]
  • 1960: 6,984
  • 1970: 31,752(1968年1月1日にサンダーと合併)
  • 1980: 34,758
  • 1990: 35,888
  • 2000: 39,317
  • 2007: 41,909
  • 2008: 42,696
  • 2010: 43,126[35]
  • 2017: 61,218(2017年1月1日にストッケとアンデブと合併)[36]

地理[編集]

サンデフィヨルドの橋(Natholmenブークモール版

海岸沿いの都市である[37]サンデフィヨルドはオスロからは119キロ南に離れているヴェストフォル県の都市である。

長さ約150キロとあるその海岸線には様々なビーチ・保護地域・森林[22]・116-124[38]の島などが含まれている> 。森林地帯は夏のハイキングや冬のスキーのためのコースがある[39]。小さい島はキャンパーのための休憩場があかるほか、多くの島はアクセス可能のビーチがある[40]

海岸線が長い理由として、東の島(Østerøya)と西の島(Vesterøya)と呼ばれる2つのが挙げられる。これらの岬はサンデフィヨルド・フィヨルドとミー・フィヨルド英語版を形成している。

サンデフィヨルドの面積のうち37.7km2が耕地に、36.2km2が森林となっている。トンスベルグラルヴィクがサンデフィヨルドに近い。

最高標高は約398.9メートルである(Brånafjell)[41]

街並み[編集]

市内中心部にある小学校

捕鯨船記念碑は港湾地域にある町の目抜き通りのJernbanealléenの端に見られ、その周辺は定期的に鯨肉が提供される今では数少ないレストラン(Kokeriet)がある。

StorgataやKongensgate、Hvaltorvetに主要な商業施設がある[42]

サンデフィヨルドには数多くのレストランやカフェがあり、レストランガイドのSalt&Pepperによると、港の近くにある建物内にノルウェー最高のグルメレストランがある[21]

また、港湾都市のため、質の高い魚が売られている鮮魚店があり、他にも古い建物と近代的な建物が混在する中に多種多様な店が見られる[43]

気候[編集]

冬のサンデフィヨルド
夏のタンゲン(Tangen)ビーチ

サンデフィヨルドに限らず、ノルウェー全土ではメキシコ湾流の影響を受けやすい。つまり、1年通して(特に夏季)同じ緯度であるシベリアアラスカ州よりも暖かいということである[44][45]。また、夏季はノルウェーのほかの都市よりも晴れ間が多い[46]

前述の通り、緯度の割には暖かい。5月下旬頃から夏のような暑さになることは滅多にないが、気温の急上昇は良くある。6-7月の大半は暗くなることがあまりなく、スズメ亜目が鳴かなくなるのはわずか2-3時間程度である[47]

暖かい夏や乾季はないが、比較的降水量が多く湿度の高いステップ気候大陸性気候が半々といったところである。冬の11月下旬から3月上旬の降水確率は平均56%である。11月から4月上旬までに雪が降る可能性があり、1月下旬に雪が降りやすい。1年で1番寒い日は2月4日で、最低気温が-6℃、平均気温が-1℃である[48]

[編集]

サンデフィヨルド自治体はサンデフィヨルドと6の村々で構成されている[38]。括弧内は2016年時点の人口。

また、小さいながらラルヴィクにサンデフィヨルドの飛地がある[49]

政治・政府[編集]

保守党が主要な政党となっている。ノルウェー地方選挙 (2011年)英語版では、47.9%の有権者が保守党に投票している。保守党含めた右派勢力はサンデフィヨルドで70.4%投票され、ノルウェー全土では51.2%の投票率だった[50][51][52]。現在の市長(Bjørn Ole Gleditsch)は進歩党の支援もあり2004年に選出されている。また、ノルウェーで最も富豪である市長である[53][54]

市議会[編集]

現在のサンデフィヨルド市長(Bjørn Ole Gleditsch)。ノルウェーの市長では1番の富豪とされる[55]

サンデフィヨルド市議会は57人で構成されており、任期は4年である(2019年まで)。2017年時点では以下のような内訳となっている[56]

党名 ノルウェー語 代表者数
保守党 Høyre 23
ノルウェー労働党 Arbeiderparti 15
進歩党 Fremskrittspartiet 6
キリスト教民主党 Kristelig Folkeparti 4
中央党 Senterpartiet 4
社会主義左翼党 Sosialistisk Venstreparti 2
ノルウェー自由党 Venstre 2
緑の党 Grønne 1

人口[編集]

人口推移
人口±%
1845 749—    
1951 6,717+796.8%
1960 6,984+4.0%
1970 31,752+354.6%
1980 34,758+9.5%
1990 35,888+3.3%
2000 39,317+9.6%
2010 43,126+9.7%
2017 62,622+45.2%
サンデフィヨルドは1970年にサンダーと合併し、2017年にアンデブ、ストッケと合併している。
Source: [57]

ノルウェー統計局英語版によると、2017年時点ではサンデフィヨルドには62,622人が住民となっている。2018年現在では2,797棟のコテジがあり、住宅1棟あたり2.19人が住んでいる。

宗教は、69.2%がノルウェー国教会、18%が無宗教、12.8%が他の宗教を信仰している[58]

市内に施設が存在する国教会以外の宗教としてはペンテコステ派(Salem)、カトリック教会(St. Johannes Døperen)、メソジスト(Metodistkirken)、セブンスデー・アドベンチスト教会(Adventkirken)、エホバの証人(Rikets Sal)、イスラム教(Alkawther Islam Center and Sandefjord Islamic Center)がそれに該当する。

1905年には近隣のホルテン英語版ブルンスタード教会英語版という福音主義の単立教会が設立された。ノルウェー発祥の世界的な宗派としては唯一である[59]。また、その本部であるブルンスタード・カンファレンス・センター英語版はストッケにある。

2017年時点の移民はリトアニア人(1.95%)ポーランド人(1.93%)イラク人(1.24%)ベトナム人(0.8%)ドイツ人(0.71%)スウェーデン人(0.69%)コソボ人(0.67%)ボスニア人(0.64%)デンマーク人(0.64%)などである[60]

経済[編集]

サンデフィヨルドはノルウェーで豊かな都市に数えられる[2][61]。主な産業は情報技術化学工業観光業海運造船漁業である[47][62]。著名な企業としてはサンデフィヨルド国際空港英語版塗料製造販売のJotun (企業)英語版ブルワリーGrans Brewery英語版チョコレート工場のHval Sjokoladefadrikk英語版エンジニアリングのRamboll Oil & Gas、そして電子商取引であるKomplett.noとmpx.noとnetshop.noが該当する。

1926年にサンデフィヨルドで設立された会社であるJotunはサンデフィヨルド以外にも最大の雇用者を誇っている世界最大の塗料・塗装メーカーとなっている[63][64]。2017年2月現在は100カ国以上に拠点を置いており、世界全体で9,500人の従業員を雇用している。4つの事業部門を運営しており、今も本社はサンデフィヨルドにある[21]

サンデフィヨルドのみならず、ヴェストフォル県最大の企業であるJotunに次ぐのが電子商取引のKomplett英語版である。従業員800人とともにスカンディナヴィア全土で営業しており、2015年には73億ノルウェー・クローネの営業収入を得ている[65]

サンデフィヨルドはの不動産価格は2011年時点でノルウェーで最も高い水準で、別荘の平均価格は720万ノルウェー・クローネとなっている[66] 。一般的な不動産価格は2010年-2015年の間に25.7%上昇している[67]

2015年の営業収入が高いサンデフィヨルドに本社を置く企業は以下の通りである[68]

順位 企業名 営業収入(2015) NOK)
1 Jotun 16,844,327
2 Komplett 7,256,700
3 Skjeggerød AS 4,523,277
4 ALSO AS 2,457,643
5 Carlsen Fritzøe AS 1,543,189

観光[編集]

サンデフィヨルドは観光客が夏に集中するためリゾートタウンと呼ばれる[11]。ビーチや島の多さから'ビーチの市'の愛称で親しまれており、ヴォラ(Vøra)やランジェビー(Langeby)のビーチではオスロなど、ノルウェーの大都市から観光客が訪れる[10]。1837年に入浴施設が出来ている[69][70]

2,000棟以上の別荘があり、その大半は海辺に建てられている[38]。2012年時点でノルウェー一の高価格である別荘があり、平均価格は710万ノルウェー・クローネであった[71]

サンデフィヨルドは多くの観光客が入浴施設やビーチなど[72][73]を目的にしていることから分かるように[47]、夏の観光地として知られる[74]

文化[編集]

2017年の出生国別のサンデフィヨルドにおける移民(第1世代及び第2世代)[75]
リトアニアの旗 リトアニア 1,121
ポーランドの旗 ポーランド 1,111
イラクの旗 イラク 733
ベトナムの旗 ベトナム 504
スウェーデンの旗 スウェーデン 429
ドイツの旗 ドイツ 423
コソボの旗 コソボ 408
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 394
デンマークの旗 デンマーク 319
シリアの旗 シリア 298
ソマリアの旗 ソマリア 250
フィリピンの旗 フィリピン 207
タイ王国の旗 タイ 191
イギリスの旗 イギリス 189
アフガニスタンの旗 アフガニスタン 182

ニコライ・ニコライセン率いる1880年の発掘調査では、サンデフィヨルドでゴクスタ船が発見されている。オスロのヴァイキング船博物館に展示されている船そのものは910年頃に建造されており、ノルウェー最大の現存するヴァイキング船である[76][77]。ヴァイキング船長はゴクスタ農地で発見されたゴクスタ墳墓英語版に全長23.5メートルのゴクスタ船と共に埋葬された[78][79]

また、市内には捕鯨を専門としたヨーロッパ唯一の博物館であるサンデフィヨルド博物館英語版がある[22]。創建1917年でノルウェー最初の博物館となっており、現在は15万枚以上の写真、海洋動物の剥製などが見どころとなっている[27][80]。捕鯨船の代表例が1950年にSevilla Whaling Co.により建設され、1989年にサンデフィヨルドに持ち込まれたサウス・アクター(Southern Actor)で、こちらも展示されている[81][82]

中世から残る4つの教会がヘイヨール・スターヴ教会英語版、コダル教会(Kodal)、スキー教会ブークモール版、アンデブ教会である。アンデブ教会はノルウェー最古の登録された教区(1623年)であるが、ヘイヨール・スターヴ教会はヴェストフォル県唯一の現存するスターヴ教会である[38]サンデフィヨルド駅英語版付近にあるサンダー教会英語版は13世紀に教会の跡地に建てられたものである(現在の教会は1792年に改築されたもの)[83]

他にも、彫刻家クヌート・スティーン英語版による作品が確認できるミッドターセン彫刻公園(Midtåsen Sculpture Park)や[84]、3つの講堂・劇場を兼ね揃えたフイェルトネス市民劇場センター(Hjertnes Civic and Theater Center)がある[85]

交通[編集]

サンデフィヨルドとスウェーデンを結ぶフェリー。毎日運航している[86][21]

オスロやオスロ空港に向かう電車が頻繁に運行している。ノルウェー最大の空港の一つ[87]のサンデフィヨルド空港(トルプ空港とも)が市内にある。オスロからは南に119キロにあるが、オスロ・トルプ空港と呼称されることがある。ヴェストフォル・ライン英語版サンデフィヨルド空港駅英語版から無料シャトルバスで行くことが可能である。

ロンドンアムステルダムなどのヨーロッパの都市含む[63]国際線・国内線の30を超える空港の直航ルートを提供する役割を担い[88]ウィデロー航空ライアンエアーウィズエアーなどの格安航空会社のハブ空港となっている[89]

フェリーではフィヨルドライン英語版のほか[90]カラーライン英語版MS Bohus英語版MS Color Viking英語版がサンデフィヨルドとスウェーデンの町であるストロームスタード英語版とを結んでいる[86]。また、ラルヴィクではデンマークヒートシャルズ英語版に向かうフェリーが毎日運航されている。クルーズ船の目的地という役割もある[42]

欧州自動車道路E18号線英語版がサンデフィヨルドを通過している。

公共交通機関[編集]

ノルウェー国内ではベルゲン空港オスロ空港がサンデフィヨルド空港より多くの国際線を運航している[91]

サンデフィヨルド駅英語版ノルウェー国鉄の運営するNSB InterCity Express英語版で運行している駅である。駅周辺には主要なバス停もある。高速バスでクリスチャンサンと接続可能で、ソールランの主要なリゾートと結んでいる[92]

サンデフィヨルドの公共交通機関はヴェストフォル・コレクティブトラフィック(Vestfold Kollektivtrafikk,VKT)と呼ばれる[93]

サンデフィヨルド駅のほか、サンデフィヨルド空港駅英語版ストッケ駅英語版がある。サンデフィヨルド空港駅とサンデフィヨルド空港間の無料シャトルバスがある[94]

トルプ・エクスプレス・バスサービスがサンデフィヨルド空港からオスロ行きのバスを運行している。

スポーツ[編集]

地元のサッカークラブであるサンデフィヨルド・フォトバルはノルウェープレミアリーグのティッペリーガエンでプレーしている。

2005-06年のメンズプレミアリーグ優勝のSandefjold TIFのほか、中距離ランナーのマリウス・バッケン英語版所属のIL Runarもサンデフィヨルドのローカルクラブである。

サッカーやテニス、ハンドボール、バドミントン、アーチェリーのほか、ローラースケートや乗馬、2500m2の公共プール、アイスホッケーやアイススケートなどの市内最大のスポーツ施設であるBugårds公園がサンデフィヨルド高校にある。

室内のハンドボールコートがあるヨツンハレン(Jotunhallen)、テニスコートのあるピングビンハレン(Pingvinhallen)という施設もある[85]

市内中心部から5キロ離れた場所にあるサンデフィヨルドゴルフ場がある。設計者はピーター・チェンバレンである。

教育[編集]

ノルウェー最大の高校であるサンデフィヨルド高校[95][69]

サンデフィヨルド高校は在学生2,000人に上るノルウェー最大の高校である[95]。また、スカジェラク国際学校英語版も市内にあり、幼稚園から高校まで英語で会話する教育施設が提供されている。他の学校としては、私立のムーエ・モコレン学校やヴェストフォル県所有のスキーリングサルフォルケホイスコーレがある[69]

中学校はアンデブ(Andebu)・ブレイダブリック(Breidablikk)・ブガーデン(Bugården)・ランヴィク(Ranvik)・ストッケ(Stokke)・ヴァーデン(Varden)の6校あり、小学校は21校ある[96]

観光名所・見所など[編集]

サンデフィヨルドの観光名所や注目点は次の通り[21][97]

  • ゴクスタ墳墓英語版 - 9世紀のゴクスタ船が発見された場所である。
  • サンデフィヨルド博物館英語版 - 捕鯨を専門としたヨーロッパ唯一の博物館。
  • 捕鯨記念碑英語版 - 捕鯨船を偲び建てられた青銅記念碑。
  • クルバデット(Kurbadet)- 元は温泉だが、19世紀後半から木造建築物の中に入っている。
  • ブイェルグガタ(Bjerggata)- 木造住宅の町の古い地区。
  • タウンパーク - 1900年の火災後に建てられた公園。
  • フイェルトネス市民劇場センター - スカンディック公園ホテルとBadeparkenと近接。
  • サンダー教会英語版 - 13世紀の教会の跡地に建てられた教会。現在の教会は1792年のもの[98][83]
  • ガイア船 - ゴクスタ船のレプリカ。サンデフィヨルド港に停泊。
  • ミッドターセン彫刻公園 - 芸術家クヌート・スティーンの作品が展示されている。
  • サンデフィヨルド教会 - 1903年の教会。コンサートやイベントが行われることがある。
  • ヘイヨール・スターヴ教会英語版 - アンデブにあるヴェストフォル県唯一のスターヴ教会[99]
  • フヴァルトアヴェットショッピングセンター(Hvaltorvet Shopping Centre)- サンデフィヨルド最大のショッピングモール[100]

保養地[編集]

オストロイヤ英語版半島はトンズベルグバレルが位置する南部含む20キロのハイキングコースがある。トンズベルグバレルはスヴェレのサガ英語版で言及された古い灯台である。

オストロイヤ(東の島)の20キロとある海岸線はヴェストロイヤ(西の島)の25キロの海岸線の延長線上にある[101]。これら45キロのハイキングコースは北海トレイル英語版の一部である[102]。他のハイキングコースとしては、プレスターセン(Preståsen)、フイェルトネス森(Hjertnes Forest)、フイェルヴイカーセン(Fjellvikåsen)、モコレン(Mokollen)、ミッドタス(Midtås)などが該当する[103]

クロスカントリースキーコースは10ある[104]

ゴックジョー湖英語版はサンデフィヨルドとラルヴィクとアンデブの境にある3.47km2の湖で、ヴェストフォル県で3番目に大きい湖である[105]。水泳やカヤック、釣りなどで人気がある。この湖で釣れる魚としては、ヨーロピアンパーチノーザンパイクデイスヨーロッパウナギブラウントラウトオルフェ英語版、他サケ類がある[106]。淡水魚釣りのスポットとしてはアンデブのスヴァーター(Svartåa)やハジェネス川(Hagenes)もある。近隣のラルヴィクにはノルウェー最高のサケ釣り川の一つであるニューメダルスラーゲン英語版がある[62][107]

ビーチ[編集]

サンデフィヨルドの146キロある海岸線には様々なビーチがある[108][109][110]。以下にそれを列挙する

  • アスネス(Asnes)
  • フラウタンゲン(Flautangen)
  • フォレタブナ(Folehavna)
  • フルヴィカ(Fruvika)
  • グランホルメン(Granholmen)
  • グルベサンド(Grubesand)
  • ランジェバイ(Langeby)
  • サンドタンゲン(Sandtangen)
  • スクイェルヴィカ(Skjellvika)
  • タンゲン(Tangen)
  • トルベー・ユクスノイ(Truber and Yxnøy)
  • ヴォーラ(Vøra)

ほか、ボーゲン(Bogen,Nallberg)、ブルンスタッド(Brun-stad)、クレイビェルン(Kleivern)、コルスヴィク(Korsvik)、クラーデュバンネット(Kulerødvannet)、サンドバン・ロッセネソーデン(Sandbånn and Rossnesodden,Melsomvik)、ストアヴァー(Storevar)、シュトラーレドヴァネット(Stålerødvannet)、トロールスヴァン(Trollsvann)、ヴァーネス(Vårnes)がある[111]

ガソーカルヴェン(Gåsøkalven)、ラヴノー(Ravnø)、ブエローヤ(Buerøya)、ヘッレソーヤ(Hellesøya)などのビーチを持つ多くの島は船でのみアクセスできる[109]

ヴェストフォル県3番目に大きい湖のゴックジョー湖英語版[112]はグッベタンゲン(Gubbetangen)とサンドタンゲン(Sandtangen)のビーチがある[113]

自然保護区[編集]

サンデフィヨルドは2017年時点で16の自然保護区がある[38][114]

  • Dalaåsen (ブナ属
  • Flisefyr-Hidalen(森林)
  • Storås and Spirås(森林)
  • Veggermyra og Nordre Skarsholttjønn(沼地)
  • Langø and Bokemoa(保護地)
  • Robergvannet(湿地)
  • Melsom(植物・野生動物保護地)
  • Napperødtjern(河畔林)
  • Fokserød(ブナ属)
  • Holtan(植物保護地)
  • Strandvika(河畔林)
  • Hemskilen(湿地)
  • Vøra(地質学研究)
  • Akersvannet(沼地)

著名な出身者[編集]

サンデフィヨルドに関連する作品[編集]

動物[編集]

よく見られる野生動物として、ユキウサギヨーロッパアナグマ英語版ユーラシアビーバー英語版ノロジカヘラジカアカギツネヨーロッパハリネズミマツテンノルウェーレミング英語版が挙げられる。また、稀ではあるがオオカミオオヤマネコヒグマも見られる。

オオカミは稀であるが、何回が見られている[126][127]。2013年、ラルダル英語版で飼われていたオオカミがヴェストフォル県で最初に殺されたオオカミとなった(ヴェストフォル県では100年以上なかったことである)[128]ヨーロッパクサリヘビはノルウェーで発見された唯一の毒ヘビとなっている[129]

脚注[編集]

  1. ^ Kommunesammenslåing2018年4月24日閲覧。
  2. ^ a b c Porter, Darwin and Danforth Prince (2003). Frommer’s Norway. Wiley. Page 158. 9780764524677.
  3. ^ Things to Do in Sandefjord - Frommer's”. Frommers.com. 2017年12月28日閲覧。
  4. ^ Things to Do in Sandefjord - Frommer's”. Frommers.com. 2017年12月28日閲覧。
  5. ^ Philpott, Don (1991). Visitor’s Guide: Norway. Moorland. Page 76. 9780861904242.
  6. ^ The Whaling Museum”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  7. ^ Hvalfangstmuseet”. Hvalfangstmuseet.no. 2017年12月28日閲覧。
  8. ^ Three shot in Sandefjord”. Newsinenglish.no. 2017年12月28日閲覧。
  9. ^ The Viking trail through Vestfold, Norway (PDF)”. Destinationviking.no. 2017年12月28日閲覧。
  10. ^ a b Alspaugh, Emmanuelle (2006). Fodor’s Norway. Fodor's Travel Publications. Pages F-7 and 73. 9781400016143.
  11. ^ a b Berman, Martha (1995). Fielding’s Scandinavia. Fielding Worldwide. Page 240. 9781569520499.
  12. ^ Airport by train”. Nsb.no. 2017年12月28日閲覧。
  13. ^ Høyre vant valget i Sandefjord”. Nrk.no. 2017年12月28日閲覧。
  14. ^ Mørkeblått flertall i 61 kommuner”. Kommunal-rapport.no. 2017年12月28日閲覧。
  15. ^ Karakterer”. Klassekampen.no. 2017年12月28日閲覧。
  16. ^ Rygh, Oluf (1907) (ノルウェー語). Norske gaardnavne: Jarlsberg og Larviks amt (6 ed.). Kristiania, Norge: W. C. Fabritius & sønners bogtrikkeri. pp. 260. https://books.google.com/books?id=3YpBAAAAIAAJ. 
  17. ^ Thorsnæs, Geir (2017年6月8日). “Sandar – tidligere kommune”. Snl.no. 2017年12月28日閲覧。
  18. ^ Norske Kommunevåpen (1990年). “Nye kommunevåbener i Norden”. 2009年1月15日閲覧。
  19. ^ Nytt kommunevåpen for nye Sandefjord kommune” (ノルウェー語). Regjeringen.no (2016年9月9日). 2017年5月28日閲覧。
  20. ^ Sandefjord kommune - Her er vårt nye kommunevåpen” (ノルウェー語). Sandefjord.kommune.no. 2017年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月28日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h Sandefjord”. Gonorway.no. 2017年12月28日閲覧。
  22. ^ a b c d Sandefjord - In the footsteps of the Vikings”. Visitnorway.com. 2017年12月28日閲覧。
  23. ^ a b c Local history and heritage”. Sandefjord.no. 2017年12月28日閲覧。
  24. ^ Fodor, Eugene (2004). Fodor’s Scandinavia. D. McKay. Page 397. 9781400013401.
  25. ^ George, Francis Stevens (2017). Camp NoE. Lulu Publications, Inc. Page 50. 9781387047680.
  26. ^ The Whaling Monument”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  27. ^ a b Norway Is Home to a Whaling History Museum”. Atlas Obscura. 2017年12月28日閲覧。
  28. ^ Lars Christensen”. Norsk Polarhistorie. 2017年6月1日閲覧。
  29. ^ Norvegia ekspedisjon”. Norsk Polarhistorie. 2017年6月1日閲覧。
  30. ^ Barr, Susan (2014年9月28日). “Nils Larsen - 2”. Nbl.snl.no. 2017年12月28日閲覧。
  31. ^ DK Eyewitness Travel (2016). Norway. Penguin. Page 129. 9781465458902.
  32. ^ a b c d Kilde for 1801, 1865, 1875 og 1900: www.digitalarkivet.no
  33. ^ Kilde for 1825: vf.disnorge.noPDFファイル
  34. ^ Kilde for 1951–2008: SSB
  35. ^ Folkemengd 1. januar 2011 og endringane i 2010. Endelege tal”. Ssb.no. 2017年12月28日閲覧。
  36. ^ Sandefjords Blad - SAS går inn i historien med et smell”. Sb.no. 2017年12月28日閲覧。
  37. ^ Thorsnæs, Geir (2017年3月20日). “byer i Norge”. Snl.no. 2017年12月28日閲覧。
  38. ^ a b c d e f Lundbo, Sten (2017年10月24日). “Sandefjord”. Snl.no. 2017年12月28日閲覧。
  39. ^ Skagerak International School: Life in Sandefjord”. Skagerak.org. 2017年12月28日閲覧。
  40. ^ Video Sandefjord City”. Gonorway.com. 2017年12月28日閲覧。
  41. ^ Høyeste fjelltopp i hver kommune - Kartverket”. Web.archive.org (2014年10月15日). 2017年12月28日閲覧。
  42. ^ a b SANDEFJOJADPDFファイル、2018年4月26日閲覧。
  43. ^ Local Directory Pictures from 6 Sandefjord Vestfold”. Gonorway.com. 2017年12月28日閲覧。
  44. ^ Berezin, Henrik (2011). Norway Travel Adventures. Hunter Publishing, Inc. 9781588437068.
  45. ^ Great Britain. Hydrographic Dept. (1880). The Norway Pilot, Part 2. J. D. Potter. Page 8.
  46. ^ Westeng, Kjersti. “Her er det mest sol på sommeren i Norge”. Nettavisen.no. 2017年12月28日閲覧。
  47. ^ a b c Ebbesen, Jorgen Tandberg (2018). The Sulphureous Bath at Sandefjord in Norway. Sagwan Press. Page 6. 9781297731068.
  48. ^ Average Weather For Sandefjord, Norway”. WeatherSpark. 2015年5月15日閲覧。
  49. ^ Larsen, Erlend (2016). Tre kommuner blir til én. Erlend Larsen Forlag. Page 13. 9788293057277.
  50. ^ Høyre tok halve kommunensb.no
  51. ^ Her er det endelige resultatetsb.no
  52. ^ Startside KommunestyrevalgetRegjeringen.no
  53. ^ Flesland, Stig. “Norges rikeste ordfører”. Na24.no. 2017年12月28日閲覧。
  54. ^ Han er Norges rikeste ordfører”. Dagbladet.no (2012年10月19日). 2017年12月28日閲覧。
  55. ^ Norges rikeste ordførerNA24
  56. ^ Politisk organiseringSandefjold.kommune.no
  57. ^ Statistics Norwayノルウェー統計局英語版2018年4月26日閲覧。
  58. ^ Kommunefakta Sandefjold - 0710 (Vestfold)ノルウェー統計局 2018年4月26日閲覧。
  59. ^ Brunstad Christian Churchノルウェー百科事典
  60. ^ Immigrants and Norwegian-born to Immigrant parentsノルウェー統計局 2018年4月27日閲覧。
  61. ^ Things to Do in Sandefjord - Frommer's”. Frommers.com. 2017年12月28日閲覧。
  62. ^ a b Accommodation, Businesses and more pictures from SandefjoldGO NORWAY 2018年4月27日閲覧。
  63. ^ a b Sandefjord wants your business to succeed”. Sandefjord.no. 2017年12月28日閲覧。
  64. ^ C. Gopalkrishnan (2016). The Entrepreneur’s Choice: Cases on Family Business in India. Routledge. Page 243. 9781134906598.
  65. ^ Vestviken 24 - Her er Vestfolds 250 største bedrifter”. Vestviken24.no. 2017年12月28日閲覧。
  66. ^ Prisvekst og økende omsetning av fritidsboliger ved sjøen”. Eiendom Norge. 2017年12月28日閲覧。
  67. ^ Her har boligprisene steget mest - og minst de siste årene”. Dn.no. 2017年12月28日閲覧。
  68. ^ Her er Vestfolds 250 største bedrifterVestviken24.no
  69. ^ a b c Sandefjoldノルウェー百科事典
  70. ^ Ebbesen, Jorgen Tandberg (2018). The Sulphureous Bath at Sandefjord in Norway. Sagwan Press. Page 18. 9781297731068.
  71. ^ Norges dyreste hytteområde har en gjennomsnittpris på 7,1 millioner kroner”. Abcnyheter.no (2012年12月27日). 2017年12月28日閲覧。
  72. ^ McKay, D. (2004). Fodor's Scandinavia. Fodor's Travel Publications. Page 398. 9781400016426.
  73. ^ Alspaugh, Emmanuelle (2006). Fodor's Norway. Fodor's Travel Publications. Page 74. 9781400016143.
  74. ^ Din Annonse her?Sandefjoldby.no
  75. ^ Immigrants and Norwegian-born to immigrant parents, by immigration category, country background and percentages of the population” (English). ノルウェー統計局. 2018年4月12日閲覧。
  76. ^ Sharks, otters, and a man playing rugby: These are the 6 most beautiful banknotes in the world right nowbusinessinsider.com
  77. ^ Fant 1000 år gammel fotaftenposten.no
  78. ^ The Gokstad mound”. Visitnorway.com. 2017年12月28日閲覧。
  79. ^ The Viking Trail through Vestfold - Articles - visitvestfold.com”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  80. ^ History of The Museum – Hvalfangstmuseet”. Hvalfangstmuseet.no. 2017年12月28日閲覧。
  81. ^ The Whale catcher Southern Actor”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  82. ^ Southern Actor – Hvalfangstmuseet”. Hvalfangstmuseet.no. 2017年12月28日閲覧。
  83. ^ a b Sandar Church”. Visitnorway.com. 2017年12月28日閲覧。
  84. ^ Boff-MEN, Emma (2017年6月19日). “Sandefjord - where is it, how to get there, and where to stay”. Manchestereveningnews.co.uk. 2017年12月28日閲覧。
  85. ^ a b Fill your days with good experiences”. Sandefjord.no. 2017年12月28日閲覧。
  86. ^ a b Fodor, Eugene (1991). Fodor’s Scandinavian Cities. Fodor's Travel Publications. Page 93. 9780679019596.
  87. ^ Airport by trainNSB
  88. ^ Torp Sandefjord Airport”. Visitoslo.com. 2017年12月28日閲覧。
  89. ^ Macmillan (2008). Let's Go 2009 Europe. Let's Go, Inc. Page 737. 9780312387082.
  90. ^ Strömstad-Sandefjord”. Fjordline.com. 2017年12月28日閲覧。
  91. ^ Rekordsommer på TORP!”. Torp.no. 2017年12月28日閲覧。
  92. ^ Lee, Phil and Jules Brown(2003). The Rough Guide to Norway. Rough Guides. Page 129.9781843530541.
  93. ^ Bus Sandefjord - Transport - Sandefjord”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  94. ^ Transport Oslo - Torp Sandefjord Airport”. Visitoslo.com. 2017年12月28日閲覧。
  95. ^ a b Sandefjold videregaende skoleSNL
  96. ^ Skoler i SandefjoldSandefjold.kommune.no
  97. ^ Attractions - See and do - Sandefjord - visitvestfold.com”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  98. ^ Philpott, Don (1991). The Visitor's Guide to Norway. Moorland. Page 76. 9780861904242.
  99. ^ Høyjord Church”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  100. ^ KLP kjøper Hvaltorvet kjøpesenter”. Retailmagasinet.no (2013年8月28日). 2017年12月28日閲覧。
  101. ^ The coastal path at Østerøya and Yxney”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  102. ^ Kyststien Brochure : Side 2 (PDF)”. Sandefjord.kommune.no. 2017年12月28日閲覧。
  103. ^ Marked trails from the center of Sandefjord”. Visitvestfold.com. 2017年12月28日閲覧。
  104. ^ Sandefjord - Vinteraktiviteter”. Sandefjord.kommune.no. 2017年12月28日閲覧。
  105. ^ Sandefjords Blad - Alle stier fører til Goksjø”. Sb.no. 2017年12月28日閲覧。
  106. ^ GoksjøSandefjoldby.no
  107. ^ Ebbesen, Jorgen Tandberg (2018). The Sulphureous Bath at Sandefjord in Norway. Sagwan Press. Page 10. 9781297731068.
  108. ^ Badestrender i SandefjoldSandefjoldby.no
  109. ^ a b Kart over badeplasser i Sandefjold kommuneoslofjorden.com
  110. ^ BadeplasserSandefjold.kommune.no
  111. ^ BADESTRENDER I SANDEFJORDvisitnorway.no
  112. ^ Alle stier fører til Goksjøsb.no
  113. ^ Sandefjolds herlige badeplasservestfold.guide
  114. ^ Nature Preserves in Vestfold County. Visited December 9, 2017.
  115. ^ Head Above Water”. IMDb.com (1993年8月1日). 2017年12月28日閲覧。
  116. ^ Deadline Torp med suksess”. Nrk.no. 2017年12月28日閲覧。
  117. ^ Deadline Torp”. IMDb.com (2005年1月13日). 2017年12月28日閲覧。
  118. ^ "Outrageous Acts of Science" Power Junkies (TV Episode 2012)”. IMDb.com. 2017年12月28日閲覧。
  119. ^ Episode #5.26”. IMDb.com (2010年10月4日). 2017年12月28日閲覧。
  120. ^ Den starkaste (1929)”. IMDb.com. 2017年12月28日閲覧。
  121. ^ Valfångare (1939) – The Swedish Film Database”. Svenskfilmdatabas.se. 2017年12月28日閲覧。
  122. ^ Valfångare”. IMDb.com (1942年10月24日). 2017年12月28日閲覧。
  123. ^ Sandefjords Blad - Spilte inn musikkvideo i Andebu”. Sb.no. 2017年12月28日閲覧。
  124. ^ Sandefjords Blad - Sandefjording med Bare Egil-video på NRK”. Sb.no. 2017年12月28日閲覧。
  125. ^ Sandefjords Blad - Terje Vigen ror i Sandefjord”. Sb.no. 2017年12月28日閲覧。
  126. ^ Ulv i Vestfold?”. Nrk.no. 2017年12月28日閲覧。
  127. ^ Sandefjords Blad - Sjelden Vestfold-gjest fanget på foto”. Sb.no. 2017年12月28日閲覧。
  128. ^ Tønsbergs Blad - Ulv trolig oppdaget i Sandefjord”. Tb.no. 2017年12月28日閲覧。
  129. ^ huggormsnl.no

関連項目[編集]

外部リンク[編集]