ノルウェー労働党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 ノルウェー政党
ノルウェー労働党
Det norske Arbeiderparti
Det norske Arbeidarpartiet
Folketeaterbygningen, Oslo.jpg
党本部
党首(Partileder[1] イエンス・ストルテンベルク
成立年月日 1887年
本部所在地 オスロ
議会(Storting)
49 / 169   (29%)
(2017年9月11日)
政治的思想・立場 中道左派
社会民主主義
民主社会主義
公式サイト arbeiderpartiet.no
シンボル
国際組織 社会主義インターナショナル
ヨーロッパ社会党
テンプレートを表示

ノルウェー労働党(ノルウェーろうどうとう、ノルウェー語 (ブークモール): Det norske Arbeiderparti[2](DNA), 英語: Norwegian Labour Party)は、ノルウェーの最大の政党で、社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟政党。

歴史[編集]

1887年に創設。1921年から1923年までの一時期、コミンテルンに加盟。1928年最初の労働党内閣が発足したが、2週間しかつづかなかった。1930年代には、革命的特徴は消え失せ、改良主義路線を取った。1935年から1965年まで政権を担う(第二次世界大戦中のドイツ占領期の1940年から1945年にかけてはロンドン亡命政権)。以後、今日まで度々政権を担い、ノルウェー福祉国家の完成に貢献した。

2011年7月22日、オスロ近郊にあるウトヤ島で党の青年部が主催した集会において警察官に偽装したキリスト教原理主義者のアンネシュ・ベーリング・ブレイビクが銃を乱射し、90人以上が死傷した(ノルウェー連続テロ事件)。

2013年9月9日に行われた総選挙では、保守党を中心とした中道右派連合に敗北し、下野した[3]

第二次世界大戦後の党首[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ブークモールでの表記。ニーノシュクでは"Partileiar"
  2. ^ ニーノシュクでは"Det norske Arbeidarpartiet"
  3. ^ 2013年ノルウェー総選挙結果(2013年9月18日 駐日ノルウェー王国大使館)