スズメ亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズメ亜目
セイロンサンジャク
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
シノニム

Oscines

和名
鳴禽類(めいきんるい)
英名
Songbird
下位系統
  • Menurae
  • Passeres

スズメ亜目(スズメあもく、学名 Passeri)は、鳥類スズメ目の亜目である。

スズメ目の3つの亜目の1つである。別名鳴禽類と呼ばれる通り、このスズメ亜目のグループの鳥は囀る鳥が多い。

スズメ亜目の鳥は全世界に分布しており、種の数も多く繁栄している。

系統と分類[編集]

MenuraePasseres の2つの系統に分かれる。かつてはこれらが亜目に位置づけられ、コトドリ亜目・スズメ亜目と訳されていた。Menurae の系統位置には長く論争があったが、鳴管鐙骨の特徴から Passeres と近縁だとされ、合わせてスズメ亜目 Passeri となった。

かつてのSibley分類ではカラス小目スズメ小目に分けられていた。スズメ小目はいくつかの修正を経て現在でもよく使われるが、カラス小目は基底的な側系統であり、現在はほとんど使われない。スズメ小目とカラス小目を姉妹群となるよう(スズメ小目は広義に、カラス小目は狭義に)再定義することもある[1]が、この狭義のカラス小目の単系統性は近年再び疑問視されている[2]

系統樹[編集]

Irestedt & Ohlson (2008)[2]より。従来支持されていた[3][4]狭義のカラス小目(カラス上科+パプアハナドリ科+フウチョウモドキ科+ホオダレムクドリ科+おそらくシロツノミツスイ科)の単系統性は否定された。シラヒゲドリ科[5]シロツノミツスイ科[6]の位置は別の研究による。

スズメ亜目
Menurae

コトドリ上科 Menuroidea


Passeres

ニワシドリ上科 Ptilonorhynchoidea




ミツスイ上科 Meliphagoidea





オーストラリアマルハシ科 Pomatostomidae



ハシリチメドリ科 Orthonychidae





カラス上科 Corvoidea



パプアハナドリ科 Melanocharitidae




フウチョウモドキ科 Cnemophilidae




ホオダレムクドリ科 Callaeidae



シロツノミツスイ科 Notiomystidae



広義のスズメ小目


ハゲチメドリ科 Picathartidae




シラヒゲドリ科 Eupetidae



イワトビヒタキ科 Chaetopidae





スズメ小目 Passerida



オーストラリアヒタキ科 Petroicidae









出典[編集]

  1. ^ O’Leary, Maureen A.; Allard, Marc; et al. (2004), “Phylogenetic relationships among modern birds (Neornithes): toward an Avean tree of life”, in Cracraft, Joel; Donoghue, Michael J., Assembling the tree of life, Oxford University Press 
  2. ^ a b Irestedt, Martin; Ohlson, Jan I. (2008), “The division of the major songbird radiation into Passerida and ‘core Corvoidea’ (Aves: Passeriformes) — the species tree vs. gene trees”, Zoologica Scripta 37 (3): 305–313, http://www.nrm.se/download/18.5a9ee81411905b544f680002366/Irestedt+Ohlson+Major+songbirds+Zool+Scr.pdf 
  3. ^ Barker, F. Keith; Cibois, Alice; et al. (2004), “Phylogeny and diversification of the largest avian radiation”, Proc. Natl. Acad. Sci. 101 (30): 11040?11045, http://www.pnas.org/content/101/30/11040.full 
  4. ^ Beresford, P.; Barker, F. K.; et al. (2005), “African endemics span the tree of songbirds (Passeri): molecular systematics of several evolutionary ‘enigmas’”, Proc. Roy. Soc. Lond. B 272 (1565): 849–858, doi:10.1098/rspb.2004.29971, http://www.tc.umn.edu/~barke042/pdfs/Beresford.et.al05.pdf 
  5. ^ Jønsson, Knud A.; Fjeldså, Jon (2007), “Systematic placement of an enigmatic Southeast Asian taxon Eupetes macrocerus and implications for the biogeography of a main songbird radiation, the Passerida”, Biol. Lett. 3 (3): 323–326, doi:10.1098/rsbl.2007.0054, http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/3/3/323.full 
  6. ^ Driskell, A.; Christidis, L. Gill (2007), “A new endemic family of New Zealand passerine birds: adding heat to a biodiversity hotspot”, Aust. J. Zool. 55 (2): 73–78